第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベイビーステップ #412 「代表」 感想


 慶稜チャレンジャー本選3日目、2回戦――。

 bs412-01_R.jpg


 エーちゃんは磯部さんとの試合前に、さっそくリズムの練習の成果。
 音楽を聴きながら集中力とリズム感を高めている。

(今日勝てばベスト8・・・・。・・・・てことはフューチャーズ優勝とほぼ同じ18ポイントを獲得できるってことだから・・・・。俺のポイントは合計22ポイントになって・・・・。・・・・一気に世界7000位台!)

 ということで、頬を叩き気合を入れて試合に臨む。

 今回のエーちゃんの試合は310位を倒した1415位と137位を倒した811位とジャイアントキリングを引き起こした注目の若手同士と、低ランキグ同士の組み合わせにしては注目度の高い試合。


 5分間の練習時間。
 エーちゃんは磯部さんと打ってみた感触で、自身や王に比べて力はあるが、安定感は王の方が断然上だと判断。

 王の凄さは別にして、これなら付け入る隙はあると。

 しかし、前の試合で見た通り磯部さんは速いテンポが連続する展開に強い。
 そしてエーちゃんは最近速い動きを軸にしているため、そこに注意が必要だと。

 一方の磯部さんも、世界1400位台ながら全日本でタクマさんを、そして一昨日の王撃破という得体の知れない強さを警戒。

 それでも、自分も100位台を倒して、夢にまで見た境地に手が届きつつあると、気合は十分。


 エーちゃんのサーブからスタート。
 磯部さんのリターンに、事前に聞いていた音楽のリズムがうまくハマったエーちゃん。

 いいショットを返すが、それを普通に返してくる磯部さん。
 やはり速いテンポの連続には強い。

 と、ここでエーちゃんはリズムをチェンジ。

 16ビートはそのままに、頭で再生する曲を変えて、テンポをスローにする。


(・・・・っとリズムが変わった)

 磯部さんは突然変わったリズムに若干の打ち難さに、甘くなったショット。

 エーちゃんはこれを狙って、もう一度速いテンポで決めにいく。

(いけっ)

 が、これはネットにかかり、磯部さんのポイントに。

(しまった・・・・。リズムに乗るのは苦手じゃないけど。・・・・やっぱり同じ1ポイント内で複数の曲を使うのは難しい)

 しかし、今のショットは入っていれば、磯部さんは反応しきれていなかった。
 リズムにうまくハマれば早く正確に打点に入れるだけでなく、疲れにくい。

 そうなれば長丁場を避ける理由はなくなるため、慎重に曲を選んでリズムに乗っていけばいい。

 bs412-02_R.jpg

(かなりの緩急を流れるような動きで。・・・・・・・・今のは何だったんだ?」

(勝つビジョンは見えた・・・・!)


 bs412-03_R.jpg


 その隣のコートでは、今大会第7シードの吉道さんが怪我のことなど微塵も感じさせない勢いあるプレーを披露中。

 第1セットこそ落としたものの、第2セットを取り、最終セットも5-4。

(この勢い・・・・。本当に30代なのか?)

 対戦相手の林(世界ランキング267位)もそのプレーに舌を巻く。


 それはこの試合を観戦していた渡邊さんも一緒。

(吉道さん、絶好調だな・・・・。・・・・しかし、この人は怪我明けなのに、よくこんな全身をフルに使えるよな・・・・。まあそういうテニスだからと言えばそれまでだけど・・・・。怖くねえのかな・・・・?)


 そして最後に渾身のフォアをダウンザラインに決め、吉道さんが勝利を掴む。


 一方、エーちゃんと磯部さんの試合も大詰め。

 bs412-04_R.jpg


 こちらもエーちゃんのフォアが決まり、6-2、6-2でエーちゃんの勝利。

 格上相手に圧勝ということで、観客も騒然。


(まったく手の打ちようがなかった・・・・)

 悔しさを滲ませる磯部さん。

 一方でエーちゃんはこれまでにない手応えを。

 bs412-05_R.jpg


(王偉との試合・・・・。昨日の練習もあるけど、それだけじゃない・・・・。プロになってからやってきたことが、今になってどんどん実を結び始めてる!)


 そして着替えを終えたエーちゃんは、ドローを確認。
 吉道さんが勝ったことで、次の試合は次の試合は日本代表との戦い。
 全日本の時は戦えなかった相手。


 と、そこで、同じく試合を終え、着替え終わった吉道さんが姿を見せる。
 手を上げ、軽く挨拶をする吉道さんに、軽い会釈で返すエーちゃん。


「日本代表に入りたければ、公式戦で直接勝つか――、公式戦で現代表以上の戦績を上げろ」

 bs412-06_R.jpg


 門馬さんに以前に言われた言葉が脳裏を過り、吉道さんとの試合に闘志を燃やす――というところで次回<#413 立場>につづく。


 
 

 というわけで、磯部さんとの試合はあっさり終了。

 まぁ、元々速いテンポに強いタイプっぽいですので、エーちゃんのチェンジオブペースとの相性は悪そうですが……。

 それに加えて、リズムの練習を経たエーちゃんの緩急はさらに増していますからね。


 まぁ、仕方がないかと。




 一方で吉道さんは、怪我明けだというのにタフですね。

 身体的にも精神的にも。

 怪我の心配がないとみるか、色々と吹っ切れているのか。
 判断が難しいところですが……。


 エーちゃんとの試合、どうなるんですかね。
 さすがに怪我再発で途中棄権とかはないと思いますが……。


 ベイビーステップ(42) (週刊少年マガジンコミックス)
 ベイビーステップ(42) (週刊少年マガジンコミックス)

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2016/11/09 22:29 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
久しぶりに調子が悪くなかったので、ベビステ感想のブランク部分埋めが完了。
次はコミックの感想にいけたらいいなぁ。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。