第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ #329 「成長」 感想


 第2セット、最初のサーブゲームをブレイクされてしまったエーちゃん。

 一番大事な場面で、またしても想定外のショットでやられてしまったことに、ショックを隠し切れない。


(いくら何でも攻撃的すぎる・・。こっちはやるべきことはできているのに・・、その上をいかれる・・・・)

 それでも、頭を振り、気持ちを切り替える。

(そうだ・・。今のは何度もできるショットじゃない。それよりブレイクし返すんだ・・。集中を切らすな!)


 タクマさんのセンターへの211キロのサーブ。
 これをまずは返す。


 一方で、ブレイクしたことで完全に優位に立ったタクマさん。
 むしろここから、絶対有利になった時こそ、気を引き締めると。

 フォアのダウンザラインが決まり、15-0。


 それでもエーちゃんも全くブレイクできない感触ではない。
 ファーストサーブのコースもかなり読めている。
 あとはこのサーブからどう優位を奪うかが鍵となる。


 センターへのサーブはまず沈める。
 それでもまだ劣勢、抜くか、足元に強くか、一瞬の逡巡。
 そしてエーちゃんの選択は、攻守逆転を狙っての、パッシング。

 するとタクマさんは、これをスルー。
 というわけで、そのパッシングショットは勢いが強くアウト。


 すると今度はタクマさんのサーブを読めず。
 226キロのサーブがワイドにエースで決まる。

 40-0となる。

 さすがのエーちゃんも、全てのサーブのコースを当てられるわけではない。


 が、ここでタクマさんがファーストをミス。
 セカンドサーブには徹底的にプレッシャーを掛ける積りのエーちゃん。

 だが、タクマさんのセカンドサーブは、センターへの221キロ。
 ファーストサーブと変わらない威力のサーブに、エーちゃんは反応できず。

 ラブゲームでのキープを許してしまう。


 さすがにセカンドサーブで221キロという出鱈目っぷりに観客も騒然。
 どうしようもないくらいに強いと。

 茫然自失のエーちゃんだが、コートチェンジの際に、ノートをチェックしながら、焦っても仕方がないと気持ちを落ち着かせる。

 今のは、自分が考えてどうこうなるものではなかった。
 このセットに入ってのタクマさんのファーストサーブの成功率は60%、今のゲームは75%もある。
 200キロ超のサーブをこの確率で入れ続けるタクマさんは、エーちゃんの知る限り一番調子がいい。

 これがずっと続くとは思わないものの、もうそんなに時間もない。

 結局考えがまとまるまえに、タイムのコールがかかってしまう。

 とりあえず、まずは自分のサーブゲームをキープ。
 それを最優先にする。


 エーちゃんのサーブはワイドへのスライス。
 タクマさんもこれを強くリターンするものの、体勢は崩れている。

 エーちゃんは前にも来ていないことを確認し、オープンコートへコントロール。
 するとそれに追いついたタクマさん、伸びる強引なアプローチを打ち、前へ。


 これにはワンテポ早く打つことで、タイミングを掴んだエーちゃん。
 それをダウンザラインにコントロール、前に出たタクマさんのサイドを抜く。

 これで15-0。

 タクマさん、ワンブレイクしても次のブレイクを狙っている。
 先ほどのようにブレイクさせず、このゲームで自分がブレイクする手がかりを掴むべくエーちゃんはプレー。

 タクマさんの強引な伸びるアプローチショットは入れば脅威。
 しかし、強引な分ミスも出るし、タイミングを掴んだエーちゃんには簡単には通用しなくなる。

 更にエーちゃんはタクマさんを前に出さないよう上下左右前後にコントロールを徹底、タクマさんを前に出させても有利にならないよう丁寧なチェンジオブペースを展開。

 時間をかけてでも、なんとか決定打に持ち込み攻め続け、何とかキープに成功。

 ゲームカウントを3-1とする。

 もうこれ以上ブレイクされるわけにはいかない。
 それだけでは足りず、勝つためにはブレイクが必須。

 しかしタクマさんのサーブは絶好調。
 センターへのサーブは230キロ。

 しかし、エーちゃんはこれにも反応。
 しっかりタイミングを合わせてリターンするも、ネットにかかり15-0。

 でもあと5cmでネットを越えていた。
 確実にタイミングは合ってきている。


 でも、絶好調のタクマさんは、そのエーちゃんを凌駕する。

 ワイドへのサーブ。
 これが236キロと今日最速を更新する。

 エーちゃんも反応しているものの、ラケットに触れることすらできない。
 もうサーブだけで勝つ勢い。


 これにはエーちゃんも困惑。

(ちょっと待ってくれ・・。これじゃ・・・・、いくら何でも・・・・)


 ますます威力を増すタクマさんのサーブに、なす術が――というところで次回<#330 涙>につづく。



 エーちゃん、ブレイクされても、次のサーブゲームは無事キープ。
 でも、その勢いを吹き飛ばす、タクマさんのスーパーサーブ。


 それで次回サブタイが涙。


 …………まさか、負けを覚悟しての涙とかそんなじゃ、ないですよね。



 エーちゃんが、そう簡単に心が折れるとは思えないですが。
 ちょっと、大丈夫と言い切れない不安さがあります。



スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2015/01/21 20:48 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード