第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

遊戯王ARC-V スケール10 「エンタメの結末!」 感想

 SPHR再販されましたね。
 5パック買ってΩ。

 調子にのってCPF1も5パック買ったら、見事に――。

 絶望皇でした。


 閑話休題。



 遊矢と素良のデュエルを見つめる二人の影。

 arc5s10-01_R.jpg

 そしてユーリから遊矢に再チェンジでデュエルは続行。
 遊矢のターン。

 素良は最後のAカードを狙い移動。
 一方遊矢はユーリの時に受けていたダメージ故に、走るだけに力も残っていない。

 というわけで、Aカードを取られる前に、攻撃をしかける。

 ペルソナ・ドラゴンとファントム・ドラゴンでPスケールをセッティング。
 そして手札から、ミラージュ・ドラゴン、更にエクストラからEMバラード、バラクーダをP召喚。

 arc5s10-02_R.jpg


 3体同時召喚に素良もAカードにばかり気をとられるわけにいかない。


 まずバラードでデアデビルを攻撃。
 ATK500のバラードでは3000のデアデビルに届かない。

 が、ここで伏せてあったトラップ。
 EMショーアップ。
 これでEMモンスターの攻撃力を倍にする。
 さらにバラクーダの効果で、攻撃力変化をさらに倍に。

 というこで、バラードのATKは2000まで増加。
 それでも届かないが、今度はミラージュ・ドラゴンの効果。

 Pゾーンのオッドアイズの数だけ、バトル破壊とダメージを無効に。
 さらにバラードの効果。

 EMモンスターの攻撃が終わった時、その攻撃力分相手モンスターの攻撃力を下げる。

 これでデアデビルのATKは1000に。
 更にバラクーダで攻撃。
 ミラージュで破壊とダメージ無効、自身の効果でデアデビルのATKを更に下げ、500に。

 そこでミラージュ・ドラゴンで攻撃。
 更にファントム・ドラゴンの効果。

 バトル時、自身以外のPゾーンのオッドアイズの攻撃力分だけモンスターの攻撃力アップ。
 ペルソナの分、1200アップ。

 よってミラージュ・ドラゴンのATKは2400に。
 そしてデアデビルの攻撃力は500。

 そして素良のLP1900。
 これでジャストキルが成立。

 吹っ飛ばされた素良、その先にAカードが。
 今更と、それでもそのカードを確認。

 A・マジックを発動。
 それはA・マジックビッグダメージ。
 バトルダメージに1000ポイントを加える。

 すでに決着したデュエル。
 しかもこのタイミングで発動しても、自分の受けるダメージが増えるだけ。

 しかし、先ほどの攻撃。
 遊矢は回りくどい効果を使ってまで、余計なダメージを与えないよう、ジャストキルを狙った。

 arc5s10-03_R.jpg

 この遊矢の優しさ、敵に手加減をされるような同情が、素良には一番頭に来ると。

 そして今度また戦う時まで捕まるなんて許せないと、更にA・マジックを発動。

 連鎖ボーナス。
 2回目以降のバトルダメージを一度だけ二倍にする。

 これでダメージ合計は5800。
 施設のダメージ設定が3倍になっているため、物理ダメージは17400相当。

 そんな衝撃が建物に起きれば――。

 arc5s10-04_R.jpg


 当然ただでは済まない。

 ビルの爆発。

 arc5s10-05_R.jpg

 それに巻き込まれる素良だが、ここでこのデュエルをモニターで見ていた人物――EVEが素良の回収を命令。

 arc5s10-06_R.jpg

 そしてDホーイルちっくなもので素良が回収される。


 一方、逃げるチャンスの遊矢だが、こちらもダメージのため、倒れてしまう。
 ここで現れたのがユーゴ。

 遊矢のデュエルディスクがDホーイルにチェンジ。

 arc5s10-07_R.jpg

 柚子を乗せ、爆発したビルからアジトへ飛び出す。


 そしてアジトへついた遊矢。
 しかし、ダメージは相当でソファーで横に。

 それを心配する柚子。

 arc5s10-08_R.jpg


 そしてそれを見ていたユーゴは柚子の何かに気づき。

 arc5s10-09_R.jpg


 その後もユーリが遊矢のダメージについて反省したり、ユーゴがそれに同情されさらに落ち込んだり、それをユートが諌めたりと、喧々囂々。

 と、そんな時、遊矢のデュエルディスクにハッキングが。
 遊矢の更なるピンチ。

 arc5s10-10_R.jpg

 ここで立ち上がったのがユーゴ。
 もしかして、ライディング・デュエル、アクセラレーション!? ってな感じで次回につづく。



 うん、まぁ、僕の知っているオッドアイズ・ミラージュ・ドラゴンと違う。
 アレですね。
 効果がターン1じゃなくなって、更にEMにも優しくなっていますね。

 それに加えて、バラードの効果。
 攻撃するたちATKを削るって形でしたので、疑似涅槃さんみたいな感じだなぁと。
 
 まぁ、オッドアイズ3種が手札に揃っていて、ファントムとペルソナでスケールを揃えた辺りで、何かを狙っている感は強かったわけですが。


 ジャストキルを狙った優しさが、素良の癇に障ったみたいですが、一方でビル爆発させて、遊矢を逃がそうとする部分もありますので。

 まぁ、言葉通り、自分の手で捕まえるためってのが多分にあるのでしょうけど。



 しかし、遊矢シリーズは妙に仲がいいですよね。
 特にユーゴとユーリの会話は……。


 そして柚子にも何かしら、因縁がありそうですよね。
 柚子シリーズも出てくるのかなぁ。


 そしてコミック版の黒幕ちっくなEVE。
 とりあえず、遊矢の記憶に関しても云々って言っていましたので、今回のハッキングの主は素良を助けたDホイーラーでしょうが……。


 これでいよいよユーゴのターン。
 煽り通り、ライディング・デュエルになることは疑う余地はありませんが。

 次の8月号には制限改定が。

 ……ベイゴ


 ユーゴの運命はいかに。


 遊戯王ARC-V コミック1巻 「その名はファントム!!」 感想

 遊戯王ARC-V スケール01 「その名はファントム!」 感想
 遊戯王ARC-V スケール02 「ユート VS 沢渡!」 感想
 遊戯王ARC-V スケール03 「ペンデュラム召喚!」 感想
 遊戯王ARC-V スケール04 「飢えた刺客!」 感想  
 遊戯王ARC-V スケール05 「強襲! RR!!」 感想
 遊戯王ARC-V スケール06 「生きている実感!!」 感想

 遊戯王ARC-V スケール07 「G・O・D!」 感想
 遊戯王ARC-V スケール08 「素良のおもてなし!」 感想
 遊戯王ARC-V スケール09 「融合vs融合!」 感想

 Vジャンプ 2016年 07 月号 [雑誌]
 Vジャンプ 2016年 07 月号 [雑誌]


スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2016/05/23 23:28 ] コミック感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
久しぶりに調子が悪くなかったので、ベビステ感想のブランク部分埋めが完了。
次はコミックの感想にいけたらいいなぁ。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード