fc2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ #215 「回帰」 感想

 第1ゲームをエーちゃんがキープ、そして第2ゲームは30-0と緒方がリード。お互い自分のサービスゲームは順調な滑り出し。

 そんな中、緒方の圧倒的な素質をエーちゃんは理解。
 自分より質の高いショットと脚に対してどうするか考える。
 スタイルがオーソドックスなら、より情報を重視した戦い方にシフトしたほうがいいと判断。
 ノートとここまでのポイントの情報を重視して、動く。

 緒方のサーブはセンターへの強烈な直球。
 これを何とか返す。

 緒方はエーちゃんの反応のよさから、目がいいのだろうと判断。
 そしてエーちゃんのリターンには、バックのクロスで対応。
 エーちゃんはオーソドックスならオープンコートを狙ってくる可能性が高いと読み、質の高いショットには情報を元に、ある程度予測して対応する。
 そしてペースを変化させた球を、コントロールしてポイントを狙う。
 そこで狙ったのは、バックハンドでのダウンザライン。

 このショットは緒方にとって予想外。
 返した球は浅くなる。

 エーちゃんはここで、片手打ちに直しているバックを狙う。そしてリスクを負って前へ。

 ここで緒方はクロスへ強烈なショットを放つ。
 エーちゃんはこれに必死に対応。

 最後に腕を精一杯伸ばし、ラケットに当てる。
 すると、スイートスポットから外れたのが功を奏し、ネット際に落ち、結果オーラ位のドロップショットとなる。


 しかし、崩してからバックを狙ったにも関わらず、放たれた強烈なショット。
 バックハンドは狙うべきではないという考えが一瞬頭をよぎるが、過程よりも結果を重視とその弱気を振り払う。
 こういう積み重ねで岡田にかったのだと自分を奮い立たせる。

 続く緒方のサーブ。
 エーちゃんはリターンは守備範囲に来たら恐れず深く、その上で、できればコースをつく。


 高校総体と前日の試合で緒方は何度か両手バックハンドを使っていた。幼い頃からテニスをしているということは昔は両手が普通だったのだと考える。
 その上で、緒方は腰の怪我でのブランクがある。両手バックは片手よりも一歩分守備範囲が狭くなるし、明らかに腰に負担が掛かる。
 とすれば、最近片手に変更した可能性は高い。
 だったらはず、そこを狙うためバックサイドにオープンコートを作るべく工夫。
 そして多少リスクが高くても、可能性のある所に、フルショットを叩き込む。
 狙うは緒方のバックサイドに、渾身のダウンザライン。

 が、緒方はこれに対して、片手バックハンドで強烈なクロスを放つ。
 予想外に厳しいショットにエーちゃんも反応しきることができない、がこれは僅かにアウト。

 30-30となる。


(危なかった・・・・! でも、初めて思いどおり奪ったポイント・・・・。リターンゲームだと考えれば・・悪くはない。はず・・・・)

(バックを狙われてる? 別に苦手じゃないからいいけど・・・・。こうも急に思い切った球が来るとさすがに・・・・)

 危うく強烈な逆襲をくらうところだったエーちゃん。
 しかし、緒方もバックを狙われていることを自覚。

 するとプレー中もバック側を意識してプレーすることになる緒方。
 エーちゃんはそれを察し、フォアサイドを狙い撃ち。

(あ・・・・。逆突かれた)

 これで30-40。

(来たっ。この人からブレイクチャンスは、そうは簡単に掴めない・・・・。この1ポイントで取っておきたい!!)

 ここで勝負に出たいエーちゃんは、一番自信のあるボレー勝負を挑む。

 ドロップで緒方を前に誘い出し、自身も前へ。
 緒方もドロップを上手く捌き、ネット際に沈める。
 エーちゃんもそれをボレーで、オープンコートを狙う。
 すると緒方はそれに追いつき、これもボレーで。
 しかもインパクトの瞬間、手首を使いクロスへ。
 エーちゃんは自慢の目で、それを察知。
 素早く動き出すと、その球を叩き、このゲームをブレイク。

 早速動いた試合に観客席もざわめき。
 エーちゃんの両親も幸先のいい滑り出しに嬉しそう。

 一方、いきなりブレイクされてしまった緒方はショックを受ける。

(強いな・・・・。派手さのない見た目と緻密な攻撃とのギャップに対応できてない。1球1球が丁寧で考えられてる・・・・。ヤバい・・・・。このままじゃ負けちゃう・・・・。せっかく全日本ジュニアに間に合うように復帰したのに・・・・。挽回しなきゃ・・)
 大きく息を吐き、ショックから立ち直る緒方。
 腰の具合を気にしながらも、気持ちを切り替える。

 エーちゃんはリードした分、さっきよりも積極的にこられるだろうと予測。
 片手バックは苦手そうではないものの、結果的に逆をつけたからうまくいった。
 バックを狙っていると思わせたこの意外な効果を、このゲームでも活かす。


 エーちゃんはセンターへサーブ。
 そしてやはりバック側へ主体の攻撃で攻めるのだが、ここで緒方は両手バックハンドで打つ――というところで次号休載。
 次回<#216 一点突破>につづく。


 
 あれ? 普通にエーちゃんブレイクしちゃいましたけど……。
 何だろう、ここまで順調だと逆に不安になる、不思議。


 とりあえず、バックは苦手ではないってのは本当っぽいですけど。
 本人が自覚していなくてもってパターンもありますからね。

 しかも最後には両手バックも使うって感じですし。
 実際のところはどうなるのか。

 両手バックハンドが腰に影響するのか、どうかってことになるんですかね。
 


 ベイビーステップ(21) (少年マガジンコミックス)
 ベイビーステップ(21) (少年マガジンコミックス)
スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2012/06/20 21:15 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード