第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ 20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE 購入


 本日発売ということで買ってきましたよ。


 20th2nd-01.jpg

 バルバトス ルプス レクス。
 いや、何かつい。

 ただのルプスの方は買ってないんですけどね。


 閑話休題。



 というわけで、本日の本題。

 170211-223153_R_20170211232137ab5.jpg

 2nd WAVEと遊戯sのスリーブ。

 2箱とスリーブ2つ。
 うん、まぁ、ヨドバシでスリーブ予約してあったの忘れていましたので、スリーブが3つになったりしたっぽいですが……。


 
 今回のパッケージはカッコいいですね。
 白が物凄く映える。

 スリーブは、まぁ、表遊戯が好きな僕としては確保しておきたかったですので、多少余分になってもOK。
 
 今回のパックは再録が豪華ですからね。
 開けていて楽しいかと。

 個人的に一番の狙いは、ブラマジのホロ。
 次いで、ソルチャかなぁ。
 警告も。

 レアリティを上げるチャンスですし。

 あとは緩和されたものの、手元になかった猫とか。

 新規は、やはりコズミック・ブレイザーが気になるところ。

 まぁ、オッドアイズ魔術師を組んでいる身としては螺旋のストライクバーストも欲しいかなぁ。


 うさぎはまぁ、割りと手元にありますので……。


 というわけで、開封。

 まず1箱目。

 20th2nd-03.jpg


 シク 螺旋のストライクバースト

 ウル 氷結界の龍 トリシューラ
     ぶつかり合う魂

 スー 鳥銃士カステル
     エンタメデュエル
     集いし願い


 ……び、微妙。

 正直トリシューラは一番来て困る。
 いや、好きなカードではあるのですが、シクで持ってますし。

 まぁ、DT08の方ですが。

 カステルは1枚しか持っていませんでしたので、普通に嬉しいです。
 前述通り、螺旋のストライクバーストも狙っていましたので。


 20th2nd-04.jpg

 ホロ ブラック・マジシャン

 シク 螺旋のストライクバースト

 ウル 氷結界の龍 トリシューラ
     レスキューキャット

 スー ドン・サウザンドの契約
     神の警告
     集いし願い


 ブラマジホロ来た。
 正直、絶対に来ないと思っていただけに、本当に嬉しかったです。

 

 そしてトリシューラが一番困るとか言うから、ダブるし……。

 シクも、集いし願いも。
 2箱購入で、3枚ダブルのはちょっと……。

 ついでに、購入した5パック。

 20th2nd-06.jpg

 
 うさぎと、ムーンバリア。
 パック買いで、箱から出なかったものが出ると、やっぱり嬉しいです。


 しかし、ホント、ノーマルの再録も豪華で、開けていて楽しかったです。

 ただ、個人的には、シュリットじゃなくて万華鏡が欲しかった。
 何なら、影依融合の代わりでもいいくらい。



 遊戯王OCG デュエルモンスターズ 20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE BOX
 遊戯王OCG デュエルモンスターズ 20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE BOX
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2017/02/11 23:54 ] 遊戯王 | TB(0) | CM(0)

ベイビーステップ #422 「特技」 感想


 審判のコールが聞こえないほど、集中して攻撃の選択肢を見出そうとするエーちゃん。


(自分らしく戦える攻撃の選択肢を見出す・・・・。俺が有利になる根拠のある選択肢を・・・・。選択肢がないままどんなに頑張ったところで『逃げ』でしかない・・・・。日本代表レベルではそんなんじゃ絶対に勝てないんだ)

 とはいえ、ここまで結果がでたのは、反応勝負に持ち込めた攻撃のみ。
と、そこまで考えたところで、審判に改めて注意されて、慌ててコートに入るエーちゃん。

 このエーちゃんの集中力に、何かを期待する観客達。

(ここで折れないどころか・・、集中力を上がてくるとはな・・・・)

 一方の吉道さんも、ここで今まで以上の集中力を見せるエーちゃんを警戒。


 ここはエーちゃんのサーブゲーム。
 そこで反応勝負に出るためには――。

 bs422-01_R.jpg


 不安はあるものの、思い切っての、サーブ&ボレー。


 しかし、それは吉道さんの想定の範囲内。
 強烈なリターンエースを叩き込まれて、0-15。

 
 ならばと、エーちゃん、読まれてやられたことを逆手に取る。
 あえて、もう一度サーブ&ボレーを仕掛ける。

 bs422-02_R.jpg


 これは吉道さんも完全に虚を突かれ、狙い所を迷った結果ボディに。
 エーちゃんはそれを上手く捌いて、15-15。


(少しでも可能性を見つければ、そこに食らいついて離れず狙ってくる徹底ぶりは尋常じゃないな)

(うまくいった。・・・・だったら今のも活かす!)


 ここぞとばかりに3連続でのサービスダッシュ。

 bs422-03_R.jpg


 と、みせかけて、ベースライン上で止まる、フェイント。

 これに騙された吉道さんのリターンは僅かに浅くなる。
 そしてこれをチャンスを、エーちゃんは強打で仕掛け、30-15。


 これは完全にエーちゃんの駆け引きがハマった形。

 青井コーチも今の位置からポイントできたのは大きいと。
 先が見えなくても、とにかく目の前の1ポイントから一歩ずつというエーちゃんらしさがでてきていると。


 そうなると、エーちゃんは更なる選択肢を見せ始める。
 サーブ&ボレーは止め、本来の理想の守備位置。

 それより、一歩前。
 ベースライン上に。

(下がっても苦しいはずの球を前に出てどうするつもりだ・・・・?)


 これはエーちゃんのリスクは上がるものの、反応勝負の要素も増える。
 さらにリスクの分見返りも増える。

 少しでも浅く来れば、即チャンスになり、吉道さんにも深く打たなければならないという重圧がかかる。

 bs422-04_R.jpg


 言ってみれば、超ハイリスクハイリターンの選択肢。


 実際に吉道さんの狙いは厳しくなり、アウト。
 40-15となる。

 次も取って、絶対にキープと意気込むエーちゃん。
 一方で、自分のミスも狙いの内かと感じた吉道さん。


 次も一歩前の守備位置で構えるエーちゃん。
 一方吉道さんは一歩下がる。

 
(下がれば体感的には今まで通り・・・・。ここからは普段通り狙える・・・・)

(吉道さんが下がって守備範囲が広がってしまった分は強気で攻める!)

 それでも吉道さんの足元を狙った強烈なショットにやられ、40-30。


(これは仕方ない・・・・。調子のいい吉道さんの球をこの位置から攻撃しようとしてるんだから)

 それでも、もう一度、同じ守備位置でトライ。
 しかし、今はエーちゃんのサーブゲーム。
 それで、これだけリスクを負っていながら互角の展開ではダメ。

(・・・・選択肢を増やすだけじゃ足りないんだ。もっと根本的な・・・・、攻撃的な武器が必要! だったら今、何ができる・・・・!? ・・・・何なら今自分を信じられる?)
 bs422-05_R.jpg

 そんな中、エーちゃんが狙うのは、ダウンザライン。

 窮地が思考を単純化する――というところで次回<#423 起死回生>につづく。



 この試合で初のエーちゃんらしいサーブゲームの展開です。

 ですが、本当にこれだけリスクを高めても互角という時点で本当に厳しい展開なわけですが……。

 とはいえ、ここまで追い込まれたことで、エーちゃんも選択肢以外の武器を模索し始めるわけです。
 が、まぁ、そんな簡単に見つかるものでもないですよね。
 たぶん。


 でも、一応の方針も決まって、腹を据えて、思考も単純化。
 ゾーンに入る条件は揃っているような気もしますが、吉道さんをゾーンで攻略するのは何か違う気もするんですよね。

 日本代表を超えて、そこに飛び込むときには、普段以上の力ではなく、エーちゃんの自力で言ってほしいと思ってしまうわけなのです。

 まぁ、今の吉道さんもゾーンに入っているようなものな気もしますので、アレですが。


 それ以上にプロである以上結果が全てですからね。
 それがゾーンによるものだろうが、相手の不調だろうが、自力だろうが何だろうが。

 ただ、ここを乗り越えるためには、エーちゃんの創意工夫を見せて欲しいと思ってしまう僕なのです。
 単にロマンチストなんでしょうね、僕が。


 ベイビーステップ(43) (週刊少年マガジンコミックス)
 ベイビーステップ(43) (週刊少年マガジンコミックス)


[タグ未指定]
[ 2017/02/08 22:51 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)

遊戯王ARC-V 第141話 「ジュニアユース選手権」 感想

 遊勝塾でプロのエンタメデュエリストを目指す遊矢。塾には笑い声が響き、世界は平穏さを取り戻していた…。そんな遊矢のもとに赤馬零児から1通の招待状が届く。遊矢、権現坂、沢渡たちによる「ジュニアユース選手権」が開幕しようとしていた…!!

 融合次元編が終わり、ザァークも倒され、どんな形で物語がリスタートされるのかと思いきや……。

 思いきや……。

 ホント、何だかビックリするくらい、普通に始まりましたね。

 
 例のローラーシューズが普通に出てきましたので、あれ? って思ったら……。
 塾長がハリセンツッコミとか、でも、違和感は感じつつも、柚子や、次元のことは忘れているとか。

 うん、案の定、記憶の改ざんが見られますね。
 

 arc5-141-01.jpg

 そして星時からの懐かしい布陣が。
 ってか、星時とオッPはそのまま遊矢の手にあるんですね。


arc5-141-02.jpg

 そしてタツヤがまさかのブンボーグ。
 スタンダードもといP次元化。


 arc5-141-03.jpg


 そしてLDSからのジュニアユース選手権の招待状。
 復活のバトルロイヤル。

 ただし出場選手は4人のみ。

 arc5-141-05.jpg

 で、みんなでこぞって遊矢を狙って、ピンチ――というところで次回につづく。

 いや、何か違うようで、あんまり違わない。


 うん、まぁ、この辺の記憶改ざんのガバガバっぷりが、適当で……。


arc5-141-06.jpg

「おのおの方、思い出されよ! かつて我々が戦った、あの大会を! 舞網チャンピオンシップを!」

 この一言でみんな記憶が蘇りつつあるとか。
 何だって、こんな。


 ほら、折角なら色々とあるじゃないですか。

 遊矢がレベル4を揃えて、何かをしようと思っても、思い出せないとか。
 ハンドに調律が来て、疑問符を浮かべたり。


 日常に違和感があっても、デュエルには違和感がないとか。
 そして記憶を取り戻す契機がデュエルではなく、月影の一言とか。

 次回も総集編混じりの記憶を取り戻す回っぽいですが、いい感じにまとまればいいなぁと。


 残り話数もわずか。
 ラストに向けて、綺麗にかつ面白く終わることを期待したいです。





[タグ未指定]
[ 2017/02/05 22:55 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

衛宮さんちの今日のごはん 1巻 感想

 emiya01-01_R.jpg


 fateのご飯ものということで、違和感はほとんどなかったです。

 いつものように士郎がご飯を作って、セイバーが食べ。
 そのに凛、桜、イリヤ、タイガーも加わって……ってな話。

 意外な所で言えば、ランサーやアサ次郎といった面子も。

 emiya01-02_R.jpg


 うん、まず作る料理が結構おいしそうです。

 きっちり過程も漫画的に描きながら、その話のラストにレシピとしても載せているっては具合ですし。


 もっとネタ枠の作品かと思ったら、普通に料理漫画としてもレベルが高くてびっくりです。

 fateスピンオフ作品としても、hollowでの日常を見ているようで、全然アリというか、普通に面白いと思いますので。


 マスターもサーバントも健在。
 設定的には前述の通り、hollowのそれ。

 まぁ、カレン、バゼット、アヴェンジャーは出ていませんが。
 その辺が あとがきの出てない、あの人シリーズでしょうが。

 まぁ、慢心王も出ていませんが。

 どう転んでも生存ルートがないという麻婆神父はどうなんだろ?


 閑話休題。


 作中の料理は。

 1話 寄せ鍋
 2話 ホイル焼き
 3話 ちらし寿司
 4話 菜の花サンド
 5話 たけのこグラタン
 6話 ハンバーグ  
 7話 冷やし茶漬け
 8話 チャーハン
 9話 基本の和食
 番外編 ホットケーキ


 料理ネタで思わず、納得したのが、この2点。
 まぁ、他にもあるんですけど。


 emiya01-04_R.jpg

 凛のチャーハンでの、葱のみじん切りのやり方。
 蛇腹状態にしてからの、小口切り。

 これでやると楽なんですよね。

 チャーハンついでなら、鍋振りなんかもね。
 あまり調子に乗って煽ると、鍋が冷めて、あたってしまいますからね。
 前後にゆするのでOKとか。



 あとは、サンマの焼き色付け。

 emiya01-03_R.jpg

 10倍希釈した味醂を使っての、アミノカルボニル反応。
 メイラード反応の方が通りがいいのかな?

 まぁ、言葉は出てきませんが、こういうひと手間も描いているのが好評化だったり。

 あと、サンマと言えば、レシピの方で、食中毒菌――まぁ、疑う余地もなく、腸炎ビブリオの事でしょう――にまで触れていて、ビックリ。
 それこそ軽くですが、二次汚染についてまで。


 

 下手な料理漫画よりもよっぽど料理漫画しているんですよね、ホント。

 あとは、ひな祭りの和装イリヤ、遠坂邸で姉妹揃ってチャーハンを作る図とか、セイバー特製のホットケーキとか。
 そういうのも見ていて、ほんわりして良かったです。


 これを見たら思わずhollowをやりたくなって、思わずvitaを引っ張り出しましたよ。


 衛宮さんちの今日のごはん (1)<衛宮さんちの今日のごはん> (角川コミックス・エース)
 衛宮さんちの今日のごはん (1)<衛宮さんちの今日のごはん> (角川コミックス・エース)


  

[タグ未指定]
[ 2017/02/03 23:40 ] コミック感想 | TB(0) | CM(0)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第41話 「人として当たり前の」 感想

 歳星にて葬儀がつつましく執り行われる。ただジャスレイはさらなる手を打とうとしていた。


 tekketu41-01.jpg

 Aパートではこんなに幸せそうなラフタだったのに。

 だったのに……。


 tekketu41-02.jpg

 どうして、こうなったかだし。

 いや、確かに何かAパートのセリフがいちいち死亡フラグっぽいなぁとは思っていたさ。

 思っていたけど、この展開は予期していなかったですよ、ホント。



 そう言えば、正月の特番で触れていたのが、この話だったんですよね、確か。

 うん、まぁ、要約意味が分かりました。
 そりゃ、なぁと。


 色々とつらい。




 
 

[タグ未指定]
[ 2017/01/29 23:17 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
久しぶりに調子が悪くなかったので、ベビステ感想のブランク部分埋めが完了。
次はコミックの感想にいけたらいいなぁ。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード