第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ #407 「自主性」 感想


 bs407-01_R.jpg


 連載9周年記念Cカラー!
 そして10年目へ、一歩前へ!!


 第2セットもタイブレーク。
 戦略が苦し紛れの『逃げ』にならないように、敢えて今考え得る一番苦しい戦略を選択するエーちゃん。

 サーブは速くキレるスライス。
 するとエーちゃん、王のリターンに対して、守備位置をわずかに下げる。

 bs407-02_R.jpg


 しかし、今まで拘ってきた前の守備位置から下がったのは、体力的にキツいからでも、守りに逃げたわけでもない。

 下がった分、王の深い球に対して、一歩分前に体重移動して打点に入れるから、威力が増す。
 そして即座に前へ。

 一歩分距離が長くなった分、速く。

 これらすべては先にもっと前の守備位置を取るための選択。

 そこで王の沈める球をボレーで拾う。

 bs407-03_R.jpg


 そこでさらに前へ。


(敢えて自分から前後に動いてくるか・・・・)

 一気にネットを取ったエーちゃんに、王はロブで頭上を抜く。

 しかし、エーちゃんもそれは予測済み。

 絶妙のタイミングで上がったロブは、わかっていても厳しい。
 それでもエーちゃんは素早く落下点へ。

 この球を下がって落とせば優位を失う。
 そのため、強打はできなくても絶対にスマッシュを狙う。

 苦しい前後への全力疾走が増えても、絶対に打つと。
 強引なスマッシュ。

 これだけでは決まらないと、エーちゃんは即座にネットを取るためダッシュ。

 bs407-04_R.jpg


 これが目に入った王は、もう一度ロブか、サイドかで迷いが生じる。
 結果サイドを狙ったものの、ネットにひっかけ1-1。


(クソッ・・・・。ロブを読まれていたから、サイドかロブかで迷った。なぜここに来て自らを疲弊させる戦略を選ぶ・・・・。なぜマルオにその選択ができる・・・・)

 エーちゃんの選択に驚きを隠せない王。


(危なかったけど、今のは戦略勝ちと言ってもいい。初めてだ・・。初めて王偉の前後への攻撃を俺の積極的な戦略で攻略した! でも・・・・いくら何でも、これを続けるのはキツい・・・・)

 一方のエーちゃん、1ポイントを取ったものの、だいぶ息が上がってきている。

(ロブ対スマッシュの戦いに持ち込めればスマッシュ有利・・・・。ただこの状況では無茶な選択だ。でも、上へ行くなら無茶をしてでも、今までの自分を超えていかなきゃいけない時はある・・・・。ここで・・・・殻を破れよ!)

 青井コーチも、心の中でエーちゃんにそう声援を送る。


 そして実際に声援を送るなっちゃん。
 また他の観客達の声援もエーちゃんの耳に届く。

(声援がほんの少しだけど、疲労を取り除いてくれる気がする。今はみんな応援を力にできてる・・・・。だったら、この戦略はいける!)


 エーちゃんはセンターへのサーブ後、すぐに後ろに。
 そして王のリターンに対して、前に出ながら合わせる。
 そのまま前に。


(二度と同じ手は食わないために・・・・、敢えていく・・・・)

 王は再び、強気にロブ。
 しかも、先ほどよりさらに絶妙の高さ。

 これを追うエーちゃんだが、届くかは微妙。
 追いかけ、ジャンプ一閃。

 bs407-05_R.jpg

 しかし、ここでエーちゃんはウォッチ判断でスルー。
 するとこれがアウトとなり、2-1とサーブふたつをキープ。

 エーちゃんへの声援が増す中、王は集中力を高める。

(アウェイは慣れてる・・・・。・・・・むしろ、こっちにとってはこのアウェイこそが俺を奮い立たせる。ここを一人で乗り越えた先に自由がある・・・・。奇蹟的に掴んだ自由への道・・・・)


(邪魔する者は蹴散らす!)

 bs407-06_R.jpg


 王らしからぬ球威のある鋭角ショットで2-2に。
 壁を超えたと思ったらまたすぐに壁。

 しかし、今エーちゃんはネットに出た時ポイントできている。
 そのためには王の強打を何とか処理して前を取る。

 敢えて苦しい戦略を選んだのは間違っていない。
 王に勝には、それは避けて通れない道。


 そして王、今度は強打を意識させておいてのドロップで3-2。

 続くエーちゃんはネットを取り、ボレーを決め3-3。

 そのままお互いにキープし合い、カウントは5-5まで。

 bs407-07_R.jpg

 あと2ポイントで勝利!
 同時に敗戦濃厚・・・・!

 ――というところで次回<#408 超越>につづく。






 祝連載9周年。

 Cカラーが可愛いです。

 ……エーちゃんが…………。



 いや、なっちゃんも可愛いんですけどね。



 敢えて一番苦しい選択。
 それは自分から守備位置を変えてでも、前後に走りゲームメイクをするというもの。


 まぁ、王に前後左右に揺さぶられて走らされるよりも、自分から先手を取って動いた方が、同じ走るにしても精神的には楽ですよね、たぶん。


 王にプレッシャーをかけることもできますし。


 そんな中続くキープ合戦。
 3-2から5-5までは巻きで描かれていましたが、コマ割りなんかも少し独特で、でもスピーディながら流れがよくわかって面白かったですね。


 そしていよいよ最重要ポイント。
 決着ですかね。



スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2016/10/05 23:05 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード