第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ナナマルサンバツ QUESTION 42 感想

 絶対に負けられない、戦い。
 ってな感じで表紙を。

 nanaamru42-01_R.jpg

 ナニワの天満兄弟や。あんじょう、よろしゅう。
 ってな感じでCカラー。

 合宿2日目、目を覚ました識は、昨日のかるたで筋肉痛というまさかの展開。
 寝落ちしたため、昨晩のことはうろ覚えということで、一緒の部屋で寝ていた天満兄弟のこともスルーで。

 折角京都まで来たのだからということで、景色を見に散歩に。

 そして携帯していた地図を両手に、散策――ではなく、広げるのは地図ではなく問題集と。
 鴨川の畔に座り、笹島先輩から預かったボタンを押しながら、早押しの特訓。


 すると、そこに現れたのは、真理。
 ワンピース――ではなくチュニック姿の真理に思わず見とれる識だが、話題は真理のその恰好。
 チュニックがクイズのネタになりそうだという話へ。

 そして真理が現在女性向けのファッションやグルメ、カルチャー問題に取り組んでいるのだという話を聞き、識はそういう問題を拾えるメンバーがいると心強いと。

 真理、識の持つ白いボタンを見て、「いいな…」と思わず本音が。

 nanamaru42-02_R.jpg

 その様子に思わず押してみますかとボタンを渡そうとするが、真理は拒否。

 その拗ねた様子から、一転、立ち上がる。

「負けないから・・・!」
「え?」
「SQに向けて…この合宿でパワーアップよ!」
「うん、気合入れてこ!」
「そして…」

 ここで勢い余った真理が、識の方へ倒れこむ。
 ほぼ押し倒すような形になりながらも、真理の視線は識の持つボタンへ。

「――――私ね…」

 nanamaru42-03_R.jpg

「越山くんにも負けないから」


 そう真っ直ぐな視線で、宣言する。


 が、その時点で、唐突に恥ずかしさが。
 脱兎のごとく、その場を立ち去る真理。

「お……怒らせた? …わけじゃないよね…」

(あの眼差しは知ってる……。あれは……。そう、これは…。宣戦布告……!)

 nanamaru42-04_R.jpg

(僕をクイズに誘ってくれた。クイズの楽しさを教えてくれた。一緒にがんばってくれて……そのうえ、僕が一番熱くなる言葉まで……!)

 そんな思いに駆られつつ、宿に帰ると真理はまだ帰っておらず、入り口で皆がちょうど集合という形になり、天馬兄に、

「なんやコレつやつやふわっふわ。ごっつかわいいやんかぁ――」

 と。

 まぁ、そんなこともありつつ、天満兄弟が要約自己紹介。

 翌日には帰るという笹島先輩に、竜壱はさっそく徹クイを申し込む。

「お前とクイズをするのは……中学卒業の時以来か」
「せやで、1年と137日ぶりや。笹さんおらんとオレのクイズも鈍ってまう…。笹やんも出しや、持っとるやろ? ガンガン押したるわ!」

 そういって竜壱が取り出したのは、白いボタン。

「白いボタン!? 先輩のと同じ……?」

 思わず識が自分の持つボタンを取り出し。

 それを持つのが、笹島部長が預けたからだということで、竜壱の興味は識にも。

 nanamaru42-05_R.jpg

 そのためクイズ勝負は二人羽織の変則タッグ戦へ――というところで次回につづく。


 識が笹島先輩の白ボタンを託されたことを気にしていた真理ですが、ここで伏線回収ってな感じ

 若干ベタ的展開ですが……。

 むしろ、それがいい。


 超、萌えますし、燃えます。


 そして天満兄弟と変則クイズ対決。
 西の大本命のメインキャラ的である天満兄弟。

 開城か帝山がSQラスボス的ポジションでしょう。
 その一角との対決。

 どんな感じになるやら。


 あとは白ボタンの謎?
 そりゃ、早押しボタンを一人で持っているとも考えにくいですか。

 何かの誓いの品的なものなんですかね。

 今の識と同じように、笹島先輩や天満兄も託されている的なことは――ないかなぁ。
 
 この二人羽織勝負が終わったら語られるんですかね。



 ヤングエース 2014年 08月号
 ヤングエース 2014年 08月号

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2014/08/01 21:57 ] コミック感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード