FC2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベイビーステップ #445 「未来の想像」 感想


 エーちゃん有利か!?
 最終セットへ!

 1セットオールでスコアはタイに。
 しかし、第2セットの勢いを考えればエーちゃん有利と考え、観客も予選からの優勝という声援をエーちゃんに送る。

 bs445-01_R.jpg

(この守備位置でブレイクしたんだから・・・・、サーブゲームはそのまま勝負!)

 ということで、最終セットの頭も定位置でのプレーをするエーちゃん。

(攻める時は死ぬ気で・・・・)

(やっぱり前に居続ける気か・・・・)

 やられた以上、この展開はクリシュナにとっても想定の範囲内。

(一歩下がったところで前を狙われたのは、マルオの戦略の全体像が見えてなかったから。ミクロな視点での危機の対応に注力しすぎてマクロな視野を欠いた。
 経営なら失策・・・・。広く持つべき視野を奪われてしまったんだ)

(でも死ぬわけじゃない・・!)

 bs445-02_R.jpg

 サーブゲームは強気で攻めるエーちゃん。
 2/81にコントロールしたフォアのダウンザライン。

 これが決まり15-0。

(よし、まだいける!)

(リターンゲームは時間を使って失った感覚を取り戻す)

 サーブゲームで攻める積りのエーちゃんと、ポイントよりも感覚を取り戻すことを優先するクリシュナ。

 ということで、第1ゲームはエーちゃんが、余裕をもってキープ。

(サーブゲームで圧倒した・・・・。長い時間、後ろで戦ったアドバンテージが残ってる。このままいけるトコまでいくんだ!)

(このゲームは完全に支配されたけど・・・・。一度体感したテンポだし、感覚は戻りつつある)

 というわけで、続く第2ゲーム。

 bs445-03_R.jpg

 強気のダウンザラインを見せるエーちゃんだが、クリシュナは反応。
 タイミングよく捉えるもの、ネットに引っかかる。

(触られた・・)

(そう・・・・。この感じ)

 クリシュナのダウンザライン、そしてエーちゃんのドロップとポイントが動き、30-30。


(ただ目先の球を追うだけじゃダメ・・・・。第1セットの感覚を思い起こしながら、身体を球に合わせる)

 そしてエーちゃんのダウンザラインで、ブレイクポイントを握る。

 そこで、再びダウンザライン(強)。
 これに、クリシュナは素早く反応。

 bs445-04_R.jpg

 クロスに返すが、惜しくもアウト。


 これでエーちゃんがブレイクに成功したものの、クリシュナの対応が早くなってきている。

(よし・・・・。これでかなりの部分は捉えた)

(このリードは大きい・・。でも1ブレイクで安心できるような相手じゃない・・・・。
 守りに入らずキープする!)

 しかし、第3ゲーム、最初のポイント。
 クリシュナに逆を突かれ、0-15。

(目も身体もついてきた・・・・。これでいける)

(感覚が鋭くて、対応が早い・・・・。これが本来のクリシュナ。
 でもここは俺のサーブだし、俺の守備位置。戦い方次第でキープには持ち込めるはず。前の守備位置と遅い球を活かして・・・・、ファーストボーから一気に前に詰める!)

 スライスの滞空時間を利用して前に出たエーちゃんだったが、クリシュナはしっかり待って、前に詰めたエーちゃんをパス。

(通用しない・・・・。この距離間に完全にフィットしてきた)

(ここだ・・。
 この距離でのペースの変化に対応できたら・・、次はどこまで先を読めるか・・)

(でも今は、うまく武器が使えなかった第1セットとは違う・・・・。自分のテニスでキープできれば流れに乗れる!)

 このゲーム、ポイントを奪い合うものの、クリシュナが一歩リード。
 最終的にはエーちゃんのダウンザラインがアウトになり、ブレイクを許してしまう。

 bs445-05_R.jpg

(ダメだ・・・・。やっぱりこの距離は不利なのか・・・・)

 すかさずのブレイクバックを許してしまい、そう考えるエーちゃんだが。

 ここでエンドチェンジ。
 ノートで情報を整理する。

(サーブだったし、自分の守備位置だし、俺の方が先読みでいてると前のめりにいきすぎた。判断ミス・・・・。でもやってみなきゃ、わからなかった。全てを間違わずに判断なんてできないし、いい挑戦だった・・・・。絶対、次に繋がる!)

 ということで、第4ゲーム。
 エーちゃんは、再び守備位置を下げて、クリシュナに対応。

(下がった・・・・。そうくるよな。なら・・・・)

 クリシュナは逆に一歩前に。

(だったら俺も前に出て・・・・)

 bs445-06_R.jpg

((反応勝負!!))

 観客席の青井コーチ。

(お互いの守備位置を微妙に調整しつつ・・・・、どっちが有利な場所でいかに先を読むかの争い・・。かなり高度な駆け引きをしてやがる。
 丸尾はもう次のレベルが見えてるんだな。次のステージか・・・・)

 エーちゃんの今後の展開を考えることに。


 その後は一進一退のキープ合戦が続く。
 後ろでの長いラリーならエーちゃんの有利とも言える展開だが、それもほんの僅かなことで勝負が決まる状況。

 そしてゲームカウント6-6。
 タイブレイクに突入する。

 ホームアドバンテージのエーちゃんへの声援が増す中。

 bs445-07_R.jpg

 最短あの7ポイントで勝負が決まる。

 というところで次回<#446 視界>につづく。


 というわけで、最終セット。
 結構巻きましたね。

 エーちゃんが第2セットの流れのまま、キープ、ブレイク。

 そして、クリシュナが早めに対応してブレイクバック。

 キープ合戦が続き、ゲームカウントは6-6。
 タイブレイクへ。

 ってな具合ですからね。

 ホームアドバンテージ。
 エーちゃんへの声援も増して、展開以上に優位に進めているのかもしれません。


 あとは、青井コーチ。
 エーちゃんの次のステージ。

 ……まぁ、初めてのチャレンジャー挑戦での優勝争い。
 フロックではではなく、実力開花といった感じですか、青井コーチがどこまで今後の展開を見据えたのか。

 気になるところです。

 ここで優勝すれば、当然、ナショナルチームのことも絡んでくる可能性も出てきますし。






スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2017/08/02 21:00 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。