第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ #304 「人の歴史」 感想

 ゲームカウントは1-1。
 速い・遅い・ロブと3種類のスライスを同じフォームで打ってくる浅野さん。
 さらに、フラットも途中までそっくりなフォームのため、判別が難しい。
 その上、配球もいいため、簡単に対応することはできない。

 そんな中でエーちゃんは、やらなくてはいけないことを3つ心がける。

 ①ある程度、動き出しが遅れるのを覚悟で、しっかり球を見る。
 ②左右や上を抜かれるのを覚悟でバウンドする前に打てるよう前に出る。
 ③リスクを覚悟で浅野さんより俺が勝ってる力とスピードを活かしたチェンジオブペースで勝負する。

 エーちゃんは覚悟を決め、それらを実行する。

 サーブ&ボレーで攻める。
 そして浅野さんの打った沈める球にも対応し、浅野さんを走らせるようコースに打つ。

 そして打ってくるであろうスライスに対応するために、さらに一歩前へ。
 そこで浅野さんの打つスライスを打つ。

 bs304-01_R.jpg

 が、そのスライスはエーちゃんの予想よりも更に遅いもの。
 しかもネット際で沈む変化を見せる。

 これでは速球で返すことができず、浅野さんに戻る時間を与えてしまう。
 するとフォアの強打を決められてしまい、0-15となる。

 またしても慕うスライスでやられてしまったエーちゃん。
 スライスだけで何種類あるのかという疑問を抱きつつも、息を吐いて気持ちを切り替える。


 するとエーちゃん力重視だったスタイルから、一転、スピンで球威を落とす。
 そして、サーブで先手を打つと、フォアでの高速スライスを早めに見せておく。

 bs304-02_R.jpg

 先ほど見せたスピンよりも速いスライスに、さすがの浅野さんもタイミングが合わずネットに。


(おいおい・・・・。こんな速いスライス・・・・。しかも高校生が? 力技の次は難易度の高い技術ショット。随分といろいろ持ってんじゃねえかよ・・・・)


 エーちゃん、力とスピードで勝っていても、浅野さんにはそれに対応する技術と経験があると、力技一辺倒ではなく、あくまでチェンジオブペースの中で使うと。

 鋭角ショットで浅野さんをコートの外に出し、空いたオープンコートに今度はライジングで打ち、浅野さんに戻る時間を与えずにポイント。

 すると今度はドロップを決める。

 多彩な攻撃を見せるエーちゃんに、本来こういうテニスは短いキャリアでできるものじゃないと考える浅野さん。

 そして技術では及ばないと感じつつも、サーブゲームの有利な展開でなら対抗しつつ、勝負どころは力技でいくエーちゃん。

 最後はジャンプショットを決め、このゲームをキープ。


 チェンジコートの休憩中、浅野さんに僅かな笑みが浮かぶ。
 それはエーちゃんのプレースタイル故。

(技術のテニスに力の融合・・・・。・・・・いいね。すげーよ・・・・なかなか若い奴にできるもんじゃない)

 技術と力、浅野さんはテニスを始めたばかりの頃からそればかりを考えていた。
 当時のテニス界は驚異の身体能力を持った超人が世界の頂点に君臨していた。
 誰もがそれを破るのはそれを凌ぐ力だと思っていたが、そこに現れたのは、恐るべき技術の天才。

 でも、その天才から天下を奪ったのは驚異のストロークを力を持つ剛腕で、再び力のテニスへ。

 しかし、その流れに待ったをかけたのが、見事なサーブ&ボレーの繊細な技術だった。

 後にまたがそれが力に抑えこまれると、再び華麗な技術で常識を覆す選手が現れる。

 そして現在は力の時代となっている。
 テニスは力と技術の時代を交互にくり返しながら、それらが少しずつ融合ことで進化している。

 しかし、ここ最近は力の支配が長く続きすぎている。

 それだけに浅野さんは次に世界を変えるのは技術だと。
 今のおテニスを変えるのは現代の力を融合させた先鋭的な技術しかないと。
 そしてそれを成し遂げるのは、誰より多く長く技術で勝負してきた俺の役目と。

 浅野さんはスライスを中心に攻めつつ、ロブ、ドロップでエーちゃんを翻弄。
 そして、最後にはバックハンドのフラットをストレートに決め、キープ。

 ゲームカウント2-2に。

 浅野さん、エーちゃんも技術に力を融合させたテニスもできそうだが、まだ早いねと僅かに余裕を覗かせる。

 bs304-03_R.jpg

 そしてそんなキープ合戦が始まったコートに近づく寧々さんの姿が――というところで次回<#305 返し技>につづく。



 まさか、浅野さんのスライスにまだ種類があったとは。
 とはいえ、これがないと、スライスを狙い打ちされますもんね。


 でも、エーちゃんの高速スライスも炸裂。
 それに鋭角、ドロップ、ジャンプショットと、エーちゃんの技術+力を見て、浅野さんけっこう楽しそうですよね。

 まだ、まだ早いと思ってはいますが、この試合の展開如何によって、エーちゃんがいい感じに浅野さんの理念を継承する感じになりそうですかね。


 bs304-04_R.jpg

 そしてまさかの合作番外編。
 
 






 ベイビーステップ原作感想一覧

 ベイビーステップアニメ感想一覧

  ベイビーステップ(31) (少年マガジンコミックス)
 ベイビーステップ(31) (少年マガジンコミックス)

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2014/07/02 19:58 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
久しぶりに調子が悪くなかったので、ベビステ感想のブランク部分埋めが完了。
次はコミックの感想にいけたらいいなぁ。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード