fc2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ #222 「スクランブル」 感想

 ブレイクされれば敗戦という崖っぷち。
 第2セット、エーちゃんはなんとかキープできているが、不安定なジャンプショットだけでは、タイブレイクも苦しい。
 でもこれ以上の新しいことは思いつかない。

 ならと、エーちゃんが実行するのは、なっちゃんの様に自分の感覚を信じてプレーしてみること。

 しかし、それはゾーンに自主的に入るのに近いこと。
 今まではできたためしがない難しい挑戦。

 一方の緒方はリサが言うようトラになる決意を新たに。
 獲物であるエーちゃんの動きをよく観察、それを元にエーちゃんのサーブコースを読む。

 サーブコースを読まれ、強烈なリターンを返されたエーちゃん。
 そのリターンを、頭であれこれ考えず、身体が赴くまま、自分の感覚を信じ返――そうとしたら、その瞬間どこに打つか迷ってしまう。

 そこで何も考えないのと、感覚に頼るのは違うと痛感。
 そう簡単になっちゃんみたいになれるわけがないということも。

 一方チャンスが転がり込んだ緒方は、細心の注意で一気にかぶりつくと、両手のバックハンド。
 これが決まり0-15。

 緒方は闘争心のある何かに成り切るのはすごくいい気がすると、自分に見えない道を示してくれたリサに感謝。

 そしてエーちゃん。
 トラになったことで、更に球が伸びてきた緒方に対して、何かを変えないとやられると。
 なっちゃんみたいになれなくても、真似するくらいならできるんじゃないか、エーちゃんでは思いつかない奇想天外のプレーを。
 なっちゃんだけでなく、井出や岩佐。
 他にも感覚派と思える選手の情報をできる限り思い出して、自分ではやらない、思いつけない戦略を試す。
 それで少しでも緒方の虚をつければ、ここを乗り越えられると。

 しかし、放ったサーブは、厳しいところを狙いすぎてフォルト。
 が、ここでエーちゃんは不意に何かを思いつく。

 一方の緒方はかなり追い込んでいることを感じつつも、慎重に狙いを定め――。

 次のエーちゃんのサーブで完全に虚をつかれることになる。


 エーちゃんが実行したのは、セカンドサーブでのサービスダッシュ。
 これにビックリした緒方は思わず手元が狂い、放った球はネットに当たり跳ねる。
 それを前に詰めていたエーちゃんがキッチリ決めて、15-15。

 これは以前なっちゃんとの試合でやれれた真似。
 危なかったもののポイントはできた。

 続くサーブはワイドに跳ねるスピン。
 このサーブで緒方をコートに外に追い出し――。

 迎える選択肢は
 ①鋭角に滑るスライス(相手をコートの外に追い出せる球種の違いも活きる)
 ②ドロップショット(かなり意表をつけるがリスクも高い)
 ③クロスに直球(エースで決まる可能性はあるが緒方なら逆襲も)
 ④ストレートに剛速球(相手の逆をつける可能性はあるが怖いので球威が欲しい)
 普段ならリスクと効果を考えて①が最善。

 でも緒方はこの最善の一手が効かない相手。でもエーちゃんが考える②③④も決まっていない。
 だから①~④にはない、ストレートに山なりのスピン。

 それこそエーちゃんにない、なっちゃん的発想。

 緒方もオープンコートを作ったにもかかわらず、わざわざ逆に中途半端なスピン球を打つエーちゃんの意図を測りかねず、決めにいくことができない。

 サーブの優位性が生き、ジャンプショットを狙えるチャンス。
 しかし緒方の打球は思ったよりも深く、一瞬の躊躇。
 それでも強引にジャンプでいくが、おしくもアウトとなってしまい15-30。

 エーちゃんは迷ったことで思い切りいけなかったことを悔やむ。
 こういうとき、なっちゃんなら「いきたい」と思った瞬間にいったはず。
 こういうショットは頭に思い浮かんだ瞬間打つ、それがいいんだと。

 それでもジャンプショットの前までの展開は悪くなかったと納得するものの、自分のテニスではないから不安だと心中は穏やかではない。

 一方の緒方はポイントできたからいいものの、先ほどからエーちゃんのプレーに違和感を覚える。
 そこで相手を獲物と決め付けるのは早かったと、同種との縄張り争い位慎重にいくべきだと指針変更。

 エーちゃん、なっちゃん的な攻撃はそればかりでは効果が持続しなさそうだが、たまにやる分には効果的だと実感。
 ああいうショットをどんどんチェンジオブペースに組み込んでいこうと決意。

 ジャンプショットに次ぐ、新しい挑戦「ナツのような奇想天外なショット」はエーちゃんを観察しようとしていた緒方を惑わせる一定の効果をみせる。
 さらに同時に、ジャンプショットだけは「ナツのように打とう」と決心したことは大きかった。
 全国トップレベルと遜色ない速球と奇想天外なショットは予想以上にマッチ。
 結果、球威や展開の幅が広くなったチェンジオブペースに緒方が後手に回る展開が増える。
 となれば、エーちゃんはサーブの優位性を保ちつつ決定打に持ち込もうと試行錯誤する。
 これまでとは違う本来あるべきサーブ側優位の展開。
 この第12ゲーム、エーちゃんが一時的かもしれないが本当の意味で緒方に追いつこうとしていた。

 緒方も球威の幅、変則的なパターン、時間をかければ慣れることはできるが。

 この12ゲームはエーちゃんがきっちりキープ。
 タイブレークへと持ち込むというところで次回<#223 ミニブレイク>につづく。


 この緒方戦でジャンプショットに続く新スタイル。
 感覚派プレーを披露。

 といっても、さすがにエーちゃんが本当に感覚派になれるはずもなく、あくまでも意識して真似る理論的感覚派というべきプレーなのでしょうが……。

 それでも多少なりとも緒方を惑わせるには充分。
 緒方が思っている通り、慣れれば対応されてしまうのでしょうが。

 まぁ、この辺は単純にチェンジオブペースの幅が広がったというべきなんでしょう。

 あと余談ですが、セカンドサーブでサービスダッシュって何気に井出もやっていたような。
 その時は決まらなかったですし、なっちゃんの方が先に経験しているので、なっちゃんの真似と考えるのは自然かもしれませんが。


 さて、要約巻き返しの雰囲気が出てきた第2セット。
 このままの勢いでエーちゃんが押し切れるかな?

 
 ベイビーステップ(22) (講談社コミックス)
 ベイビーステップ(22) (講談社コミックス)
スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2012/08/22 22:31 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード