fc2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ #224 「ミニブレイク」 感想


 第2セット6-6のタイブレイク。
 4-1とされ、最悪あと3ポイントで終わってしまうところまで追い込まれてしまったエーちゃん。

 タイブレイクに入って緒方は明らかに強気の戦略できている。重要なポイントほどいい球を打ってくる。
 こういった勝敗の分かれ目の時ほど、全国トップレベルの選手はそうである。
 難波江、荒谷、岡田、井出も。
 強いメンタル、つまり自信があるからこそ。

 一方のエーちゃんは、自分のことはわからないが、やれることを全部やってきたという自信はある。
 身体やセンスで負けているなら、メンタルで負けるわけにはいかないと決意。

 自分を最高の精神状態に持っていくには、まず不安要素を具体化する必要がある。

 ①あと3ポイントで負ける。
 ②負けたらプロになれない。
 ③新しい挑戦を続けなきゃならない。
 ④親が観ている前で。

 ②は以前に図にまとめ、これ以上考えても仕方がないと割り切る。
 ④はもう慣れてきたので、あとは頑張るほかない。
 ③は自分が立てた戦略上やらなければ負ける可能性が高くなるため、やったほうがいい。
 ①ばかりは考えても、意味がない。

 こうして不安要素を具体化して、80%くらい消していくイメージ。

 そして自分の方法で自信を持ったエーちゃんは、渾身のサーブ。
 しかし、これはネットにひっかかり、フォルトとなってしまう。

 エーちゃんはそれでも球1つ分でエースだったいいサーブだと言い聞かせ、もう一度少し不安を残し消すイメージ。
 ファーストサーブは強気で狙えたと、気持ちだけは緒方に負けないようサーブ。
 その瞬間、以前青井コーチに言われた、もっと1ポイントのスリルを楽しめという言葉が脳裏をよぎり。
 結果、会心のサーブがセンターに決まり、エースを奪う。

 この場面で際どいコースを狙ってきたエーちゃんに、緒方も驚愕。

 エーちゃんは際どかったものの、ギリギリだったからエースになったのだと実感。
 今、緒方相手に守備的なセカンドサーブでは勝てない、勝負がかかった時自分を信じて攻めていけたと、気持ちの強さで勝った手ごたえを感じる。
 そしてあと1本も絶対キープと。

 一方の緒方、エーちゃんが追い込めば追い込むほど強く跳ね返ってくる。
 何度、打ち負かしたと思っても折れない目。

 そんなエーちゃんの姿は、緒方に池のことを彷彿とさせる。
 いつも変わらず信じられないほど強気で、ピンチな時でも危険なプレーを楽しんで遊んでいるように見えた。
 プレースタイルも印象も違うのに、似ていると。
 やらなければやられる。
 でもここで勝てば、確実に上に行けると考える緒方。

 エーちゃん、今度のサーブはワイドに。
 そのサーブで外に追い出し、迷うことなくジャンプショット。

 緒方はこれに追いつくものの、ネットにひっかけ、4-3とエーちゃんが2本ともキープ。

 時に力でも押してくるエーちゃんの強さ。
 それを感じつつ、今こういう相手と戦えることを神に感謝する緒方。

 次の緒方のサーブ2本のうち、最低1本は取らなければならないエーちゃん。
 そうでなければマッチポイントを握られてしまう。

 今の自分のサーブ2本は自分を信じてプレーできた。ここからは、これまでやられている緒方のサーブでどれだけ自信を持てるか。

 まずはリターン、ある程度は読まなければ優位には立てない。
 自分の目と反応、そしてこれまでの情報と精神コントロールを信じてリターンに備える。

 一方強い闘争心で注意深く戦えている緒方。
 自分がやるべきことをやるだけ、結果は神様が決めると緒方はサーブを放つ。

 エーちゃんの予想はワイド、しかし緒方の狙いはセンター。
 逆をつかれたエーちゃんは何とか返すのが精一杯。

 今までどおりどんな結果であれ、受けいれると考える緒方。
 両手バックを決め、5-3とした緒方。

 やられたエーちゃん。
 それでも緒方のサーブ2本のうち1本返せればいいと、自分を信じて緒方のサーブに備える。

 今度はセンター狙いのサーブを読み当て、リターンダッシュ。
 前につめ、ボレーを決めにいくエーちゃん。
 しかし、その球は緒方に拾われ、逆に決め返される。

 ――かと思った球は際どくアウト。
 これで5-4となり、追いついてきたエーちゃん。

 それに沸く観客達――というところで<#225 天の利>につづく。


 4-1という崖っぷちから、5-4まで巻き返したエーちゃん。
 あえて強気で攻めるというのが、効を奏し始めている感じです。

 この精神状態なら、ゾーンに入ったっておかしくないだろうくらいの勢いです。


 とはいえ、ギリギリのところで、ポイントしているのは変わりないんで、まだまだ予断を許さないと言う感じではあります。

 そして次回サブタイが、天の利、これってどういう展開だ?


 23巻は9月14日(金)に発売。
 敬老の日の関係でいつもより、発売日が早いです。

 ベイビーステップ(23) (講談社コミックス)
 ベイビーステップ(23) (講談社コミックス)


 最後にサブタイをチェックして一言。 
 それにしても今回のサブタイは……本当は自信過剰なのかな?
 いや、過剰ってな感じでもないですが。

 ミニブレイクってサブタイが連続していますんで、ミスはミスだと思いますが。
 どっちにしろ単行本で修正ですね。

スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2012/09/05 22:37 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード