第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7巻 感想

 新生【ヘスティア・ファミリア】始動!
 『戦争遊戯(ウォーゲーム)』という激戦を乗り越え新に眷族となったリリ、ヴェルフ、そして命。
 ベルのもう一つの家族。深まる絆。だが、
 「ここは私達のホーム、女主の神娼殿さ」
 命を追ってベルが迷い込んでしまったのはオラリオの歓楽街。【イシュタル・ファミリア】が管理する『夜の街』。
 「私はこの歓楽街に買われた身です」
 そこで少年は囚われの身である極東の少女、春姫と出会う。
 蠢く陰謀に呑み込まれるベルが下す選択は──。

 『これっきりでいい、なろう、あの人の英雄に──』

 これは、少年が歩み、女神が記す、
 ── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──


 さて、前回の『戦争遊戯』を終え、ひと段落という感じでもなく、物語は進むなぁという感じ。

 うん。
 ファミリアが大きくなって、そのお祝いにアイズが花束を贈る話。
 その花は雪落花――『お前たちの死を望む』という花言葉を持つ宣戦布告の意味を持つ花束。

 というわけで、アニメイトで買ってきました、僕。


 表紙は誰だろうなぁと公開された時から思っていましたが、新キャラ。
 春姫嬢。

 命達の幼なじみ。
 そして英雄譚に憧れる娼婦の少女。
 
 ってな感じで、彼女の中心に物語は展開。
 あとがきでも語られているように、劇場版という印象は確かに持つかもしれまん。

 何というか既存キャラの登場が少ないというのがその理由なんですかね。
 アイズはもとより、リリ、ヴェルフ当たりも戦闘に殆ど関与しませんし。

 ベルを一応主人公にし、命をサブ主人公、そして春姫をメインヒロインに据えた劇場版というのが一番しっくりくる言い方ですかね、やっぱり。

 なろう、あの人の『英雄』に。
 娼婦であろうと破滅だろうと、その手を掴みとってやれる、彼女が憧れた『英雄』に。

 この一言で集約されるべき物語。
 王道故に燃えます、相変わらず。

 
 さて、今回は結構新情報が出てきましたね。

 ベル君、レベル3に。
 今度は1か月というレコード記録。

 ヘスティアナイフの代金、2億ヴァリス。
 その借金のせいで、皆逃げることに。
 でもダフネ嬢とカサンドラ嬢は実際のトコどうだろ?

 あとは憧憬一途の副次効果とか。

 あと地味にフレイアファミリアと、ロキファミリアの実力差とか。

 正直言って、フレイアファミリアの方がだいぶ格上っぽいですけど。

 danmachi-n-07-02_R.jpg

 都市唯一のレベル7であるところのオッタル。
 その他レベル6とか。
 もっと同格かと思っていましたが、上位陣の平均レベルが1違いそうな勢いじゃないですか?


 あとは春姫の『ウチデノコヅチ』――階位昇華というまさかの魔法。


 そして、前巻の予告通り、ほとんどダンジョンに籠っていないという。

 そして今回のメインとして娼館娼婦として、うっかり朝帰りしてしまったベル君。

 danmachi-n-07-01_R.jpg

 ヘスティア様もこの表情である。


 さてさて、既に次巻も6月発売ですし、その前にオラトリアの4巻ですし。
 一気に物語が進む感じですか?
 月刊オオモリーで。


 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)
 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)


 【Amazon.co.jp限定】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 【ヘスティア】グラフィグ付き限定特装版 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)
 【Amazon.co.jp限定】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 【ヘスティア】グラフィグ付き限定特装版 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)

 【Amazon.co.jp限定】 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)
 【Amazon.co.jp限定】 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)

 
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2015/04/14 23:09 ] ラノベ感想 | TB(1) | CM(1)
確かに、唯一のLV.7にして最強の冒険者であるオッタルを始めとしたメンバーを見るに、ロキ・ファミリアより強そうな感じですよね。
ただ、同じLV.でも格差はありますし、LV.3ながらも深層域で通用する強力な魔法を持つレフィーヤを見るに、最強の魔道師であるリヴェリアの火力は高そうですし、そういう意味で二強と言ってもいいのではないでしょうか。
少なくとも、イシュタル・ファミリアと違って一方的な蹂躙は無理な位に力の均衡はたもたれて、フレイヤ・ファミリアも戦えばただでは済まないでしょうし。
[ 2015/04/21 18:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7巻 ドラマCD付き特装版 レビュー
Lv.3のヒュアキントスを撃破した事で、僅か1ヶ月と、今回も世界最速でLv.3への【ランクアップ】を果たしたベル。 前例がなく、効果の程が定かではないレアアビリティの《幸運》は、 ...
[2015/04/21 18:41] ゲーム漬け
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード