fc2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 10巻 感想

「まったく……本当に仕方のない人ですね。お兄さんは、とんでもない大嘘吐きです。スケベで、変態で、シスコンで、ロリコンで、その上ドMで。会うたびにセクハラばかりして、わたしを怒らせて。いつだってお人よしで、お節介で……。鈍くて理不尽で優しくて、いつもいつもわたしを惑わせて――」



「そんなあなたのことが好きです」


 oreimo11.jpg



 うん、というわけで、まさかの? あやせルート突入か!? 的な展開。
 まぁ、受験生を一人暮らしさせて、勉強が捗るのかどうかはさて置いて。その辺は人によるでしょうし。

 今回でヒロイン達の人間関係が随分と変わった。
 というか、引越しパーティでヒロイン達が一気に集合って感じでしたし。


 桐乃は今巻はあくまでも縁の下の力持ちというか、サポートに徹したという印象。
 明らかに年下殺しスキルを遺憾なく発揮している京介の元にあやせを派遣。それは、言葉通りあやせが京介を嫌っていると思ったから――とは考えにくいですし、どんな思惑があったのやら。

 黒猫は京介の元カノとして定着。黒セーラーだったり、エロ猫だったり、瑠璃先輩だったり。
 
 沙織。槇島とバジーナが交じり合っていたり。結果テンプレお嬢様――ではなく、むしろフリーザ様に。
 ある意味美味しい立ち位置と言えるかもと言えるほど本編からハブられている印象は拭えず。加奈子より目立っていないかも。いや、今回加奈子けっこう目立っていましたが……。

 そしてその加奈子は大躍進か? サブキャラからヒロイン候補へと正式昇格という感じ。
 お弁当を作ったり。
 そしていよいよ京介が桐乃の兄だということに気づいたものの、それによって物語が大きく動くてきなことはなかった模様。


 麻奈美は、加奈子の料理の師匠となり確実に傘下を広げていっている印象。
 いや、本当に何かラスボスっぽい雰囲気が……地味に、本当に地味に。


 そしてあやせ。
 今回は完全に彼女がメインヒロインです。

 最後の告白は言うまでもなく、第4章は2巻の踏襲ですし。
 るんるんスキップで京介のアパートに向かう通い妻の図とか、もう。


 そう言えば男キャラである御鏡の掘り下げもありましたし。
 うん、まぁ、掘り下げれば掘り下げるほど、変態っぽさが増す気がしないでもないですが……。


 ラストの告白は非常に気になる引き――と言ってもいいですが、今巻中盤で黒猫に「桐乃とのこと、しっかり決着つけるまで――誰とも、付き合う気はない」と言っている以上、この告白で京介に大きな変化はないでしょう。

 だから7巻のときほど、気になるというわけではありません。

 ん? でも、ヒロインズには変化が訪れるのか。
 下手をすれば、一気に告白ラッシュみたいなのが来る可能性も――!?


 いや、やっぱり続きが気になってきました。

 11巻の発売が楽しみです。
 ついでのような言い方になってしまいますが、アニメ2期も。



 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 10 (電撃文庫 ふ 8-15)
 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 10 (電撃文庫 ふ 8-15)


 
 
スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2012/04/12 23:36 ] ラノベ感想 電撃文庫 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード