第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ONE PIECE -ワンピース- 第616話 「復讐の記念日」感想

 国境警備隊から竜宮城への連絡が入る。
 しかし連絡は取れない。

 その内容は、現在魚人島内に「魚人街」の危険人物達が入ってきたということを知らせるもの。

 その危険人物。
「いいかお前ら。今日この日は!! 「魚人島」意識統一の記念日となる!!! 人魚含め同じ魚人族が不揃いの考えを持っていちゃ始まらねェ。海中で呼吸すらできねェ人間は、おれ達に支配されるべき下等種族だ!!! 間違い続けてきた歴史を…今こそ正そうじゃねェか!!!」
 とホーディ。
「バホホホ!! 今日は婚約記念日になるな、しらほし〜〜!!! 急ぐ事はねェ…結婚式は…明日にしよう!!!」
 と言うのはデッケン。

 そして「リュウグウ王国」を終わらせ、海底の支配者となるために、動き始める。

 「海の森」行きのお魚バス停留所、兵達を倒し、そのお魚バスに乗っているのはロビン。
 彼女は“歴史の本文”その情報を得ることに成功。
 この国には“空白の100年”の大切な鍵を握っている筈だと。

 その頃、ゾロはデッケンの能力で送られてきた海賊達を斬りまくり、そのことに文句を言われる始末。

 しかし、そんな中、竜宮城の入り口は全門開放されていて……。

 そして、魚人島北東にある「海の森」。
 そこは「船の墓場」とも呼ばれる場所。
 その海の森を研究するのは、トムの弟であるデン。
 彼の元を訪れているのは、フランキー。

 そしてデンに船のコーティングを頼むことに。

 いよいよ竜宮城までやってきたホーディとデッケン。
 そしてホーディが再びやってきたということで、騒然とする面々。
 その理由はホーディはかつて軍に所属していた有能な兵士だったため。

 デッケンの登場でしらほし誘拐の犯人が彼であると確信するネプチューン。
 しかしデッケンはその辺の事情を知る由もない。
 だが、ホーディの助言で、しらほしの“位置”を知る術があるということになったホーディ。
 巨大サンゴを蹴り折り、そのサンゴをしらほしめがけて投げる。

 するとそのサンゴは硬殻塔には向かわない。
 ということで、そのサンゴに乗り、しらほしのところに向かうデッケン。

 自分のものにならないのなら、死ねと迫る狂気。
 そのことを知らず、ルフィとの会話に笑顔のしらほしはどうなる――というところで次回につづく。


 今回気になったのは、やはりホーディが以前は竜宮城にて兵士をやっていたという事実。
 これがどういう理由でやめ、現在は再びやってきたというだけでのあの反応になったのかが気になる。

 これも兵士をやめたのが10年前とかになるのか?


 あと地味にデッケンが海の移動でシャボンを使ってるんですね。


 これでルフィvsデッケン。
 ゾロvsホーディという構図ができたのか?


 新世界編に突入したJC最新61巻は発売中。
 ONE PIECE 61 (ジャンプコミックス)
 ONE PIECE 61 (ジャンプコミックス)

 そしてコミック累計発行2億部記念、第1話複製原稿BOXも予約受付中。

 ONE PIECE第1話複製原稿BOX  ROMANCE DAWN−冒険の夜明け−
 ONE PIECE第1話複製原稿BOX  ROMANCE DAWN−冒険の夜明け−

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2011/02/28 23:48 ] 週刊少年ジャンプ | TB(1) | CM(1)
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード