第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ #384 「GSの体感」 感想


「いいか江川・・・・。世界ランクは上の相手だが、芝のコートじゃ絶対お前の方が実力は上だ。様子を見ていく必要なんかないぞ。お前がやりたいように、やれば結果は必ずついてくる」

 そんなアドバイスを受けて、タクマさんの全英本戦出場への挑戦が始まる。

 bs384-01_R.jpg

 そしてコートサイドに浅野さんと来たエーちゃん。
 予選ながら観客の多さに驚くエーちゃん。

 しかし、それも当然。
 ウィンブルドンの予選を勝ち上がるのは、本選での初戦を勝ち上がるよりも難しいと言われるもの。
 ウィンブルドンは他のGSと違い、予選と本選の会場が違う。
 そのため、予選で負けてしまうとウィンブルドンに来たという気がしない。
 だからこそ、みんな本選のコートに立とうと必死になる。

 そんな話を浅野さんから聞いていると、タクマさんの試合が始まる。

 現在世界ランク193位のタクマさん。
 その相手は世界ランク147位、スペインのホアン・ペドロサ(26)。

 タクマさんのサーブからスタート。
 大事な最初のファーストサーブ。

 bs384-02_R.jpg

 これを会心のサーブでエースにする。

 これには、相手のホアンも観客も思わず息を飲む威力。

 一方でタクマさんの立ち上がりに本人はもとより、浅野さんとエーちゃんも「よしっ!」と。

 この勢いに乗ってもう一発とタクマさん。
 タクマさんの強烈なサーブにタイミングを合わしきれてないホアン。

 甘くなったリターンを前に詰めていたタクマさんが、しっかり決め30-0。


「おいっ・・あの東洋人のサーブ&ボレーすごいぞ!」
「サーブも速いし、ボレーも相当なもんだ」
「最近珍しいし、迫力あるから目立つなー!」

 タクマさんのプレーに観客も注目し始める。


 そしてタクマさんのプレーを間近で観るエーちゃん。

(こうして見ると、また相当レベルが上がってる・・・・)

 タクマさんはリターンゲームでもストロークで負けていない。
 しかも元々器用なため、芝を苦にせずプレーできる。

 しかもストローク戦の中、バックハンドのスピンで前へ詰める。
 これは今まではバックから前に出る時はスライスだったため、全日本以降に増えた新しい武器。

 スピンなら球もテンポも速くなる分、早く前に詰めて速い展開となる。
 一方で滞空時間の長いスライスと組み合わせれば、相当効果的。
 しかも滑って速く見える芝なら効き目増。

 タクマさんのプレーに感化され、色々と考え始め、小さく独り言を言い始めたエーちゃん。
 それを見た浅野さんは一安心といった体。


 そしてタクマさんはドロップを決め、第2ゲームをブレイク。

「若い奴がサーブ&ボレーを復権させるかもしれないぞ!」
「いや、このテンポの速さは進化系だろ」

 と既に注目の的となりつつあるタクマさん。

 エーちゃんも『かっこいいもんな・・・・』と納得。

 その後もタクマさんの流れは変わらず。

 サービスエースで第5ゲームを取り、ゲームカウントは4-1。


 ここまで来るとホアンも声を上げ、イライラを爆発。
 浅野さんは、海外の選手はあれで意外に冷静だったりするから、むしろ要注意とも言うが、タクマさんはその後もサーブの調子を上げ、相手を寄せ付けない。

 そして予選の1回戦を6-1、6-2でわずか1時間ほどで快勝した。


 この試合で一気に注目されたタクマさん。
 観客のサインなどに応える。


(俺・・この人に勝ったことあるんだよな・・・・)


 この試合で芝での戦いに自信をつけたタクマさんは、2回戦も圧勝。

 そして本戦出場を懸けた、5セットマッチの予選決勝も有利に試合を展開。
 第4セットで迎えたマッチポイント。

「ここも思い切って前だ、エガワ!」
「競ってもガンガン前に行けーっ!」

 タクマさんへの声援を飛ばす地元の新たなファン。

「ウィンブルドンはサーブ&ボレーが圧倒してきた歴史があるからな。特に俺より上の世代はこれを見るとたまらないんだよ」

 と浅野さん。


 タクマさんのサービンフォーザマッチ。
 タクマさんはサーブ&ボレーで決めに行く。

 試合を決める最重要ポイント。
 この一球に、一挙手一投足に観客の誰もが固唾をのみ、注目する舞台。

(いいなぁ・・・・)

 思わずエーちゃんはそんな思いが去来する。

 そして最後、タクマさんはハイボレーを決め、これでゲームセット。

 bs384-03_R.jpg

 6-4、3-6、7-6、7-5で試合を決め、本選出場を掴みとった。

 bs384-04_R.jpg

 これに浅野さん、エーちゃんら試合を観ていた面子がタクマさんに駆け寄る。
 そして本戦出場を決めたタクマさんには、疲労の色を滲ませながらも、笑顔を見せる。



 エーちゃん、自分もこんな試合がしたいという気持ちが高ぶる。
 そして本戦へ――というところで次回<#385 目前の頂>につづく。


 ウィンブルドン予選開幕。
 そして終了。

 タクマさんは無事、本選出場。

 ですが、河野さんとか、渡邊さんとかどうだったんですかね。
 16名が予選から上がっていけるわけですよね。


 しかし、タクマさんの試合は、やっぱりカッコいいんですよね。
 試合を観てファンになっていくのが分かる気がします。


 そしてエーちゃんのモチベーションも確実に上がっています。
 これで本選も合わせれば、完全にエーちゃんもスイッチが入るでしょう。

 ウィンブルドンに照準を合わせて、動き出すんですかね。
 あの全日本ジュニアで優勝を目標に動き出したように。
 明確な目標を持って。


スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2016/04/06 19:43 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
久しぶりに調子が悪くなかったので、ベビステ感想のブランク部分埋めが完了。
次はコミックの感想にいけたらいいなぁ。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード