第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ 第13話 「芸術と技術」 感想

 栄一郎(えいいちろう)が次に戦う相手は、ひとつ年上の岩佐博水(いわさひろみ)という物静かな男。パワーではなく頭脳でプレーするタイプで、あらゆるショットを器用にこなし、難しいショットも巧みに操る強敵。しかし、他人に興味がなく、次の相手が誰なのか知ろうともせず、何を考えているかさえ分からない。「コートにいい絵が描けたときが一番うれしい」という彼の言葉の意味とは…?

 bsa13-01.jpg

 第3シードの岩佐との一戦。

 bsa13-03.jpg

 エーちゃんは岩佐の絵を描くスタイルに混乱を極める。

 bsa13-04.jpg

 それはボールの軌道で絵を描くと言うもの。

 bsa13-05.jpg

 ゴッホの『ポプラの小道』。

  bsa13-06.jpg

 守備力の高いエーちゃんが相手ということで、岩佐はいつも以上の大作にも挑戦ができると。
 そんな岩佐は完成した絵には、余計な線を加えないということで、例え球が返ってきても反応しない。

 bsa13-07.jpg

 岩佐のそのスタイルに、ノートに書き足すことを嫌がるエーちゃんは理解をしめす。
 ちなみに、エーちゃんは、ノートを描き直す。

 bsa13-08.jpg

 しかし、エーちゃんは勝負に興味がないというのなら、自分は勝ちにこだわると、岩佐のあらゆるショットを返すことで、一気にリードすることに。

 bsa13-09.jpg

 が、追い込まれた岩佐はギアを上げて、対応。
 ポイントを取られないように描く。

 その絵は抽象画に近い、モネの『水連』。

 岩佐の逆襲で、ゲームカウントは一気に5-4に。

 とはいえ、あと1ゲームで勝てるエーちゃん。
 マイクのアドバイス通りに、好調時の時を思い出し、ギアを上げる――というところで次回につづく。



 こうやって、改めて見ても、やっぱり岩佐戦は浮いているっちゃ浮いていますよね。

 いや、僕好きなんですけどね、岩佐。

 bsa13-02.jpg


 あと結構前から疑問に思っていたことを一つだけ。
 
 今回タクマさんに負けた石川喜一と翌年の大会でベスト4入りする井上喜一って同一人物だったりするのでしょうか?
 家庭の事情的な何かで苗字が変わった的な何かだったり?




 ベイビーステップ原作感想一覧

 ベイビーステップアニメ感想一覧
 

 ベイビーステップ Vol.1 [DVD]
 ベイビーステップ Vol.1 [DVD]

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2014/06/29 19:25 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード