第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ 出張読みきり番外編! 感想


 全日本ジュニアももう終わり、全日本選手権が迫りつつある10月。
 清水さんの元に、新しいコーチが。

 bss09-01_R.jpg


 新コーチはフランスから来た、ジャン・ベルナールコーチ。
 彼はビジネス界から転身して、フランスのテニスアカデミーで数多くのトップ選手を育てたという異色のコーチ。

 選手としてのアドバイスは清水さん母でもできるが、こと育てるノウハウはまた別物。

 ベルナールコーチは清水さんの練習を見て、また全日本ジュニアでも試合を映像で確認した上で、体型も心もまだ成熟していない。
 今こそ成長が必要な時だろうと判断。

 ベルナールコーチの指導方法は、まず選手をよく理解することから始まる。
 ということで、清水さん母に、清水さんのことを訊くことに。

 清水さんは幼少期からテニス中心の生活。
 そのため自主性に乏しくなってしまった。
 それでも、最近自分で何かをやろうと試みている最中。
 しかし、そのせいで全日本ジュニアでは負けてしまった。

 清水さんの変化のきっかけ。

 bss09-02_R.jpg

 それは直接確認したわけではないが失恋だと。
 しかも、ジュニアの試合で負けた相手に、恋愛でも負ける形で。

 その失恋を大事だと捉えるベルナールコーチ。

「それは大きなできごとだね。彼女は女性としての自信が持てないのかも。女性にとって、仕事とプライベートは切り離せるものじゃない。自立したレディになることでテニスにも自信がでるはずだ」

「そうなのよ。すぐ弱気になって泣いてしまうから、自信をつけて強くなってほしい」

「まずは彼女に自信を持たせる方向でアプローチしていこう。その中で彼女が試合をどう位置づけてとらえているか、本当の自分はなんなのか、お互いに理解していくことが大事だ」

 というわけで、ベルナールコーチは、まず清水さんの練習に具体的な指示ではなく、ショットをの度に、彼女が自信を持てるような言葉を投げかける。

 曰はく。

「いいね! 君のストロークは美しいよ! もっと伸びやかに」

「そう! 想像して! 君は誰より輝くことができるんだ!」

「ビューティフル!」

「今のショットは完璧だ! わかってる? 君は素晴らしいんだよ! 顔が苦しそうになってきた! 君は笑顔がステキなんだ。もっと、楽しもう!」

 といった具合に。

 しかし、清水さんの表情は優れない。

 そこで、ベルナールコーチは練習を終了。

 bss09-03_R.jpg

 清水さんの話が聞きたいと、母抜きでディナーに行こうと誘う。

 bss09-04_R.jpg

 しかも、とびっきりにおしゃれをしてと。

 そこで清水さんの怒りが頂点に。

「・・・・さっきからなんなんですか・・・・・・。美しいとか、ステキとか・・・・。甘いこと言えば調子にのると思ってるんですか?」

 bss09-05_R.jpg

「それに、デ・・デートみたいに誘ったり・・・・。・・・・そんなつもりじゃないのかもしれませんけど・・!」


 bss09-06_R.jpg

「そういうのいらないので、もっと厳しくして下さいっ!!!」


 清水さんの激しい自己主張。
 それにビックリする母とコーチ。

 というわけで、ベルナールコーチは考えを改めることに。

「彼女はあなたが思っているより、ずっと強い心を持っているようですね」

 ゆっくりいこうと、改めて握手を求めるベルナールコーチだが、清水さんは微妙に拒否反応――というところで今回は終了。


 マガジンSPECIAL 2016年No.4 [2016年3月19日発売] [雑誌]

 
 今回の番外編のこと知らなかったので、本屋に行ったらなっちゃんが表紙のマガスペが置いてあってビックリしましたよ。

 しかも、相変わらず内容がいい。


 今回は清水さんエピソード。


 #311で突如出てきた新コーチの正体的な話。
 うん、まぁ、正直、ベルナールコーチに関しては評価が難しい所かと。

 8月に全日本ジュニアを終えて、コーチ就任が10月。
 そして11月には全日本選手権だったわけですからね。

 如何せん、スグ試合だったわけですし。


 準優勝だった清水さんは予選から。
 ここを突破して、なっちゃんと同じく3回戦敗退。
 ……ベスト16でいいのかな?

 全日本選手権でも清水さんの活躍が描かれなかったことが非常に悔やまれます。
 いや、似たようなことは以前にも書いた記憶がありますが。

 この番外編が収録されるコミックに清水さんが誰に負けたのか的な情報が載ったりしますかね。
 たぶん、無いとは思いますが。



 しかし、清水さん強くなりましたね。
 精神的に。

 全日本ジュニアでは、早々にエーちゃんとなっちゃんの関係を知ることになり。
 篠田戦では精神的にもテニス的にもボロボロになり。

 そして決勝では恋敵であるなっちゃんに負けと。

 本当に苦しい大会だったかと。
 ですが、その分、一本芯が通った強さを得た感じが、していましたが。
 それが今回の話でより顕著に描かれていましたね。

 正直言って、今回の話で清水さんの好感度がだだ上がりですよ。



 清水さんの本編の登場がいつになるかは不明ですが、清水さんの更なる活躍に期待大です。




 そして次の番外編。


 折角浅野さんが全日本コーチになったことですし、寧々さんの話でもと心の底から思うココノイさんなのです。




 マガジンSPECIAL 2016年No.4 [2016年3月19日発売] [雑誌]
 マガジンSPECIAL 2016年No.4 [2016年3月19日発売] [雑誌]
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2016/03/20 00:48 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード