第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

この素晴らしい世界に祝福を 第05話 「この魔剣にお値段を!」

 konosuba05-01.jpg

「もう限界! 借金に追われる生活!」

 借金に追われるアクアはカズマを説き伏せ、高難度クエストから討伐要素がない、湖の浄化クエストを受注する。
 水の女神たる自分にぴったりと自信満々のアクアだったが、湖には危険なモンスターが群れている。
 そこでカズマが考え出した妙案は、アクアを檻に入れて沈めることだった。これなら安心安全。
「決して使えない女神を湖に投棄しに来たわけではない」
 と心で頷くカズマだったが、モンスターの眼前にさらされることに変わりはなく……。
 クエスト帰り、放心状態のアクアを見て駆け寄ってきたのは、いかにも勇者然としたさわやか青年のキョウヤだった。


 konosuba05-02.jpg

 まだデュラハンの影響で、低難度クエストがないというわけで、受けた湖の浄化クエスト。
 それはアクアにトラウマを受け付ける結果に。

 konosuba05-03.jpg

 そんな中あった紅魔族はトレイ行かない発言。
 これが回収されるとは思わなかったのです。

 konosuba05-04.jpg

 そんな中、表れたのは、カズマより先に転生したミツルギ。
 
 konosuba05-05.jpg

 アクアの現状に対して、カズマに文句を言うミツルギ。
 その上で、カズマではなく、自分のパーティに入ればいいと、アクア始め、皆を誘うミツルギだが、

 konosuba05-06.jpg

 ミツルギへの印象は最悪。


 一方で魔剣というチートで現状にいるミツルギに対して、色々と思うことがあり、ミツルギの決闘の申し出を受けることに。

 

 その場で。

 konosuba05-07.jpg

 スティールで魔剣強奪からの、ラッキーパンチ。
 カズマの幸運が光り、カズマの勝利。

 konosuba05-08.jpg

 カズマのそのコンボに文句を言うミツルギパーティ。
 それをスティールで脅し、黙らせるクズマさん。

 そのままミツルギの魔剣グラムを貰い、売っぱらうことに。

 konosuba05-09.jpg

 そして一週間経ってダクネスの呪いを解くためにやってこないカズマ達に業を煮やし、デュラハンが再来襲というところで次回につづく。


 うん、まぁ、ミツルギの性格もアレですが、カズマがミツルギの魔剣についてチート云々言えた義理ではないと思うんですよね。
 今回の転生で魔剣を選んだのがミツルギなら、アクアを選んだのはカズマなわけですし。
 それをミツルギを苦労知らず、自分は苦労していたと言ってしまうのは、少し違うかなぁとは思ってしまう僕なのです。

 まぁ、どうでもいい話ですが。


 この素晴らしい世界に祝福を!     あぁ、駄女神さま (角川スニーカー文庫)
 この素晴らしい世界に祝福を! あぁ、駄女神さま (角川スニーカー文庫)


 
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2016/03/18 22:51 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード