fc2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ TVアニメ化決定記念番外編 感想

 なっちゃんがまだ小学6年の頃。
 スポーツ万能の池は女子からの人気も高い。
 そんな池の幼なじみということで、なっちゃんは羨ましがられたり。

(爽ちゃんてモテるんだー・・。なんとなく悪い気はしないけど・・・・)

 テニスをする池という、一番カッコイイ姿を知っているからこそ、尚更。
 池は7歳の時になっちゃんに誘われテニスを始め、最初から上手かったが、最近でどんどん勝つようになり、県の大会なら優勝することも多くなってきた。
 それがなっちゃんにとっては嬉しいことだった。

 それが中学に入ると、池と付き合っているのかと尋ねられることが多くなってきた。
 当然のようにそれを否定するなっちゃんだが。

(爽ちゃんと付き合う・・ねえ・・。んー・・でもなぁ)

 
 後日、大会直後、池は緒方に負けた不満をぶちまける。
 その様子に、なっちゃんはそもそも恋愛に興味なんてあるのかという疑問を覚える。

 すると、
「・・・・あいつ、強えクセに彼女とかいてさ」
 と。
 ちょうどいい切欠とばかりに、なっちゃんは池に恋愛に興味があるのか尋ねてみる。

 すると、
「女と遊んでる暇があったらブルドッグ顔のコーチと練習してる方がマシだな」
 と一刀両断。

 それも予想どうりの答えだったため、なっちゃんも納得。
 小さい頃言っていた『爽ちゃんのお嫁さんになる』なんて風にならないよねと。

 そんなことがあった数週間後に、緒方が怪我で戦線離脱。
 池はますます練習に没頭するようになり、中学2年に上がるころには同学年に敵はいなくなり、一つ上の天才と呼ばれたタクマさんにも勝つようになっていた。

 一方のなっちゃんは、たまに全国に出られればいい方。
 それでもすごいのだが、プロになり、グランドスラムに出るなんて遠い夢でしかなかった。

 なっちゃんは、ずっと近くにいるはずの池に、ちょっとずつ離れていく感覚を感じ始める。

 そんな中、行われた大会で清水さんに負けてしまったなっちゃん。
「またアキちゃんに負けちゃった・・。頑張ってるのに・・何で強くなれないのかな・・」

 そんななっちゃんの言葉に池の反応は淡泊。

「頑張ってる・・・・ねぇ・・」

 なっちゃんは、その言葉を聞いて、赤面。
 走り出してしまう。

(何言ってるんだろ私・・・・。バカだ・・! つい弱気になって・・・・。『ナツは頑張ってるよ』って・・・・。『いつか勝てるよ』なんて言って慰めて欲しかったの!? 違う・・・・! そんなこと言って欲しかった訳じゃない・・!)

 なっちゃんは涙を堪えて、さらに強く思う。

(爽ちゃんに負けたくない!! そうだ・・・。私は爽ちゃんの恋人になりたいわけじゃない。爽ちゃんはカッコイイけど憧れで、そして負けたくないライバルで・・・・何でも言い合える親友だから)

 だかこそ、池がアメリカへ移住、そして向こうのクラブを拠点にして練習しながら世界を回りポイントを稼ぐと聞いた際も、淋しいどころか嬉しさを爆発。


「そっか・・・・! ついに本格的に動き出すんだね! 頑張ってね! あっ、ケガには気を付けて! いつから!」

 と池が拍子抜けするような反応だった。

 すると、池は、
「あー・・その今だから言うけどさ・・・・」
 と言いにくそうに話し始める。
 それに思わず胸をときめかせそうになるなっちゃんだが、続く池の言葉は予想外のものだった。
「お前・・・・、俺のこと好きだったろ」
「は・・はあ~~~~!?」
「悪いな・・、俺、お前のこと 兄妹とか親友とか、そんな風にしか見れねーから。俺よりいい男探せよ」

 そんな感じの会話を残り、池はあっさり海外へ。

(ずいぶん差を付けられちゃったけど、いつか追いつきたいな・・・・。いつか・・・・)


――そして私は高校生になった・・・・。

(・・にしても爽ちゃんよりいい男か・・・・)

――いつか出会えるんだろうか。そんな人に――・・


 そんな思いを胸に臨む、入学式。
 通路を挟んだその横には、エーちゃんの姿が――というところで『ベイビーステップ』プロローグという今回の話は終了。


 1巻に続くってところでしょうか。


 うん。
 まぁ、なんと言うか。

 甘酸っぱいー!!


 どこの少女漫画ですかと。
 いや、まぁ、少女漫画は守備範囲外ですので、偏見ですが……。

 清水さんに負けて落ち込むなっちゃんに優しい言葉をかけない池も池ですが。
 池が海外に出る際に満面の笑顔で送り出すなっちゃんもなっちゃんですか。


 お互いに兄妹のようで、ライバルであり、親友であるという認識も嘘ではないのでしょう。
 ないのでしょうが、やっぱりそれだけではなかったと思わせる雰囲気がちらほらといった具合でしょうか。


 やっぱり甘酸っぱいです。


 そして最後のコマのエーちゃんとなっちゃんの距離感がまた絶妙ですね。
bssp-01_R.jpg


 まだ接点のない二人なわけですが、だかこそ通路を挟んだ隣側というのが、なんかこう、もう。


 まぁ、なっちゃんと池との物語ということで、エーちゃんとの絡みがまったくなく淋しい限りなのですが……。

 その分表紙が。

 bssp-03_R.jpg

 もう、破壊力抜群です。


 しかし、なっちゃん視点での物語の展開というのは非常に新鮮でした。



 ……なっちゃん水着特製スポーツタオルかぁ。
 欲しいなぁ。
 どうしよう。



 あとは最後に。
 なっちゃんが高校入学を機に髪を切ったというのは知っていましたが……。
 改めて言おう。

 何で切ったし。


 bssp-02_R.jpg


 セーラー服に髪型といい、こちらも破壊力抜群なのですよ。




 マガジンSPECIAL (スペシャル) 2013年 12/5号 [雑誌]
 マガジンSPECIAL (スペシャル) 2013年 12/5号 [雑誌]

スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2013/11/20 23:29 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード