fc2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ #210 「衝突」 感想

 全日本ジュニアテニス大会3日目。
 試合とは別の緊張から、携帯を片手にソワソワしているエーちゃん。
 その理由はエーちゃんの母親を待っていたため。

 エーちゃん母はやってくるなり、こんな暑い中テニスをやって大丈夫かとエーちゃんの身体を案じるが、エーちゃんは鍛えているから大丈夫だと。
 そして今日の対戦相手がいつも一緒に練習している友達であることも話すのだが、そんな会話中もソワソワが止まない。

 そっちの理由もやってくる。
 それは両親を連れたなっちゃん。

「初めまして。エーちゃんとお付き合いさせて頂いている鷹崎ナツと申します。今日は私の両親も来てるので紹介させてください」
 といつもと若干違い礼儀正しいなっちゃん。

 そして
「は・・はじめまして! 丸尾栄一郎です。よろしくお願いします」
 と最敬礼のエーちゃん。

 しかし、なっちゃん両親は既にエーちゃんのことを何から何まで聞かされているため、初めて会った気がしないといった様子。
 しかも『エーちゃん』オールAのことも知っていて、しかしテニスに熱中したエーちゃんは既にオールAではなく、半分ほどBになっている事実を謝罪しながら告白。

 その突然の告白に思わず呆然、そして爆笑してしまう鷹崎家一同。
 エーちゃんのその行動こそが、なっちゃんの言うとおりのキッチリ具合を証明している結果に。
 エーちゃんも自分の言動に思わず赤面、
「あの・・いつもなっちゃんには大変お世話になってます!」
 と言うと、
「ほほう・・・・具体的にはどうお世話になってるのか聞きたいね?」
 とまさかのなっちゃん父の反応。

 まぁ、なっちゃんに怒られてしゅんとなってしまいますが……。

 突然彼女を紹介され、驚いたのはエーちゃん母。
 なっちゃんの容姿に、なんでこんなかわいい子と付き合えるのよと思わず本音が。

 なっちゃん母はエーちゃんが高校からテニスを始めて全国に来ていることをすごいと評価するが、エーちゃん母はその辺のテニス事情は分からず、これを機に色々と教わることに。

 そんなエーちゃん母が知るエーちゃんのテニスのことと言えば、エーちゃんが書き記した『人生プラン』ノートについてのみ。

 そしてそれを皆で見ることに。


 一方、清水さん。
 次の試合苦しくなったらバック狙い、それだけ頭に入れておけば勝てると忠告する清水さん母。
 しかしそんな言葉は耳に入っていない様子の清水さん。

 その理由を体調が悪いのかと考える母の言葉に首を振る。
 昨日からずっと機嫌が悪そうで、落ち込んでいる様子に、そんなんじゃ調子は上向かないと。
 しかし清水さんは、
「・・・・・・・・もういいよ。・・・・私だってテニスだけじゃないんだよ」
 と小さく反論。

 そんな時、清水さん母がちょっとした騒ぎを起こしているエーちゃん達一行を発見、声をかける。
 すると清水さんが僅かに反応。

 その反応に目ざとく反応した清水さん母は、以前清水さんがエーちゃんと話していたり、気にかけていたことを思い出す。
 が、そんなことは表に出さず、なっちゃん母と会話。
 結果次第では全日本選手権に海外遠征、それに練習のベースを海外にといった話題。
 それを聞き、エーちゃん母は驚きを隠せない。

 一方、会話が一区切りついたところで、清水さん母が仕掛ける。
 エーちゃんと以前STCで会ったこと、そして昨日第3シードを破って噂になっている人物であること、そして試合中コール、更にシード選手に競り勝つ勝負強さを見込んで、娘に試合前に話を聞かせて欲しいなどと。
 そんな突然の話に清水さんは慌てて母親を止めようとするが、突然大声を出してしまう結果となり、思わず赤面、さらに涙を浮かべ走り去ってしまう。

