fc2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ #254 「自分へ」 感想


 いよいよ始まるエーちゃんと神田の最終セット。
 その前にエーちゃんが描いた『勝つビジョン』そこでハッキリさせた第2セットの敗因は大きくは2つ。

 一つは神田がエーちゃんの情報を上回るプレーをしてきたこと。
 もう一つは、エーちゃんが神田を攻め切れなかったこと。

 そのためまず、ブレイクされたタイブレイクの2ポイントの情報を基本に戦略を立てる。
 そしてその戦略には、神田を攻め切れるだけの攻撃の変化が必要になる。
 とは言え、よかった攻撃は継続。

 つまりは、勝つために何を継続して、何を変えるか、それを具体化したのが『勝つビジョン』。

 ブレイクされる原因になったサーブはリスクを上げる。
 チェンジオブペースのよかったトコは継続、それでも攻め切るためチェンジオブペースの一部はリスクを上げる。

 まず、サーブは思い切っていくしかない。
 球威を増して、コースは厳しく、でもできる限り安全に。

 神田も予想外のスピードだったものの、ファーストサーブはネットに。

 しかし、エーちゃんはそれだけのリスクを負ったのだから、仕方がないと気持ちを切り替える。
 その上で、この勝つビジョンをやりきるしか勝つ方法がないと、セカンドでもリスクを高めていく。

 セカンドでも予想外のサーブに神田のリターンは押される。
 そしてサーブで優位に立ったエーちゃんは即座に、フォアの直球で1/64に強打。
 更に次はジャンプショット。
 これに対する神田のショットはネットを越えず、15-0と第3セット、頭の頭を取ることに成功。

 これはエーちゃんの思い通りの展開。
 あとはこれをどれだけ継続できるかということ。
 リスクを上げれば上げるほど成功の継続は難しくなる、だからどうしても上げなくてはならないリスクだけを上げる。
 まずは攻撃の基本中の基本であるサーブ。
 そしてエーちゃんの戦術の基本、チェンジオブペースの中の一部。
 決め手となるジャンプショットを打つための、そのひとつ前のショット。
 リスクをただ漠然と上げるのではなく、上げる所を限定して集中できれば、リスクを最小限に攻撃性をアップできる。

 そのためのサーブ。
 そして、ジャンプショットにいく前のショット。

 先ほどは強い直球、今度は滑る球で1/64にコントロール。

 そのショットで攻撃のギアを上げたのは、対戦相手の神田だけなく、観客席のなっちゃんも感じるほど。
 先ほどとは違う球種で神田のタイミングを崩す。
 が、完全に崩れたかは微妙。
 それでも強引にジャンプで攻める。

 すると、ジャンプで決まらなくても、その次で決めることができる。

 このエーちゃんの戦術によって、神田はタイミングが取りづらくなる。
 攻撃の切り替えのようなショットが決め手となってきているとなっちゃんも太鼓判。
 そして当のエーちゃんも手ごたえ十分。
 ジャンプショットに繋げる直前のショット、それを苦手なショットのないエーちゃんの特徴を活かして様々なショットで攪乱。
 ここを1/64以上のハイリスクでコントロールできればジャンプショットは今までよりも決まると。

 大事なのは優位に立ったらすぐ打つこと。
 その上で、直球、スピン、スライスの中にライジングを混ぜて、相手に的を絞らせないように厳しくコントロール。

 サービスゲームだからうまくいっているこの流れを、今のうちに身体でリズムを掴むんだとエーちゃんはガンガン攻める。
 そして最後にはジャンプショットを決め、第1セットをキープ。

 このキープは青井コーチも納得。
 これをリターンゲームでどこまでできるかだと。

(いくらうまくいっても神田くんは、きっとさらにその上を来る・・・・。だから、安心は出来ない。でも上をいかれた、また新しい情報を集めて『勝つビジョン』を描き直して、さらに上を行けば

いい。経験の少ない俺は今までそうやって、格上の選手を超えてきた・・・・。・・・・これが自分の信じる戦い方・・・・。俺は情報を集めてそれを分析して、勝ちに繋げるしかないんだ!)
 エーちゃんは第1セットを取っても、油断せず、常に勝つビジョンを更新してし続けて、勝ちに繋げようとする。

 一方の神田。
(キープできたサーブゲームをさらに強化させてきやがった・・・・。・・・・その自身はノートでの勉強のせいかだってのか? 最終セットは好きじゃねえが、俺は過去の戦績だけ見れば間違いなく得

意。それは鹿梅でこいつらの前で戦うようになって更に強くなった。極限状態の中で仲間に支えられながら、最後は自分の力で乗り越える・・・・。そうやって何度も勝利を積み重ねてきた自信が俺

にはある・・・・!)
 積み重ねてきた自信を糧にサービスゲームに臨む。

 そして、そんな中、なっちゃんは一つの確信を得る。
(エーちゃんは自信がないから必要なだけ自分を信じる要素をあげて、自分を信じ込むって言ってたけど、もうしっかり信じられるだけの自分を持ってるよ。だから大丈夫! 頑張れエーちゃん

!)

 そしてなっちゃんは、エーちゃんの勝利を信じ、コートに背を向け歩き出す――というところで、次回<#255 今と未来>につづく。


 とりあえず、第2セットを取られたことでチャレンジが始まった『勝つビジョン』。
 ポイント、ポイント、というか、サーブとジャンプショット直前のショットのリスクを高めて、ガンガン行くぜ的な。

 これさり気にやっていますけど、凄いことですよね。
 サーブにしたって、第1セットで神田対策でコース重視にしたばっかりだと思ったら、今度は+球威ですから。

 まぁ、確かにその分リスクも高いのでしょうが……。

 とりえず、今の流れですと、エーちゃんのサービスゲームは安心して見ていられるという感じですか?
 どう神田をブレイクするのか的な。

 そう感じさせるだけの勢いがありそうなエーちゃんです。


 それだけに、なっちゃんがエーちゃんのことを信じて、コートに背を向け(多分)清水さんのコートに向かうシーンとか、なんか燃える。えっと……萌える?
 いや、この信頼関係が凄いなぁと。


 ベイビーステップ(26) (少年マガジンコミックス)
 ベイビーステップ(26) (少年マガジンコミックス)

スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2013/05/22 23:55 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード