第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ #366 「総攻撃」 感想


 遅く強いスピンでスローダウンした試合展開の中、エーちゃんはドロップでを選択。

 意表を突いた形だが、これでも門馬さんは追いつく。
 それでも体勢を崩すことには成功。
 これでほぼ互角になったところで、一気に抜く。

 bs366-01_R.jpg

 そのつもりも、門馬さんはドロップを拾ったら、即座に後ろに下がる。
 予想外の戻りの速さに、エーちゃんも勝負にでるのを諦めざるを得ない。

 再び強いスピンで、ラリー戦にもつれ込む。
 しかもドロップを見せた分、エーちゃんの攻撃の選択肢が狭まる展開。

 前でリスクを負わずに済んだのはよかったものの、このままラリーが長くなれば体力的にエーちゃんの方が不利。

 ここをどうするべきか頭を悩ます。

 浅野さんだったらどう切り抜けるか。
 また門馬さんはここで、どう動くのか。

 膠着状態の中、門馬さんに動く気があるのかどうか。

(押すも引くもできない状態が長くなると・・、なぜか自分を殺すつもりの相手すら頼ってしまう・・・・。テニスがそれだけ孤独な戦いだからだ・・)

 そんな中、門馬さんが攻撃に転じるため、フォアに回り込む。

(・・・・だが守備は主体的にするもの。受け身になれば、それは優位を明け渡したことを意味する)

 bs366-02_R.jpg

 門馬さんのフォアのクロスに、苦し紛れのスライスで返すのが精一杯のエーちゃん。
 これで完全に優位を奪われてしまった。

 いっそ一発逆転にかけるかという思いも脳裏を過るが、ブレイクポイントのこの状況ではリスクが高すぎるため、その選択肢も取れない。

 こうなってしまうと、戦略もなにもなく、少しでも安全な所へ返すだけで精一杯。


「こういう長いラリーで優位を奪われるとキツいよな」

「自分の意志で動けないからやたら疲れるんですよね。門馬の言う通り丸尾が浅野さんになるのはまだ厳しいみたいですね」

「え・・・・? 俺になる必要はないだろう。丸尾くんには俺にないものを持ってるんだから」


 苦しい展開のエーちゃん。
 それでも遅い球のまま、状況は変えたい。

 bs366-03_R.jpg

 というわけで、エーちゃんここで回転が強く、遅くて深いスライスで門馬さんのタイミングを外そうとする。
 この球は弾まない分、門馬さんの直球系の球は浮きやすくなる。
 また少しでもタイミングを崩してくれれば、一気にチャンスも有り得るのだが、門馬さんはこの遅いスライスにもしっかりと待って、タイミングを合わせてくる。

 とはいえ、ブレイクポイントとということで、門馬さんにとってもこのエーちゃんの粘りは予想以上。
 エーちゃんの手数も予想よりも上。

 しかし、ここまで有利になってもまだ攻め込まない門馬さん。
 どこまでも慎重に1ポイントを取りに来ている。

 それだけに、どちらが、どう取るかで、これからの流れが大きく変わる重要ポイントとなってきた。

 ラリーの主導権を奪われ、いい加減息も切れてきているエーちゃん。
 これだけキツイ1ポイントは初めての経験。
 しかも、門馬さん相手に守り勝つ困難さは承知の上。

 しかし、ここはそれが必要な状況だと。

 bs366-04_R.jpg

(ほう・・・・。力勝負は逃げるくせに、精神勝負は逃げないんだな。精神力に自信があるんだろうが・・、残念ながらそれは俺もだ・・・・!)


 エーちゃんも、相手が世界54位だろうが、日本代表だろうが、負けられないんだという気持ちが強くなり、打ったスピン。
 これが今までのものよりも強くなり、結果、門馬さんのショットが少し浅く遅くなる。

 ここをチャンスだと、エーちゃんも攻めに転じる。

 が、エーちゃんもここで力が入り、タイミングを崩した分、浅くなってしまった。

 すると今度は門馬さんの反撃。
 フォアのクロス。

 bs366-05_R.jpg

 エーちゃんもこれに必死で飛びつくも、ラケットは届かず。

ついに門馬さんにブレイクされてしまう。

 地味ながら緊迫したラリー戦に観客も大興奮といった様子。

(やられた・・。完全にブレイクされた・・・・。でも・・、今のラリー・・・・。先に集中力が切れたのは門馬さんだ・・・・。そこだけは俺の勝ち!)

 bs366-06_R.jpg

(・・・・準決勝まで来るべくしてきたのはわかった。総じて・・・・まあまあだ)


 地獄の精神力削り合い、次回、急展開――というところで次回<#367 強行>につづく。



 エーちゃん、ブレイクは許してしまいましたが、門馬さんの評価は、とりあえず上向いたってところでしょうか?

 エーちゃんのメンタルの強さは、本物ですもんね。


 とはいえ、こう第2ゲームでのブレイクは手痛いですね。
 門馬さんはより積極的に攻勢に出れるでしょうし。

 これで逆に門馬さんの攻撃にでる分岐点を積極的に狙えるようになれば、あるいはワンチャン……。


 とはいえ、現状第1セットは苦しくなったなという印象は拭えません。



スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2015/11/11 22:40 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード