第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ #302 「根拠」 感想

 

 全日本選手権には本選から出場するなっちゃん。
 そんなわけで、本選に向けてSTCで調整中。

 調子は良さそうで、6時に上がり。

 するとエントランスで試合を終え、返ってきたエーちゃんとバッタリ。
 エーちゃんの勝利を祝いつつ、一緒に戦っているつもりで練習しているからコンディションも気合も充分だと言うなっちゃん。

 試合を終えたエーちゃんが、わざわざSTCに来たのは、特別練習――という名の、浅野さんの試合を映像での研究。

 強い選手ということで、STC内の映像でもDVD10枚以上に及ぶ情報が。

 それを青井コーチと諭吉と一緒に研究するエーちゃん。

 浅野さん。

 フォア、バック両方から速さの違うスライスを、ほとんど同じフォームで打ち分ける。
 そしてロブもスライスで打つという、スライスだけでも本当に何種類も持っている。

 25歳の時には、世界の強豪相手に他の選手が力で圧倒される中、浅野さんは海外でも結果を残した。
 あの身体で技術を武器に力と対抗する姿は、多くの日本人選手の憧れで、青井さんの世代にとってはヒーローだった人物。

 しかし、練習方法や選手自身の体力やラケットの進歩で、テニスは一定以上の力が必要になってしまった。
 それ頃、同時に浅野さんの肉体のピークを過ぎてしまっていた。

 そのため、5年前くらいから急に勝てなくなってしまった。

 それだけに、今回エーちゃんは本来しない、力勝負をするのも手かもしれないという青井コーチ。

 しかし、最新の試合を偵察してきた諭吉。
 そこで浅野さんはスライスを活かすために強力なスピンを意識的に打っていたと報告。

 そこで青井コーチは浅野さんが進化の末、エーちゃんと同様チェンジオブペースにいきついたのだと。

 そしてその他にも諭吉が仕入れた情報が。
 それを言いたくてそわそわしている諭吉。

 その情報とは、浅野さんがプロポーズ――再プロポーズで玉砕したというもの。

 最初のプロポーズ玉砕は知っていたものの、その理由も現役でいることにこだわっているからだと改めて知ることになったエーちゃん。

 この戦い。

 どうしてもプロになりたいエーちゃんと、どうしてもプロであり続けたい浅野さんとの戦いということになる。

 青井コーチが似た印象をもつ二人同士。


 エーちゃんは、そうまでもしてもプロであり続けようとする浅野さんに、感化される。
 プロの世界の魅力を改めて感じ、早く皆に認められるようなプロになりたいと。


 そんな中、帰り支度をしたなっちゃんが。

 エーちゃんと一緒に帰ろうと待っていたなっちゃん。
 既に時刻は8時半ということで、浅野さんのDVDは貸出ということで、解散になる。
 
 なっちゃんと一緒にかえるエーちゃん。
 なっちゃんが寒そうな仕草をすると、照れつつも、手を差し出すエーちゃん。

 bs302-01_R.jpg

 ということで、手を繋いで帰る2人。
 エーちゃんはその暖かさに、選手生命が終わった後、老人になってもなっちゃんと一緒にいたいという気持ちを強める。

 浅野さんとの試合を応援にいけないというなっちゃん。
 それでも応援していると一言。

 その応援に、なっちゃんも絶対勝つという。

 そして翌日、エーちゃんと浅野さんとの試合。
 浅野さんは観客の様子をチラチラ見て、寧々さんが来ていないことにショックを受ける。

 そんな気持ちを頬を叩いて振り払い。

 一方のエーちゃん。
 映像で浅野さんの研究は充分。
 その凄さを知った上で、プロになるために、今の浅野さんを超えなければならないと気合充分。
 プロの世界へ飛び込むつもりで、この一戦に臨む。

 エーちゃんからのサーブ。
 浅野さんの目から見ても、好サーブを打つエーちゃん。
 サーブで優位に立ったところで、間髪いれずスピンで追い込むつもりで、更に前へ。

 際どいコースへコントロールしたスピン。
 苦しくなった浅野さんは、エーちゃんの予想通りバックのスライス。

 このスライスを狙っているエーちゃんは、前が有利と判断してもボレー。
 最初のポイントはエーちゃんの思いどおりの展開。

 しかし、それでも浅野さんは不敵な笑みを――というところで次回<#303 力と技>につづく。


 巻頭カラーかと思ったら違いました。

 まぁ、31巻とオールAノートが昨日同時発売ですから、勝木先生ちょっと働きすぎって感じになっちゃいますよね。
 休載一回で足りるのかってくらいに。


 一気に浅野さんとの試合に入るのかと思いきや、ちょっとだけ1クッション。
 というか、まぁ、今回の後半には試合が始まっているわけですが……。

 予選、最大の山場がやってきましたか。


 とりあえず、まだ1ポイントのみですが、エーちゃんの思いどおりの展開。


 それだけに何が起こるかなぁって感じがヒシヒシと。



 それはさて置き、久し振りのなっちゃん分って感じですが、31巻や、オールAノートがありましたので、それほど久し振りという印象がなかったです。



スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2014/06/18 22:48 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード