第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

映画 「ReLIFE リライフ」 感想


 2度目の17歳。
 想定外のキミとの出会いが、俺の運命を変えていく。


 27歳ニートが、1年限定で17歳に!?
 1年後、驚きの未来が胸を打つ、青春ストーリー。


 ってなわけで、劇場版ReLIFE見てきました。


 うん、まぁ、三次であの制服はコスプレ感ハンパねぇなぁとかいう感想が真っ先に出てしまいましたが。
 カーディガン来ていた時はともかく、夏服は、ホント……。

 と、そんなどうでもいいことではなく。


 それ以上に思ったことは……。

 僕のリライフ、どうして……どうして、こうならなかっただし。

 僕、海崎さんの似たルートを通ったのに。


 いや、まぁ、院には行っていませんし、流石に怪しい薬飲んで、若返って二度目の高校生活をなんてことはやってませんが。


 2年くらい前に、年いってから専門学校に入りましたので。
 その時の……。


 まぁ、ひしろん1年目と海崎さんのリライフ生活を足して3で割ったような生活を過ごし――。


 特にイベントフラグもなく終わってしまった僕なのです。

 どうしてこうなった。



 まぁ、閑話休題。



 序盤は原作通り。

 分岐は、夏祭り辺かな?

 まぁ、それまでに体力テスト、狩生の部活引退イベントはんかは端折られていましたが。

 明確に流れが変わったのはこの辺?


 佐伯先輩の命日と重なり、墓参りが文化祭後にズレ。

 祭自体も雨で花火が中止となったものの、大神の告白自体は変わらずといった具合。


 文化祭イベントは、正直メイド服くらいしか類似点がなかったのではというレベル。
 強いて言えば、海崎さんがひしろんに絡んでいたチャライのを追っ払ったくらい。

 映画の方では喧嘩になって、しかもその後に告白イベントまであったりしましたが。


 その後はほぼ完全オリジナル。


 ひしろんに振られた海崎さんがうだうだしそうになった所で、佐伯先輩の墓参りにいって、実は自殺じゃなかったんだ的な話でやる気を取り戻したり。

 プチ修学(実際は卒業?)旅行をやったり。


 で、ラストは若干『君の名は』ちっくな感じでEND。


 全体的に綺麗にまとまっていた感じでした。
 個人的には、思ったよりも悪くなかったかと。

 正直言えば、名前を借りた全然別の物語になっているのではと戦々恐々でしたが、意外とリライフをしていました。


 まぁ、2時間で完結までもっていくということで、リライフ生活云々というよりも、海崎さんとひしろんの恋愛模様にスポットを当てたものとなっていましたが、コレはコレで有りだったなぁと。


 実際問題リライフが恋愛の障害でしかないという体でしたので、特に中盤から後半は。


 まぁ、尺の都合とかもありますしね。

 その辺で一番被害を受けたのは、玉ちゃんと愉快な幼なじみ達。
 出番なし。


 次点で杏。
 完全に三つ編みメガネにモブという属性まで付加されていました。

 リライフ研究員設定がなくなっていましたので、どうしてもキャラが薄くなっていたかと。


 ですが、杏の軽音部設定。
 そのおかげで、ひしろんの『踊ってみた』が誕生したと考えれば、全然悪くない改変だと胸を張って言えますけどね。

 アレはいいもののでした。
 萌えます。

 海崎さんが出先でも見て、大神にイジられるのも分かる気がします。




 あとはひしろんスマイル。

 擬音も相まって、うまく表現したなぁと。


 
 
 ReLIFEオフィシャル・フォトブック
 ReLIFEオフィシャル・フォトブック





 
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2017/04/19 23:24 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ココノイさん復活のおしらせ


 先月は少し色々ありましたので、全然更新できていませんでしたが、要約少しだけ落ち着きましたので、ちょこちょこ復活していきたいと思います。

 まぁ、4月バカ用のネタもいくつか考えていましたが、正直それどころではなかったですので、今年はスルーで。


 まだ、メンタル的におかしく、偏頭痛もあったりして、物語が様々な情報が頭に入り難かったり、考えがまとまりにくかったりしますので、要所要所でアレな部分もあるかもしれません。


 いや、何か、それは元々の仕様な気もしますが。


 まぁ、一応これで復活しますので、今後ともよろしくおねがいします。


[タグ未指定]
[ 2017/04/01 00:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

福袋♪



 とりあえず、新年ということで、昨日のうちに福袋をいくつか購入。

 とりあえず遊戯王。

 170102-01.jpg

 3000円福袋(オリパ)。

 ・オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン(ウル)。
 ・青眼(SD25)
 ・方舟の選別(スー)
 ・インヴォーカー(シク)
 ・深淵(ウル)
 ・シラユキ
 ・混沌帝龍(2OAP)
 ・スキドレ(20AP)
 ・ガメシエル


 5000円。

 170102-02.jpg

 ・隣の芝刈り(スー)
 ・覇王烈竜(ホロ)
 ・リストアジムD(スー)
 ・会局
 ・モルモ
 ・エンシェント・フェアリー・ドラゴン(ウル)
 ・ラー球
 ・ゴードン
 ・シラユキ
 ・メタモルポット(20AP)


 うん、まぁ、アドっちゃ、アド。
 爆アドって感じではないですけど。

 正直言えば、障壁のシク辺りが入っていると読んでの購入だったのですが。
 その辺が惜しかったなぁと。


 個人的にはこれに+して当たりにはプレマやスリーブが付属するなら良かったのになぁというところ。
 当たりが明記されていませんでしたので、アレですが、ないと思います。


 意外と面白かったのが、ヴァンガードの2000円福袋。
 プライズのデッキケース、おそらく3000円以上相当のカード。
 そしてアホみたいな量のキラ+ノーマル。


 いや、僕、ヴァンガードは全然やらない人なんですけどね。
 アニメは結構好きで見ていたのですが、ここ最近は見ていなかったので、また機会をみつけて一気見したいなぁと思っていますが。


 ガンプラ福袋。

 爆死。


 ぬいぐるみ福袋。

 170102-04.jpg


 クレーンゲーの景品?

 その辺はまったく不得手な僕としては非常に楽しめる内容でした。


 

[タグ未指定]
[ 2017/01/02 23:29 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2016年もいよいよ終わり


 と言っても、特に感慨もないのですが……。

 まぁ、今年はね。


 と、意味深なことを言ってみるココノイさんなのです。

 例によって例の如く、やり残したことは、本当に山積みになっているのですが。

 積読とか、積プラとか、積感想とか。


 いいや、全部来年でと色々と投げ出しました。


 とりあえず、年越しそばを食べて寝ます。


 ……そばが――ない!?



 そば粉はある。


 ――打つか。


 いや、今からじゃ無理ですし、何より面倒ですし。

 素直にそばがきでも食べます。
 金粉でも集めながら。

 いや、いつの金細工師ですか、僕は。


 それでは皆様、良いお年を。
 

[タグ未指定]
[ 2016/12/31 23:44 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

映画 『君の名は』 観てきました

 160929.jpg


 今更ながらですけどね。

 実は、予告を映画館でみた時から、気にはなっていたのですよ。
 それでいざ公開されたら、何だか評判がいいみたいで、逆に行きそびれていたみたいな?

 先に小説とかも買って、ネタバレを避けて積んでおいたりとかしましたし。

 というか、そこまでネタバレ回避していたわけでもないのですが、今日まで普通に回避できていて、新鮮に楽しめました。


 というわけで、あらすじを公式サイトより。


 千年ぶりとなる彗星の来訪を一カ月後に控えた日本。
 山深い田舎町に暮らす女子高生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。
 町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。
 小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。
「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」
 そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。
 見覚えのない、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。
 念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。

 一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。
 行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。

 繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。
 二人は気付く。

「私/俺たち、入れ替わってる!?」

 いく度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。
 残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、
 時に相手の人生を楽しみながら、状況を乗り切っていく。
 しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。
 入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がってたことに気付いた瀧は、三葉に会いに行こうと決心する。

「まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く」

 辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた……。

 出会うことのない二人の出逢い。
 運命の歯車が、いま動き出す。
  



 序盤のドタバタ劇からの、後半のノリ。
 そして見事にハッピーエンドと。

 うん、素直に楽しめました。


 そりゃ、ツッコミ所とかがないわけではないですが、そんなことを気にするのは野暮かなぁって感じの作品ですかね。

「ご都合主義だと笑わば笑え! しかし見よ! この燃える展開! 見よ! この背景美!!」

 ってな具合ですかね。

 というか、僕、実は新海作品の映画って観たことなかったんですよね。
 どれも話題にはなっていましたので、軽く触れるくらいはしたかもですが。



 以下はネタバレ。

 っていっても、もう公開から時間も経っていますので、気にすることもないでしょうが。


 時間軸のズレに関しては、予告の時点でそれを予感させるような作りになってましたよね。
 正直、3年と言わず、もっとズレがあって的な話だと思っていたのは、当初の僕。

 初っ端の初っ端に大人verの瀧と三葉のシーンがあったので、全然的外れだとわかったわけですが。


 あとは、ラストシーン手前の雪の中でのニアミスとかは普通に背景綺麗だなぁって。
 いや、どのシーンも背景綺麗なんですけど。

 
 今度はきっちり情報を整理して、また観に行きたいって気もします。


 あと予告に劇場版SAOがあったので、パンフを買うついでに前売り券も買ってきました。

 映画は行くまでが地味に億劫なのですが、行くとまた行きたいって気になるんですよね。
 次は何を観ようかなぁと思うココノイさんなのでした。




 新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド
 新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド


[タグ未指定]
[ 2016/09/29 21:28 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
久しぶりに調子が悪くなかったので、ベビステ感想のブランク部分埋めが完了。
次はコミックの感想にいけたらいいなぁ。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード