第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベイビーステップ #403 「思惑」 感想

 第2セットに入り、前後への揺さぶりを仕掛けてきた王。

 ワイドにかなり跳ねるスピンサーブ。
 エーちゃんがこれまで前でリターンしてきたサーブを選んで打ってきている可能性が。

 そして次のショットはフォア側に深いショット。
 そしてもう一本深く。

 と、そこで今度は鋭角に浅いショット。

 bs403-01_R.jpg


 これは完全にエーちゃんを前後に揺さぶりながらの攻撃。


 しかし、浅い球は王にとっても大きなリスク。
 この鋭角ショットをチャンスにしようと、エーちゃんは前に出てネットを取る。


 そして王のショットに備える。

 bs403-02_R.jpg

 するとエーちゃんの動きを察知した王はここでロブを選択。
 エーちゃんは必死に追うものの、追いつけず30-0。


 これは完全にやられた形。
 前後の動きは左右の動きと比べ疲れやすい。

 王はエーちゃんが体力的に厳しい攻め方をしているのをわかっていて、そこを突いてきている。

 またドロップやロブと普段あまり使わないショットもうまく、打つ直前まで普通のストロークと区別がつかないため、どうしても一歩遅れてしまう。


(この接戦の中で冷静に自分の強みを最大限に活かした極端な戦略・・・・。しかも、それはたぶん第1セットの後半から王偉の頭にはあった・・)

 bs403-03_R.jpg


(だから俺のフォアのダウンザラインの温存にもあんなに冷静に対処できたんだ。そう考えると、現状俺の方がスコアはリードしていても・・、勝つビジョンはまだ、王偉の方が明確なんだ)


 王の実力に、世界の下部ツアーの壁の高さを再認識するエーちゃん。


 エーちゃんは、やられている前後への球を意識しながらのリターン。
 するとエーちゃんのリターンに対して早々ドロップを仕掛ける王の動きを敏感に察知。

 素早い動きだしでドロップを拾う。
 素早く対応できた分、深く返せた。
 これでロブが来ても、対応できる。

 bs403-04_R.jpg


 しかし、ここで王はさらに足元に速い打球のショット。
 ロブを警戒して、腰を浮かせていたために、この速い打球に対応できず。

 40-0。


 うまく展開できている王は、このゲームの内容に手応え。

 続くポイント、フォアのクロスでオープンコートを作られてしまったエーちゃん。
 ここでまたしてもドロップという思いが脳裏を過るが、さすがにないとそれを否定。


 が、ここで王は本当にドロップを打ってくる。
 警戒はしていたものの、半信半疑だったため、反応が遅れたエーちゃん。

 これには届かず、第2セットの頭、王にラブゲームでのキープを許してしまう。


(頭にはあったのに取れなかった・・・・。打つ直前までわからないってのもあるけど、こおまで異質な展開は経験がないから、どうしても一瞬迷いが出てブレーキがかかる。それがさらに身体に負担をかける・・・・。・・・・となればやっぱり俺はこのセットで絶対決めなきゃいけない)


 先にブレイク。
 そのために、反応と加速のギアをMAXまで引き上げて、短期決戦で勝つ。


 ギアを更に引き上げたエーちゃん。
 王のリターンに今まで以上に素早く反応。
 そしてオープンコートにコントロールし、15-0。


(消耗を恐れず、逃げ切り狙い・・・・。そう来るか)

 bs403-05_R.jpg


(逃げない姿勢は立派だが、なぜ敢えて苦しい道を選ぶ・・・・? それこそ俺の望む展開なのに)


 王はリターンゲームでもドロップで先制攻撃。
 しかし、散々やられて警戒はしているエーちゃん、これを決めさせるのは許さない。


 青井コーチも王の狙いに舌を巻く。
 前後への球の対処でキツいのは、思い切り腰を落とさなければならない前方への低い球と、前にいる敵を意識しながら後ろへのステップを強いられる高い球。


 今度は王はロブでエーちゃんの頭上を抜こうとする。

  
 しかし、これらは打点に到達さえすれば、一転反撃のチャンスとなる。

 bs403-06_R.jpg


 実際にエーちゃん、今度のロブには追いつき、ハイボレーでこれを決め、30-0となる。

 全部取るという強い意志を示すエーちゃんと、リターンゲームでのこの展開は厳しいかと考える王。

 その後も、エーちゃんのフォアのダウンザラインが決まり、40-0。

 次のポイントこそ、王に取られるものの、最後は王のロブがアウトとなり、第2ゲームはエーちゃんがキープ。

 bs403-07_R.jpg


(だがこのままいけば必ず捕えられる!)


(1ゲームでも早く終わらせる!)


 緻密で執拗な王の攻撃を、エーちゃんは振り切れるのか――というところで次回<#404 応酬>につづく。



 第2セットはお互いにキープという展開でスタート。
 第1セットを取ったエーちゃんがスコア的にはリードですが、心的体力的余裕はまだ王の方があるというところでしょうかね。

 特にただでさえ消耗の激しいエーちゃんの新スタイルに、王がここまで執拗に前後への揺さぶりをかけるとなると、本当に体力的に厳しいかと。

 先行逃げ切りはエーちゃんのスタイルっぽくはないですが、これに失敗したら、勝てるビジョンが全然見えてこないんですよね。

 第2セットはまだまだ苦しい展開が続きそうですが、どうなるのか。




 ベイビーステップ(41) (週刊少年マガジンコミックス)
 ベイビーステップ(41) (週刊少年マガジンコミックス)


  
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2016/09/07 18:36 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
久しぶりに調子が悪くなかったので、ベビステ感想のブランク部分埋めが完了。
次はコミックの感想にいけたらいいなぁ。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。