FC2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ネギま! 286時間目 「マギア・エレベアvs.ネギ・パーティ」 感想

 スタートは夕映とのどかの会話から。

 夕映の記憶は戻り……つつある。
 麻帆良学園をはじめ、図書館探検部など中学二年の冬頃までは思い出せるものの、その後は断片的な記憶のみ。

 ネギが来てからの記憶はほぼ無し。


 下書きが残っていたのはここまで。
 というミスを二回繰り返しました。


 夕映とのどかの会話にコレットたちが加わり、ちょっとした騒ぎ。
 委員長の件を引きずるビーものどかの「きっと…取り戻せますよ」の言葉に僅かに表情が緩む。


 扉絵。
 出番が少なかったアスナは別として、ルーナ嬢もいいポジションだなぁ。
 ネギの横というよりはやや後ろといったところか。

 仮契約未経験の4人組み。
 ネギを探し歩く前に、暴走ネギが。

 亜子が襲われる瞬間、ペアでもらったブレスレットが目に入りネギの攻撃が止まる。
 そこにエヴァの凍てつく氷柩。
 ネギ氷漬け。

 消耗したネギは半暴走状態のままベッドへ。
 その傍らでエヴァがネギの現状を4人組みへ説明。

 まき絵がネギの手に触れると、その部分が治っていく。
 それを見て、4人組み全員で、文字通りの“手当て”。

 カモがやや強引に仮契約の話を進めようとし、それを千雨が突っ込み阻止。
 それに裕奈が寝ているトコをやるのはヒキョーと。
 その言葉に寝込みというか、寝起きに仮契約をした千雨はダメージ。

 ネギのように世界のために身を捨てて尽くすことを理解できない裕奈。
 それが偉大なる魔法使いを目指すものの本分だという高音先輩。
 それは裕奈の両親も一緒と。

 一方亜子はネギと成長薬を見て悶々。


 感想は続きから。

 まさかの2回ミス。
 無駄に疲れました。


 ネギの処置は一気にやり終えるわけではないのか。
 暴走させ、また通常状態に。
 というか“手当て”で通常状態に戻ったのはエヴァも想定外なんじゃないですかね、驚いた様子こそありませんでしたが。
 そして翌日また同じメニュー。

 何回も繰り返していたらネギの身体が持たないでしょうから、短期決着で済ますとは思いますが。
 連載的に短期かはわかりませんが……。

 しかし、ネギに手を触れただけで、暴走状態が治まるってのはどういうことだろ?
 仲間との絆によってどうこうなるのか?
 だった何だかんだで最後の最後では独りよがりになりがちなネギがもっと心を開いて、仲間との絆を大切にしていけ的な展開?

 そして次回は裕奈と亜子の回か?
 まき絵は……今回かっこ良過ぎたんで、次回の話題の中心にはならないんじゃないかと……。


 あと本来一番最初に持ってくるはずだった感想。
 夕映の記憶の戻り方は結構微妙。
 というか、まだ記憶が戻りきっていないためでしょうが、ユエ・ファランドールが綾瀬夕映の記憶を手に入れたという印象が強いです。
 記憶喪失ネタを引っ張る分、記憶を完全に取り戻したときのリアクションに期待が持てるんじゃないかと期待しています。

 
スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2010/04/15 17:31 ] 魔法先生ネギま! | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ネギま!関連サイト巡回(04/16)
■「第三の書庫」さん「ネギま! 286時間目 「マギア・エレベアvs.ネギ・パーティ」 感想」 >ネギの処置は一気にやり終えるわけではないのか。...
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード