FC2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第11話 「そして、それぞれの舞台の幕が上がり、祭りは最高にフェスティバっている。」 感想

 雪乃は、文化祭実行委員の副委員長として委員長の相模を補佐することを引き受けた。その仕事ぶりは、相模の存在がかすむほど。バランスを欠いた実行委員会の機能はマヒしはじめ、実務が雪乃に集中することになってしまった。そのせいか、ついに体調を崩した雪乃は学校を休んでしまい…。


 体調不良で休んでしまったゆきのん。
 彼女を見舞うため、由比ヶ浜と一緒に彼女のマンションに向かうヒッキー。

 そこで、由比ヶ浜は無茶をするゆきのん、そして約束していたフォローをできなかったヒッキーに怒りをぶつけ、もっと頼ってくれと心中を吐露。


 そしてゆきのんも復活した文実。
 こちらはスローガン決めで一悶着。

 そこで挙がった美辞麗句? の数々。
 その中でもさがみんが出したものは『絆 ~ともに助け合う文化祭~』というもの。

 それには思わずヒッキーがドン引き。
 その反応が癪に障ったさがみんと一触即発に。

 更にこれに対抗して出したヒッキーのスローガン。
 『人 ~よく見たら片方楽してる文化祭~』に、一同絶句。

 ただ姉のんだけ、大爆笑という、シュールな絵図らに。
 
 結局、ゆきのんに却下されるわけですが、その発言のため、ヒッキーは完全に文実の中で浮いた存在に。


 『ヒキタニくん@がんばらない』という明確な“敵”の出現で、一つにまとまり始めた文実は今までにない頑張りを見せ始める。

 そしていよいよ始まる文化祭。
 さがみんは初っ端の挨拶からトチったりと、彼女にとっては厳しいスタートとなるが、全体としては上々の立ち上がり。
 ヒッキーの2-F『星ミュ』も葉山ファン総立ちの盛況っぷり。

 また別クラスの揉めている行列もゆきのん、めぐめぐ会長達で、問題を解決していく。

 そんな中、さがみんはトイレで独り、凹んでいて……。


 というところで、次回につづく。


 ヒッキーのヒールっぷりが、マジぱなくカッコいい今回です。
 まぁ、次回もですが……。


 やっぱりこの辺の話は好きだなぁ。
 でもめぐめぐ会長の「残念だな……。真面目な子だと思ってたよ……」が省略されてしまっていたのは意外。

 そして円陣を省略したのは、許せない。
 あのシーン好きなのに。

 円陣のシーンもその後の由比ヶ浜とのやり取りも。
 ホント、好きなシーンなのに。


 しかし、今回のでれのんシーンの連続は破壊力抜群だなぁと。




 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第1巻 (初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説152P・サントラCD同梱) [Blu-ray]
 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第1巻 (初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説152P・サントラCD同梱) [Blu-ray]
スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2013/06/14 20:16 ] アニメ感想 | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第11話「そして、それぞれの舞台の幕が上がり祭りは最高にフェスティバっている。」
『雪乃は、文化祭実行委員の副委員長として委員長の相模を補佐することを引き受けた。その仕事ぶりは、相模の存在がかすむほど。バランスを欠いた実行委員会の機能はマヒしはじめ、...
[2013/06/14 20:45] Spare Time
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第11話「そして、それぞれの舞台の幕が上がり祭りは最高にフェスティバっている。」
『雪乃は、文化祭実行委員の副委員長として委員長の相模を補佐することを引き受けた。その仕事ぶりは、相模の存在がかすむほど。バランスを欠いた実行委員会の機能はマヒしはじめ、...
[2013/06/14 20:45] Spare Time
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード