第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ 第07話 「9分割と現実」 感想

 これからの練習次第で、強くなれると栄一郎(えいいちろう)に言う三浦(みうら)コーチ。そして栄一郎に「強くなりたいなら朝7時にSTCに来なさい」と告げる。翌朝、強くなりたいと願う栄一郎を待っていたのは、三浦コーチと(1)~(9)までの数字が書かれ9分割に分けられたテニスコートだった。訳がわからない栄一郎にコーチは「君が強くなるためのコートだよ」と言うのだが、果たして、コーチの言葉の意味とは…?


 bsa07-01.jpg

 三浦コーチに誘われたエーちゃん。
 そこでコントロールショットの基礎を学ぶ。

 9分割したコートにコントロールし、一球一球きっちり意識した『確かな一球』として身体に覚えさせることで、確実にコントロールを増していくエーちゃん。

 そしてゆくゆくは――。

 bsa07-02.jpg

 100分割を目指す。

 具体的には22話くらいで?


 が、まぁ、このコントロールショットはあくまでも基礎の基礎。

 ということで、生きた球を打つ練習も。

 bsa07-03.jpg


 その相手は――準決で宮川を、そして決勝で荒谷を破り、神奈川ジュニアテニスサーキットで優勝を果たしたタクマさん。


 最初こそやる気のなかったタクマさんだが、三浦コーチに乗せられ、エーちゃんとの試合に応じることに。


 bsa07-04.jpg

 そこでエーちゃん、大林戦で身に着けたコートカバーリング、そしてたった今覚えたコントロールショットで、タクマさんから先にポイントを奪う。

 が。

 bsa07-05.jpg

 現実は厳しい。

 コースを予測しても、取ることができない。

 更に、予測して動き出すと、その逆を突かれる。

『すべての球を取って、それをコントロールできれば理論的には負けない』

 それを覆す現実。

 それを目の当たりにして、さすがのエーちゃんも凹む――。

 bsa07-07.jpg

 かと思いきや、タクマさんとキャリアと練習内容を訊き、自分の限界一杯一杯までのスケジュールを組んで、それでもタクマさんに届かないのか、再検討をしようとする。

 そんなエーちゃんの考え方に、池にトラウマを植え付けられたタクマさんも、今の自分が逃げていたみたいだと痛感することに。


 bsa07-08.jpg

 そして、エーちゃんは夏休みを利用し、タクマさんに何度も何度も再戦を申し込む。

 更に、今大会上位シードだった選手は出場しない、エーちゃんにとっての2度目の試合が間近に迫る――というところで次回につづく。


 うん、まぁ、次回はエーちゃん飛躍の刻になるわけですが……。

 あとは、12巻収録のなっちゃん呼びの番外編も物語に組み込むっぽいですね。


 なっちゃんの「結局どっちなの」を可愛く表現してほしい所なんですが……。

 ちょっと、次回予告の作画がやや不安な気がしないでもないです。


 bsa07-06.jpg

 そしてエーちゃん世代、最強すぎてみんなのトラウマメーカー池の存在が。
 本当に、みんな大なり小なりトラウマを植え付けられていますからね。

 特に同じSTC所属というタクマさんはより顕著に。

 池相手にトラウマがないのって、緒方くらいのものでしょうし……。






 ベイビーステップ原作感想一覧

 ベイビーステップアニメ感想一覧 


 ベイビーステップ Vol.1 [DVD]
 ベイビーステップ Vol.1 [DVD]

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2014/05/18 21:45 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード