fc2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ #262 「自立」 感想


 神田にブレイクされてしまい、迎えた最終セット、第24ゲーム。
 エーちゃんが全てを懸けて放った渾身のジャンプショットはアウト。

 その判定を聞いた瞬間、ただでさえふらついていたエーちゃんの膝の力が完全に抜けて、膝を付いてしまう。

「ゲームセット アンド マッチ ウォンバイ 神田。カウント5-7 7-6 13-11」

 そしてそれと同時に、神田の勝利を、そしてエーちゃんの敗北を告げるコールが。

 神田の勝利に沸く鹿梅応援団、一方で少なからずショックを隠し切れないエーちゃん応援団。

 が、エーちゃん父が、試合を称え拍手を。
 それを皮切りに広がっていく拍手。

 そんな中、神田は握手を求めるが、勝ったはずの神田の方が不満気。
(勝ちは勝ちだ・・・・。どっちが最後まで攻め続けたかを競ったわけじゃない。クソッ・・とにかく俺は勝ったんだ!)

「ありがとうございましたっ!!」

 その鬱憤を晴らすような大音声。
 そしてこの試合を糧にしてみせると決意。

 熱戦の余韻冷めやらぬ観客席。
 荒谷はエーちゃんの敗因を連想の疲労からかと推測。
 また、2人ともこの一試合でどれだけ強くなっているんだとも感じる。


 試合が終わり、まだ若干ボーっとしているエーちゃん。
 そんな、エーちゃんの前にこの試合応援してくれた皆が。

「あ・・・・。あの・・えーと・・、応援・・ありがとうございました!」

 と頭を深々と下げる。そしてそのまま続ける。

「それと・・・・期待に応えられなくてごめんなさい・・・・」

 そんな風に頭を下げるエーちゃんの肩に手をかけ、
「何言ってんだ。お前は本当によくやったよ」
 とエーちゃんの健闘を称えるエーちゃん父。

 そして素人目にはエーちゃんの方が強かったと励ます景山と佐々木さん。

 そんなことをしていると、ラケット会社の須藤さんとウェア会社の小ノ澤さんが。
 その二人を皮切りに今度は、マスコミと大学関係者がエーちゃんを囲み取材。 

 そしてエーちゃんに関して少し早めに目をつけていた宮本記者は感慨深げにその様子を見守る。
 が、出遅れたことに気づき、慌ててその輪へ。


 囲み取材に戸惑うエーちゃん。
 だが、そこに落ち込んだ様子は見られない。

 思ったより大丈夫そうだと安心する景山と佐々木さん。
「どうだろう・・・・試合直後って意外に実感わかないから。もちろん大丈夫だとは思うけど・・・・」
 と、一人心配そうななっちゃん。

 その一方でエーちゃんの足を心配する青井コーチはチェックすることを伝える。
 そして、これから先のことはじっくり考えるとして、まずは明日のことをどうすか尋ねる。
 帰るか、残って決勝を観ていくかの選択。

 これはエーちゃんが決めていいとのこと。

 一瞬迷うエーちゃんだったが、なっちゃんにウェアの裾を掴まれ、残ることを決意。


 その後、エーちゃんは3位のメダルと賞状を受け取り、景山と佐々木にさんに別れを告げホテルへ。
 そこで食事を取り、風呂にも入り要約一息つく。

 そこでいつものようにノートを取りだし、試合内容をチェック――。
 したところで、もう試合がないことに気づき、完全にクセになっていたことに改めて気づくことに。

 そして別のノートを取りだす。
 それは以前書いた計画表。

 両親説得のため全日本ジュニア優勝を掲げて1年。
 約束は約束だと、優勝にバツ印を。
 それはその先にあるプロという目標を諦めるということ。

(でもあらかじめ考えておいてよかったな・・・・。じゃなきゃきっと今ごろ途方に暮れてた。ただ・・プロになれなかっただけだ・・・・。テニスをやめなきゃいけないわけじゃない・・・・lだから・・)

 予想よりも平然としていたエーちゃんだったが、改めてプロを諦めなければならないと気づかされ、段々と悔しさが湧き出してくる。
 その悔しさを必死の形相で、今日の反省点としてノートにまとめていく。

 あまりに熱中するあまり、なっちゃんからの電話にも気づかない。

 エーちゃんの今後は――、そしてなっちゃんは頂上決戦へ――というところで次回<#263 二つの挑戦>につづく。


 ………………………………。

 ………………………………。

 ………………………………。

 ………………………………。

 ………………………………。


 って、えぇっ!?
 本当にエーちゃん負けちゃいましたけど……。

 どっちが最後まで挑戦しつづけられたかといえばエーちゃんなのでしょう。
 その辺は神田の『どっちが最後まで攻め続けたかを競ったわけじゃない』って言葉に表れているかと思います。

 これはむしろ神田がやろうとしていた鹿梅精神のそれに近いものがあるのでしょうし。
 だからこそ勝った神田がこれだけ悔しがっているのでしょうし。

 勝負に勝って試合に負けたという典型例なのかもしれません。



 が、全日本ジュニア優勝が必須だったエーちゃんには、いくら勝負で勝とうが試合に負けたらそこで、プロ挑戦終了なんですよ。
 むしろ物語終了ですよ。

 エーちゃんの戦いはこれまでだってな感じですよ。


 とりあえず、次回はなっちゃんの決勝が描かれるのでしょうが、今後どうなるんだろ?
 いや、本当に。

 ここまで来て、本当に大学編とかになるのか?
 


ベイビーステップ(26) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ(26) (少年マガジンコミックス)

スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2013/07/24 22:31 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード