第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ #376 「南へ」 感想


 『プロ』らしく新たな戦いが始まる!

 bs376-01_R.jpg


 年が明け、エーちゃんはなっちゃんと初詣。

 と、それ以外はテニス漬けの日々。

 全日本選手権後から約一月半、さらに試合までの残り2週間も肉体改造のメニューを組んでのトレーニング。

 体幹強化、柔軟性の増加、体力増強。
 今エーちゃんがいち早く結果を出すには、遠回りのようで一番の近道となる練習。

 身体の強化は技術向上や集中力の持続だけでなく戦略の発想にも確実に影響する。
 試合の日程が決まってからは特に、それが実感できるくらい充実した練習が続く。

 そして勿論、例のプロテインも摂取。


 試合の日がいよいよ来、エーちゃんは単身オーストラリアへ乗り込む。
 オーストラリアは日本に比べて、テニス先進国。
 しかも有望な若手選手がどんどん育っている注目の地域。
 それだけに、どんな所かと、胸を膨らませることに。


 無事メルボルン空港にたどり着いたエーちゃん。
 遠かったものの、時差が少ない分フロリダへ行った時よりも楽。
 とはいえ、今回は当然マイクや池といった案内役がいないため、宿泊先まで一人で行かなければならない。
 しかも勉強しているとはいえ、英語も完璧ではないため不安は付きまとう。
 しかし、そこはエーちゃん、前もって下調べもしてあるし、時間に余裕もみて行動している。

 そして目的地行きの電車に乗り、一安心。

 そうして、景色を眺めていると、エーちゃんの目に入ってきたのは。

 全豪オープンのセンターコート、ロッドレーバーアリーナー。
 しかもGSは今週から始まるため、本選出場の池と門馬さん、それに予選から出場のタクマさんも来ているのもと。

 エーちゃんも当然、そこへ行けるようになりたい。
 そのための第一歩を踏み出す所だと。

 そしてエーちゃんの試合会場はどんな所かと期待しながら電車に揺られるが・・・・。


 段々と景色は寂れていく。


 そして2時間後。

 いよいよ次の駅で下車となるのだが、ほとんど家もないような景色に不安を覚える。

 地図アプリで場所も再確認するが、確かに合っている。
 一応、そのままホテルまで地図を見ながら、進むが、だだっ広く何もない、その上人気もない。

 それでも、要約ホテルを見つけ、一安心。
 チェックインし、部屋に入ったところで一息。

 が、着いたところでほっとしている場合じゃないと、明日の試合に備え、練習コートになっている試合会場に行き、身体をほぐしておかなければならない。

 というわけで、着替えを済ませ、試合会場へ。

 bs376-02_R.jpg

 そこは、思ったより、普通のクラブ。
 そしてコートが全豪と同じ綺麗な青色をしている。

 そしてスタッフに声を掛け、練習コートがどこなのか確認すると、コートはいくらでもあると笑うスタッフ。
 というわけで、好きな所で勝手にやれということらしい。

 日本ではないここでは説明も案内もなく、練習相手も自力で探さなければならない。

 早速、他の選手に声を掛けるも、中々うまくいかない。

 そんな中、アジア系の選手が一人でいるところを見つけ、声を掛ける。
 すると、今までどんな大会に出場していたのかを問われるエーちゃん。

 日本のジュニア、全日本選手権、フューチャーズは1度の出場というエーちゃんの実績に、他を当たってと素気無く断られてしまう。

 実績不足で断られたことにショックを隠せないエーちゃん。
 その後も、次々と声を掛けるも、言葉がヘタということもあり、練習相手が全然見つからない。

 コートが使える時間はあと1時間と迫り、まだ練習相手が見つからないエーちゃん。
 そんなエーちゃんを見かねて声を掛けてきたのは、そのコートのスタッフの? オジサン。

 ようやく練習相手を見つけたエーちゃんだが、決して上手とは言えない相手に調整は不完全燃焼に終わった。

 というわけで、この後走るなりして、もっと汗を流さなければならない。


 そして夜、食事を終えたエーちゃんは、ノートを取り、事前に準備してきた通りにはいかないと、初の海外遠征の難しさを改めて実感。

 緒戦の相手を調べるも、地元オーストラリアのアルバー・クリストフ。
 世界1476位の20歳という情報以上は得られない。

 わからないことだらけで不安なものの、これがプロの実践だと予想はしていた。

 もうプロとしての戦いは始まっているのだと。

 bs376-04_R.jpg


 そう考えると、思わず笑みが出てくるいい心理状態。

 まずは予選突破と意気込むが、外は風が強くなってきて、嵐の予感が――というところで次回<#377 セルフ>につづく。




 さて、いよいよオーストラリア入りしたエーちゃんですが、試合そのものよりも、その前段階で色々と躓いていますね。

 実績不足が、練習相手を得る段階で響くってのは、厳しい所ですね。


 とはいえ、エーちゃんの表情は明るいです。
 精神的に、一番いい『挑戦』のメンタリティで臨めている感じです。


 このままいけば、試合への入り方も悪くないと思うんですが……。

 何だか天候と一緒で、荒れそうな雰囲気が無きにしも非ず。

 それでいた次回サブタイがセルフ。
 ……まったく、展開が読めません。


 全くの見知らぬ土地での試合。
 海外試合の洗礼的なものですかね。


 この辺、門馬さんが、参考にするなら種村さんの話だってのが、分かりますね。

 bs376-03_R.jpg


 あと、エーちゃんの練習相手を素気無く断ったアジアの選手ですが、あんまりモブっぽくなかったですので、この大会のキーとなるキャラだったりするんですかね。



 
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2016/02/03 11:40 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード