第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- 感想

 saooc-01.jpg

 劇場版SAOみてきました。

 いうても、もう先週の話なんですけど。
 来場者特典は貰えませんでしたが……。

 閑話休題。


 2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫
 ――その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。
 それから4年……。
 ≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。
 ≪オーグマー≫。
 フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。
 ≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
 その爆発的な広がりを牽引したのは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。
 アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。



 saooc-02.jpg


 AR(拡張現実)型情報端末《オーグマー》
 ヘッドホンのような外見をしたウェアラブル・マルチデバイス《オーグマー》。《アミュスフィア》のようなフルダイブ昨日はないが、覚醒状態の人間に視覚・聴覚・触覚情報を送り込み、現実空間に仮想アイテムや情報を投影することができる技術、AR(Augmented Reality)を採用している。スマートフォンの機能を拡張し、よりカジュアルに使える端末として、発売以降、絶大な人気を持っている。


 まぁ、実際のところは、機能限定盤というわけで、アミュスフィアだったりするわけですが。

 saooc-05.jpg

 新キャラにして、今回のヒロイン枠?
 ユナは結構いいキャラしてましたね。
 AIの方ではなく、悠那の方も含めて。

 CVが神田沙也加さんということで、ビックリしましたが。
 普通に上手いんですね。

 逆に、エイジは……。

 saooc-08.jpg

 うん、ぶっちゃけ、ここが最大の見せ場だったかと。
 後は喋る度、何かする度小物臭が増していってしまいましたので。

 うん、まぁ、嫌いなキャラではないんですけどね。

 saooc-10.jpg

 どころか、むしろ、今回の話は彼と重村教授の方に感情移入するまである。


 saooc-07.jpg

 まぁ、フルダイブではないということで、キリトもだいぶ苦戦気味のオーディナル・スケール。

 saooc-15.jpg

 結局それでも無双状態になってしまったのが、やや残念という気持ちが無きにしも非ず。
 まぁ、尺の都合とか色々とあるのでしょうが、ボス倒し、ボス倒し、ランキングがあっという間に一桁になってしまったのには。


 saooc-17.jpg

 でもって、パワーアンクルを外して、パワードスーツ着用のエイジに打ち勝つのは、流石にやり過ぎかなぁと。



 saooc-09.jpg


 そういう意味で言えば、リアルチートになってしまうために、スグは剣道部の合宿ということで、ほとんど出番はありませんでしたし。


 ですが、基本展開は超王道。

 saooc-11.jpg

 saooc-12.jpg

 saooc-13.jpg


 帰還者達がOS中にダメージを受けたことを契機に、SAO内での記憶を失っていく云々。

 それにアスナ(ついでとばかりにクラインたち)が巻き込まれたことで、キリトが本気になっていくっていう話。

 やんのかんのいって、戦闘は劇場での迫力もあり、スゴイですしね。

 特に、SAO100階層ボスとの戦闘は流石に圧巻。
 主要メンバー総出のレイド戦。

 ここは本当に盛り上がります。

 アスナ復帰からの、ユウキが手を添える描写からのマザーズ・ロザリオ。
 正直、アレはズルい。
 予想していなかったですので、僕の涙腺直撃なのですよ。


 そしてEDからの3期を匂わせる終わり方まで含めて、いい演出だったと思います。
 素直に楽しめましたし。


 特典小説狙いで、来週にもう一度見に行くかもしれません。
 まぁ、時間が取れるのか怪しいですので、微妙なところなのですが……。

 行けたら行きたいですね。


 劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- Original Soundtrack
 劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- Original Soundtrack


スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2017/03/01 22:36 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

遊戯王ARC-V 第141話 「ジュニアユース選手権」 感想

 遊勝塾でプロのエンタメデュエリストを目指す遊矢。塾には笑い声が響き、世界は平穏さを取り戻していた…。そんな遊矢のもとに赤馬零児から1通の招待状が届く。遊矢、権現坂、沢渡たちによる「ジュニアユース選手権」が開幕しようとしていた…!!

 融合次元編が終わり、ザァークも倒され、どんな形で物語がリスタートされるのかと思いきや……。

 思いきや……。

 ホント、何だかビックリするくらい、普通に始まりましたね。

 
 例のローラーシューズが普通に出てきましたので、あれ? って思ったら……。
 塾長がハリセンツッコミとか、でも、違和感は感じつつも、柚子や、次元のことは忘れているとか。

 うん、案の定、記憶の改ざんが見られますね。
 

 arc5-141-01.jpg

 そして星時からの懐かしい布陣が。
 ってか、星時とオッPはそのまま遊矢の手にあるんですね。


arc5-141-02.jpg

 そしてタツヤがまさかのブンボーグ。
 スタンダードもといP次元化。


 arc5-141-03.jpg


 そしてLDSからのジュニアユース選手権の招待状。
 復活のバトルロイヤル。

 ただし出場選手は4人のみ。

 arc5-141-05.jpg

 で、みんなでこぞって遊矢を狙って、ピンチ――というところで次回につづく。

 いや、何か違うようで、あんまり違わない。


 うん、まぁ、この辺の記憶改ざんのガバガバっぷりが、適当で……。


arc5-141-06.jpg

「おのおの方、思い出されよ! かつて我々が戦った、あの大会を! 舞網チャンピオンシップを!」

 この一言でみんな記憶が蘇りつつあるとか。
 何だって、こんな。


 ほら、折角なら色々とあるじゃないですか。

 遊矢がレベル4を揃えて、何かをしようと思っても、思い出せないとか。
 ハンドに調律が来て、疑問符を浮かべたり。


 日常に違和感があっても、デュエルには違和感がないとか。
 そして記憶を取り戻す契機がデュエルではなく、月影の一言とか。

 次回も総集編混じりの記憶を取り戻す回っぽいですが、いい感じにまとまればいいなぁと。


 残り話数もわずか。
 ラストに向けて、綺麗にかつ面白く終わることを期待したいです。





[タグ未指定]
[ 2017/02/05 22:55 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第41話 「人として当たり前の」 感想

 歳星にて葬儀がつつましく執り行われる。ただジャスレイはさらなる手を打とうとしていた。


 tekketu41-01.jpg

 Aパートではこんなに幸せそうなラフタだったのに。

 だったのに……。


 tekketu41-02.jpg

 どうして、こうなったかだし。

 いや、確かに何かAパートのセリフがいちいち死亡フラグっぽいなぁとは思っていたさ。

 思っていたけど、この展開は予期していなかったですよ、ホント。



 そう言えば、正月の特番で触れていたのが、この話だったんですよね、確か。

 うん、まぁ、要約意味が分かりました。
 そりゃ、なぁと。


 色々とつらい。




 
 

[タグ未指定]
[ 2017/01/29 23:17 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

遊戯王ARC-V 第140話 「魂のペンデュラム」 感想


 ………………………………。

 ………………………………。


 あれ?
 思ったよりも悪くなかった気がする今回。


 arc5140-01.jpg

 えぇ、ここぞとばかりに新規を出してくる零児。
 大王シリーズは何だかんだ言って有能だと思いますし。

 まぁ、テムジン大王はVジャンで収録ですが、他はどうするんだろうなぁと思ったりしますが。
 コレクターズパックがありますが、覇王眷竜シリーズもいますし。

 ウル枠争いが無駄に苛烈になっている気がしないでもないです。
 

 arc5140-02.jpg

 まぁ、それでもザァークさんには及びませんでしたが……。


 そしてラストにアンカーとしてやって来たのは。

 arc5140-03.jpg

 零羅もといレイ。

 うん、ところで零羅って女の子なんですか?
 ザァークさんが零羅のことを小娘云々言っていましたが、アレは零羅を指しているのか、レイのことを指していたのか。

 ここにきて、まさかのヒロイン属性全開。
 むしろ主人公属性か。


 まぁ、うっかり零王パパンが墓地送りにしてしまったエン・シリーズを無事回収セットしたりと大活躍。


 arc5140-04.jpg

 あとは謎発光する柚子とか。

 arc5140-05.jpg

 その柚子の言葉で自我を取り戻した遊矢とザァークでの顔芸――もとい主導権争いが生じたり。


 まぁ、この辺、遊矢が場を整えて、零羅がバーンで決着ってのは、まぁ、想定の範囲内かなぁと。
 むしろ、遊矢がサレンダーしてまであり得るかと思いました。

 まぁ、そしたら、まんまマリク戦の焼き直しになってしまいますからね。
 そうじゃないにしても、かなり意識したような結末でしたし。


 そして次回からエピローグ。
 遊矢達、柚子達、そして格次元がどうなったかを語って、平和なスタンダードへ戻る。

 そんな風に思っていたんですけどね。

 arc5140-06.jpg

 どうしてこうなった。

 いや、まぁ、ジャンプフラゲ情報が出回ったことで、次回の内容は知っていたのですが、それにしても、実際に予告を見ても、まだ納得できないというか、何と言うか。


 まぁ、残り話数は少ないですが、ここを巻きでやるのなら、もうひと波乱ふた波瀾に期待したいのですが。
 ラストに向けての盛り上がりに本当に期待したいです。

 本当に。



 

[タグ未指定]
[ 2017/01/29 20:20 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

ガヴリールドロップアウト 第01話 「もう戻れないと知ったあの日」 感想

 ガヴリールは品行方正でとっても優秀な天使。

 天使学校を首席で卒業した彼女は、人間の事を学び、さらに立派な天使になるために人間界にやってきました。 毎日、公園の掃除を行ったり子供たちの遊び相手になったり、善い行いをしながら人間の学校に通っています。

 ある日、宿題を終えてひと息ついていると、パソコンの中から助けを呼ぶ声が聞こえてきました。
 それは人間界の遊戯、ネットゲーム。

 運命の出会いを果たしてしまったガヴリールは・・・。



 原作は未読。
 うん、ノリは干妹のそれに近い印象。


 基本キャラが可愛いですね。

 
 dropout01-05.jpg


 ガヴリール。
 天使学校を首席で卒業するも、人間界で多くの娯楽に魅了され、展開始まって以来の駄目天使になった。
 いつもぐーたらしている。

 dropout01-02.jpg


 ヴィーネ。
 悪魔だが真面目で、困っている人がいたらほっとけないタイプ。
 いつもガヴリールの所に現れては、世話をしていくしっかり者。

 dropout01-03.jpg

 サターニャ。
 大悪魔を目指して気取ってはいるものの、行動は憎めないアホ悪魔。
 ガヴリールを勝手にライバル視しているが、相手にされない様子。

 dropout01-04.jpg


 ラフィエル。
 一見善良な天使に見えるが、実はドS。
 ガヴリールとは旧知の仲。
 周囲の人をからかって退屈しのぎをしている。
 巨乳の持ち主。


 ってな具合。
 まぁ、公式キャラ紹介まんまなんですけど。


 dropout01-01.jpg

 パンツが高校デビューには思わず笑いました。

 しかし、この辺の反応が可愛いかったです。


 あとはアホ悪魔ちゃんこと、サターニャがいいですね。
 完全にオチ担当ですが。


 思いのか面白かったです。
 ただ、30分枠だと長く感じるんですよね。

 あくまでも個人的な印象ですが、コミック版で読んだ方が面白く感じるかなぁと。
 いや、読んでないんで、わからないですけど。



 ガヴリールドロップアウト Vol.1( イベントチケット優先販売申込券 ) [Blu-ray]
 ガヴリールドロップアウト Vol.1( イベントチケット優先販売申込券 ) [Blu-ray]


[タグ未指定]
[ 2017/01/10 14:42 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
久しぶりに調子が悪くなかったので、ベビステ感想のブランク部分埋めが完了。
次はコミックの感想にいけたらいいなぁ。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード