第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベイビーステップ #290 「変換」 感想


 ボディショットを囮に最後はロブを決め、ブレイクすることに成功したエーちゃん。
 このエーちゃんの上手さに沸く観客。

 そしてピートもエーちゃんに思わず感心してしまうが、すぐにそれどころがじゃにと気持ちを引き締める。

 エーちゃんが力技で来たためムキにしってしまった。そこを見透かされたと反省するピート。
 エーちゃんのショットには全て意味があり、明確な意図を持って試合を組み立てているのだと。
 それこそ、シナリオを描くように。


 一方のエーちゃん。
 なんとかうまくいったことに一安心。
 あれ以上正面狙いは続けられなかったため、決められなければ苦しかった。
 でも次キープできれば勝ち。
 しかし、こういう競った試合ほど、勝負を決めるのが難しいということは承知。

 とそこで、かかるタイムのコール。

 ここで終わらせるため集中力を高めるエーちゃんと、ブレイクして崖っぷちからの脱却を図るピート。

 エーちゃんのサーブは的を絞るのが難しい。
 そのため、どこで主導権を奪いフォアで攻めるか、考えるピート。

 簡単にフォアで攻撃はさせないとするエーちゃんは、スライスでワイドいっぱいにコントロール。

 それなら簡単にピートに主導権を渡すことはない。

 そうすることで、次はピートのバックハンドの高い位置へはずむスピン。
 ピートの片手バックは高い打点になると安定感はあっても威力はない。
 そこを攻めるのがピートの基本対策。
 そこでピートがどう出るかで展開が決まる。

 フォアを打てないピート。
 そして高い打点のバックから何度もやられているため、ここで早く仕掛けたいと。
 安定感よりも、力が欲しいと、いつも以上の力でフルスイング。


 すると、その打球はエーちゃんの予想をはるかに超える威力のショットとなる。

 が、それは大きく外れ、15-0となる。
 が、そのとんでもない威力にエーちゃんも、危機感を覚える。

 一方のピート。
 今のスイングはテイクバックがいつもよりも高い位置になり、バッティングで使う力で打ったもの。
 下半身だけでなく、身体の中心から右上半身の何年も繰り返し使った筋肉を使って。

 本来野球とテニスは身体の使い方が似ているようで違う。
 しかし、左打者のスイングと右利きのテニスのバックハンドは、近い筋力を使えるのかもしれないと考える。
 そして今の大きなアウトをどう修正すればいいのか、自分ならわかるはずだと。
 今の打撃っぽいスイングをテニス向けに修正できれば、まだ間に合うと。


 エーちゃんもこの場面でピートがヤケになったとは思わない。
 何かを変えようとしていることを判断。
 しかし、要注意ということを意識しつつも、追い込んでいる証拠だと、変わらず攻める。

 ピートもフォア中心で戦う積りではいる。

 そしてエーちゃんはやはりバック狙い。
 その上で、またミスをしてくれれば、一歩前進と、再び跳ねるスピン。

 するとピートは先ほどより強く意識して、バッティングフォームをトレースしてスイン。
 今度はライナー性の打球を狙い打つ感触で。

 すると鋭い打球が、ギリギリライン上に入る。

 高い位置からの片手バックにも関わらず、凄まじい威力。
 それだけにエーちゃんの警戒心がぐっと上がる。

 そしてピートも、野球が思った以上にテニスに応用できるかのしれないという可能性に手応え。
 そしてこのショットをもう少し自分のものにできれば、広い守備範囲と球威を兼ね備えた完璧な片手バックハンドが完成すると。

 ただ、この試合中にどこまで完成に持っていけるかという問題がある。


 一方のエーちゃんも、今の威力を目の当たりにしただけに、ハックハンド狙いを避けるべきかという考えも脳裏を過る。
 が、意識をしないという選択でいく。

 するとピートのリターンはいつものバックハンド。
 あんなショットは連打できないと判断。
 打ってくるとしたら勝負の時、それ以外はいつも通り、囚われたらダメだと。
 そして、あのバックハンドもすごいが、ピートの本当の脅威はあくまでもフォア。

 そのフォアに推されて若干甘くなったショット。
 それに対して、ピートは野球打ちバックを放つ――というところで次号休載。

 <#291 堂々勝負>につづく。



 そろそろ決着かと思ったら、ピートがまだ進化の幅がありましたか。

 サブタイの変換もピートのこと。


 それにしても、まさかの野球打ち。
 そういえばピートが野球経験者っていう場面は、エーちゃんのフォアスライスへのタイミングの取り方くらいしかありませんでしたからね。

 あとはトラウマくらい。

 しかし、いくら馴染んだ打ち方とはいえ、そう簡単に何度も決まるとも思えないのですが……。
 それこそ、このゲームだけでモノにできるとは。

 でも、どうなるんですかね。

 気になるところで、休載。


 単行本の修正作業とかの関係ですかね?

 あと、アニメが始まるトコでマガスペに番外編が載ったりするのかなぁとか考えたりもするのですが……。


 

 


 ベイビーステップ 感想一覧


 
 ベイビーステップ(30) (少年マガジンコミックス)
 ベイビーステップ(30) (週刊少年マガジンKC)
 
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2014/03/05 23:03 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
久しぶりに調子が悪くなかったので、ベビステ感想のブランク部分埋めが完了。
次はコミックの感想にいけたらいいなぁ。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。