 そんな清水さんの突然の行動にぽかーんとする一同の前に青井コーチが。
 エーちゃん母となっちゃんの両親はそのまま青井コーチが引き受けることに。

 そしてエーちゃんは様々な事態が起こり頭が混乱寸前。
 しかし自分の親となっちゃんの親がうまくやれていそうなことに一安心。一方でなっちゃんの親に影響され、もっともテニスのことを考えてくれればという思いも。

 そんな考えをするエーちゃんの横で、なっちゃんは真剣に悩んでいた。
 そして思わず口から出た爆弾発言。

「アキちゃん、いつからエーちゃんのこと好きだったんだろう?」

 その言葉に思わず目が点になるエーちゃん。
 しかしそんなエーちゃんをじっと見つめ、なっちゃんは続ける。

「エーちゃん、アキちゃんに優しくしたこととかある?」
「え? ・・・・ケータイ拾ってあげたりは・・・・って・・・・? ちょっと待って何言ってるんの? おかしいよ」
「だって、さっきのアキちゃん見ればわかるよ!」
「好きって・・・・。俺、清水さんと3回くらいしか喋ったことないんだよ?」
「回数なんてカンケイーないもん!」
「え・・何で・・・・? 怒ってるの?」

「怒ってはないよ。だってエーちゃんは私の彼氏だもん。私が怒る必要なんてないもん」
 言葉とは裏腹に半眼で不機嫌そうななっちゃん。

「でも・・。う~~~~~~~」
 思わず叫びを上げ、
「・・私の方が好きだもん・・・・(ボソ)」
 と呟く。
 更に、
「アキちゃんに負けたくない・・」
 とも。

 そして青井コーチにアップする時間だと告げられ、試合モードに切り替わるなっちゃん。

 そして時刻は10時。
 3回戦に出場する選手は指定のコートに入って練習するようアナウンスが流れる。

 そしてそこでそわそわ緊張するのはエーちゃん母。
 そんな母の様子に思わず緊張が移ると言ってしまうエーちゃんだが、優勝したら認めるという約束を忘れないでと念を押して、試合へと臨む。

「絶対勝つから見ててね」
 その言葉にビックリする母。
(なんか私の知らない所で・・・・、ずいぶんと大人になってるのね)

 というところで<#211 プロへの軌跡>につづく。



 うん。
 あえて、改めて、言おう。

 なに、この可愛いなっちゃん。

 流石にエーちゃん母の前で初っ端は礼儀正しかったり、父親の発言で赤面したり(どちかっというと、エーちゃんを振り回している印象が多かったので、振り回されているなっちゃんは新鮮)、清水さんにジェラシったり、私の方が好きとボソったり。

 なに、この可愛いなっちゃん。

 超可愛かったので、2回言いました。

 bs210-01

 bs210-02.jpg

 特に前者。


 ………………………………。

 bs210-05.jpg


 なに、この可愛い清水さん。

 失礼、つい本n……噛みました。

 うん、いや、こう、あー、うん。
 涙目にそそられるなぁーと言うか、なんと言うか。


 しかし、今回は非常に見ごたえがあるというか、#135以来の衝撃回というか。
 いい感じです。


 まぁ、ちょっとした余談というか、私見。

bs210-03.jpg


「絶対勝つから見ててね」
 と明らかに諭吉に聞こえてそうな声で宣言するエーちゃんが何気に鬼だ。

 いや、初めて母親の前でプレー。そしてプロになるという意気込みから出てきた言葉なんでしょうし、気持ちは分かる気もするのですが。


 そして次回は……次週は……。

 bs210-04.jpg

 いやっほーい。



 ベイビーステップ(21) (講談社コミックス)
 ベイビーステップ(21) (講談社コミックス)

スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2012/05/23 21:40 ] ベイビーステップ | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【ベイビーステップ #210 「衝突」 感想】
 全日本ジュニアテニス大会3日目。 試合とは別の緊張から、携帯を片手にソワソワしているエーちゃん。 その理由はエーちゃんの母親を待っていたため。 エーちゃん母はやってくるなり、こんな暑い中テニスをやって大丈夫かとエーちゃんの身体を案じるが、エーちゃんは?...
[2012/05/24 00:34] まとめwoネタ速neo
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード