第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ #299 「未知」 感想


 全日本選手権、予選1回戦。
 エーちゃんは小西さん相手に、実力差以上の苦戦を強いられつつも第1セットを奪取。

 そこでエーちゃんは、体力温存。
 その一言が脳裏を過る。

 それはとにかく早く試合を終わらせようとして、一球一球全力でやってきたものの、この試合中に体力を温存する方法もあるのではという考え。
 パフォーマンスを落とさずに体力だけを温存する方法があるのではと。

 温存とはいえ、サーブはいつも通り。
 エーちゃんの好サーブ、それでも小西さんも好リターンで応酬。

 するとエーちゃん、強打も厳しいコースも避け、とりあえず深く返す。

 そうすることで、守備的に戦って第1セットを落とした小西さんの様子を覗う。
 が、小西さんはここでも積極的に攻めてくることはせず。

 ならばと、エーちゃんは無理を避ける方向にシフトチェンジ。
 『全力で球に追いつきながら頭をフル回転してコースと球威を決めて・・・・即座に勝負を決めにいく』スタイルより、『一歩後ろに下がって余裕を持ったフットワークで1/9くらいのコースに攻め込まれない程度の球威で・・・・焦らず勝負を決めにいくタイミングを待つ・・・・』そのスタイルに。

 ポイント間は長くなるものの、精神的にも、ストップ&ダッシュが激しくない分体力的にも楽。

 第1セットを取りつつも、強気な攻めを見せないエーちゃん。
 そこで小西さんは強打で仕掛ける。

 するとエーちゃん、この無理に攻めてきたスキを突いて、カウンター。
 これが決まり15-0。


 すると「公男さん、ここ一本!」と奥さんが小西さんに声援を。

 この声援に力をもらった小西さん。
 今年は予選じゃ負けられないと、リターンから強打。
 さらにはリターンダッシュ。

 エーちゃんもその横を抜く強打を放つが、小西さんはその球に飛びつき、15-15とする。

 bs299-01_R.jpg

 小西さんのその必死に様子に、エーちゃんは相手は自分よりも経験が上の大人なのだと実感。
 より、気持ちを引き締める。

(少しでも気を抜いたらやられる・・。攻めに転じた相手のテンポに惑わされないように・・・・。攻め込まれないように・・・・なるべく深く。この戦い方はたぶんうまくいっている・・・・)


 チャンスを見て、エーちゃんはドロップ。
 そして必要な時には必要なだけのリスクを負い、ポイントを決める。

 このままの流れでエーちゃんは第1ゲームを予想よりもいい感じでキープ。
 相手が攻めればミスも出るため、やはり楽になっている気がすると。

 一方の小西さんも、エーちゃんの壁のような安定感と、攻めに転じた時の攻撃に苦しんでいることを実感。

 そして第2ゲーム、エーちゃんはここでブレイク――といういつもの考えを捨て、まずサーブを深く返すことに集中。
 攻めることよりも攻められないこと優先する。

 小西さんのコースをついた好サーブも、一歩下がっているため、深く返すだけならば余裕がある。
 そのままフォアの打ち合いになると、エーちゃんも優位は奪えないものの、疲れもない。
 でも、どこかで機会を見つけて攻めに転じる積りは忘れない。

 その膠着を破ったのは小西さん。
 得意なフォアのダウンザラインに打ちこんでくる。

 しかし、第1セットで小西さんの得手不得手は把握したエーちゃん。
 これをなるべく速いスライスでバックハンド側へ。

 これに何とか反応した小西さん。
 しかし、チャンスボールとなった球をエーちゃんが決める。

 bs299-02_R.jpg

(温存するってことは油断したり、手を抜いたりすることじゃない。相手の実力をできるだけ正確に把握して・・・・、リスクを負う所を見極めて・・・・低いリスクで高いリターンを得られるように戦うこと)

 そう認識したエーちゃん。
 全力全開で攻め続けた第1セットよりいいと手応えを。1ポイントに時間はかかるものの、取れる確率は高い。
 さらに攻める時と守る時がハッキリしたため、チェンジオブペースも活きてくる。
 しかも相手がよく見え、やろうとしている一歩先がわかるほど。


 こうして完全に流れを掴んだエーちゃん、第2ゲームをブレイク、そして第3ゲームもキープ。


 ここに来て、完全にエーちゃんペースということを強く認識せざるを得ない小西さん。
 予選を抜け出すには、もっと大きな変化が必要なのだと決断。


 そして第4ゲーム。
 小西さんはギアを上げ、強打の連続。
 それは無理をしているはずなのに、入ってくる。

 bs299-03_R.jpg


 エーちゃんは、その小西さんのプレーも見極めようとする――というところで次回<#300 経験則>につづく。



 いや、温存ということで、変な風に空まわって、エーちゃんのピンチを迎えるかとも思いましたが。

 いい方向に転びましたね。

 頭と身体常にフル回転だったのが、要所要所を締めるみたいか感じになったわけですか。
 まぁ、いつもこんな風にできるわけではないでしょうが……。

 まぁ、これで少しはエーちゃんの体力も楽になるのではないでしょうか。


 さてさて、小西さんも守備的スタイルを捨てて、もっと攻めるスタイルに変更しようかという流れ。
 エーちゃん塾発動状態ですか。

 というか、精神面が挑戦モードに入って、状態もかなりいいのかもですね。


 これでも温存できるのか否か。
 温存→全開でさらにチェンジオブペースが活きるのか。


 さてさて、どうなのかなぁ。

 あと次回300回ですが、特にこれといってアナウンスはありませんでしたね。

 まぁ、つい最近の#297がCカラーでしたし。






 ベイビーステップ原作感想一覧

 ベイビーステップアニメ感想一覧 



 ベイビーステップ 31 (少年マガジンコミックス)
 ベイビーステップ 31 (少年マガジンコミックス)

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2014/05/21 11:45 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
久しぶりに調子が悪くなかったので、ベビステ感想のブランク部分埋めが完了。
次はコミックの感想にいけたらいいなぁ。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード