第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベイビーステップ #340 「最終セット」 感想


 プレーヤーズラウンジにて、試合を終えた神田は、他の皆の試合結果を確認。

 井出は池に負け、荒谷も山口選手に敗れる。
 その一方で難波江が大黒選手に勝利。

 とそんな中、神田の目を引いたのはエーちゃんとタクマさんの試合。
 最終セットにはいっているということで、タクマさんと互角に戦っているということに、驚くことに。

 そのエーちゃんとタクマさんの最終セットは第2ゲームまで終わって、1-1。
 両者キープなものの、まだ第2セットの流れそのままにエーちゃんの優勢。
 時間こそかかっているものの、多くポイントしているのはエーちゃんの方。

 ゾーンはなんとか維持できている。
 とはいえ、今がベストとも限らないと、さらに上を目指すエーちゃん。

 エーちゃんももうだめだというところから一気に逆転しただけに、この先どんな優勢でもどうなるかわからないという思いも強い。


 タクマさんは、観ている池やなっちゃんのことを意識しすぎていることを自覚。
 カッコわるいところを見せたくないと。
 また今さらカッコつけても意味がないことも重々自覚。

 そんなタクマさんは、速度を落としてサーブを入れに来ている。
 速いサーブは確率がまだ低く、その上エーちゃんには慣れられている。

 そんなわけで、遅めのペース展開となる。
 そうなるとエーちゃんのペースで試合を展開できる。

 前に出たタクマさんの正面へ、なるべく早く沈める。
 しかも打ちにくい利き腕辺にピンポイントでコントロール。
 これで0-15。

 タクマさんはサーブが甘いことを痛感。
 そしてエーちゃんもタクマさんの動きが固いことを実感。


 エーちゃん、ここでサーブをワイドと予測。
 しかし、ここでタクマさんのサーブはセンターへ181キロ。

 さすがにピードから速度は落ちたものの、強烈なサーブ。
 コースが良く、予想を外すと途端に厳しくなる。

 タクマさん自身も、このサーブは悪くはないと感じるが、一方でこの程度では返ってくることを実感。
 嫌というほどコントロールされた球はどこに来るかを考える。

 エーちゃん、タクマさんの動きもいいため、一撃では抜けないと判断。
 そこでエーちゃんはショートクロスでタクマさんの逆を突く。

 するとタクマさん、このショットに、飛びつき、必死で返す。
 これがネット際に落ち、15-15。


 エーちゃんは狙った所にいったにもかかわらず、返されたことで、タクマさんの動きがよくなっていると判断。
 サーブは本調子でないながら、動きの柔らかさが戻ったこと。
 そしてその繊細なタッチがタクマさんの武器だと警戒を強める。

 タクマさん、今の動きバタバタしていたが悪くなかったという印象。
 このゲーム、自分がカッコ悪いと自覚してから、楽に動けているという感覚。

 ということで、それで良くなるなら、いくらでも言ってやると。

(俺は・・・・かっこよく・・ねえ!)

 胸中でそう呟いて放ったサーブは195キロのフラット。
 それがワイドに入り、エーちゃんはスライスで返そうとするものの、ネットに。

 これで30-15。

 今のはサーブが良かった。
 やはり、タクマさんはこのセットに入って、徐々に調子をあがてきていると。


(そういや、さっきまでサーブを触られただけでイラついてたのに・・・・、そんなんどうでもよくなった・・・・。まあ、そこまで自分に期待してねえってことなんだが・・・・。これって『俺はカッコよくねぇ』の効果なのか?
 だとしたら、これはいいかもな・・・・。ムダにイラつかないで済むだけじゃない・・・・)

 俺は・・かっこよく・・ねぇ!!

 ダサイリズムながら、これがタクマさんにハマる。

 201キロのスピンサーブがセンターへ決まり、ついにサービスエースとなる。
 第2セットの時ほどのスピードはないが、リズムが異なり、見た目、安定感もあるうえ、実際に入ってきている。

 絶好調時に戻るのではなく、違うサーブで根本から修正してきた。

 次のファーストサーブは外れたものの、あわやといういいサーブ。

 それでもセカンドではエーちゃんが攻める。
 前につめるタクマさんの前に強い球で沈める。

 そして少し甘くなった球を、ダウンザラインでウィナー。

 40-30と、エーちゃんの方も調子の良さを伺わせる。


 しかし、新しいリズムのタクマさん。
 次のラリーを制し、このゲームをキープ。

 2-1とする。

 タクマさん、このリズムは腑に落ちないものの、調子が上向くなら何でもいいという気構え。

 一方のエーちゃん。
 ゾーンでもブレイクができない。
 完全に狂ったはずの歯車を、2回のサーブゲームで修正してきた、これがタクマさんなのだと実感。

 また立て直してきたタクマさんは、これまで以上だと考える。
 でも、その上でも勝つという強い思いで臨む――というところで試合は早くも佳境へ向かう。

 というところで次回<#341 命取り>につづく。




 タクマさん、新リズム『俺は・・かっこよく・・ねぇ!!』で復調。

 ……こう書くとちょっと笑ってしまいますが、リズムが良くて、タクマさんが冷静になれるという点では、これ以上ないものなのかもしれません。

 ただ、調子がいい時にコレをやると逆に崩れてしまいそうな気がしますが、崩れかけの時には効果絶大かも。


 ゾーンが続くエーちゃんと、復調するタクマさん。
 こうなるとエーちゃんのゾーンがどこまで持続するかが鍵となりそうですかね。


 最終セット、予想以上に厳しい展開になりそうです。


 
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2015/04/15 23:49 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
久しぶりに調子が悪くなかったので、ベビステ感想のブランク部分埋めが完了。
次はコミックの感想にいけたらいいなぁ。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。