FC2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

遊戯王ARC-V スケール30 「素良の望む世界!」 感想

 妹、美宇のことを語った素良。

「G・O・Dが本当の力を取り戻せば、G・O・Dは一人一人の人間が望む世界を作り出すことができる!」

 そう、涙ながらに叫ぶ素良。

 その素良の言葉に思わず、言葉を失う遊矢だが。

「お前たちの言う、G・O・Dの本当の力ってなんなんだ」

 その言葉を捻りだす。

 arc5s30-01_R.jpg

「完全なるパラレルワールドの創造さ。
 無数のパラレルワールド…。そこには一人一人の人間が望む世界が存在する!
 オレがずっと妹の側にいるためには、G・O・Dの力を開放してオレと妹だけの世界を作るしかないのさ!」

 パラレルワールド。

「素良…。そんなものがあるなんて、ホントに信じてるのか?」

「オレはG・O・Dの力で実際に何度も人生をやり直した。
 お前こそ勘違いしてるんだよ! GODは悪なんかじゃない! G・O・Dこそ人間のパラダイスを作ろうとしているのさ!」

「自分だけの世界を無数に作るって…。自分だけの世界に閉じこもって、本当にそれは楽しいことなのか?」

「黙れ! お前と話していても無駄だ! デュエルを進めろ!!」

 その素良の言葉で、遊矢はカードを一枚伏せて、エンド。


 そして素良はドロー、そして『サドマリン』で、Aカードに一直線。

「遊矢! オレは失った兄妹とずっと一緒にいたいだけだ! その何が悪い!! お前にも大切な人間を失った気持ちはわかるはずだ!!」

 その素良の言葉に一瞬、動きを止める遊矢。
 そして素良はAカードをゲット。

 さらに、PS4の『デストーイ・クロウパイレーツ』とPS8の『デストーイ・ボーンダイバー』をセッティング。

 arc5s30-02_R.jpg


「揺れろ運命の振り子! ペンデュラム召喚!
 現れろ!! デストーイ・マイスター!!」

 『デストーイ・マイスター』は他の『デストーイ』がフィールドにいるとき、攻撃対象にならない。
 そして更なる効果。

 一ターンに一度レベル4以下のデストーイ・ユニット一体と同名モンスターをデッキから特殊召喚できる。

 その効果で、もう一体の『デストーイ・サドマリン』を特殊召喚。
 更に、『マイスター』の効果。

 一ターンに一度、デストーイをリリースし、そのレベルと同じデストーイ融合モンスターを召喚条件を無視して、特殊召喚できる。

 この効果で二体の『サドマリン』をリリース。

「修理融合!!」

 ――現れろ!! デストーイ・デアデビル!!!

 このままATK3000の『デアデビル』で、ATK600に下がられている『マー☆メイド』に攻撃。
 ライフ2400の遊矢はこのままではジャストキルというわけで、『マー☆メイド』の効果。

 一ターンに一度このカードが攻撃対象になったとき、カードの表示形式を変えて攻撃を続行させる。

 これで、戦闘ダメージは防いだものの、『デアデビル』の効果。
 モンスターを破壊した時に、1000のバーン。

 これで遊矢のライフは1400に。

(まったくもって君は心が優しすぎる)

 と、その瞬間に遊矢の脳裏に声が響き――。

 arc5s30-04_R.jpg


「お前の相手はやはり、僕のようですね!」

 とユーリに強制チェンジ。

 素良もユーリは遊矢とのデュエルの敗戦の契機となった相手ということで、表情を険しくする。

 arc5s30-05_R.jpg

「話は聞いていました。あの時の話はどうやら嘘から出た実らしいですね…。
 ですが…、そんな事は関係ねぇ! 遊矢を傷つけるヤツは誰であろうが、この僕が倒す!」

「やれるもんならやってみろ! あの時のオレとは違う!」

 そのまま遊矢の後を引き継ぎ、ユーリvs素良のデュエルが始まる。


 そして一方、遊矢達とは別ルートを言った零児達。
 兎に角分かれ道が多く、迷路もかくやという様相。

 このまま適当に回っていても、敵にたどり着けるかは分からない。

 ということで、改めて遊矢達の様子を気にする沢渡、黒咲。
 すると、零児は、「遊矢は何かをみつけたのかもしれない」と、手元の受信機を確認。
 というのも、防寒具には発信機が付けてあった。

 そしてそれで柚子が一か所に留まっていることを確認していた。

 というわけで、零児はすでに遊矢達のいる場所に向かっている。
 あとは、目の前の通路を真っ直ぐ進めば、遊矢達の所へ。

 それを聞いた沢渡、黒咲は我先にと、駆けていく。

 arc5s30-06_R.jpg

 零児はそんな二人を他所に、マイペースに進む。
 が、そんな零児の眼前に、アダムの姿が――。


 一方、改めて始まったユーリと素良のデュエル。
 ユーリのターン。

 Aカードを狙う素良だが、それより先に、ユーリは以前のように鞭でAカードをゲット。

 arc5s30-10_R.jpg

 その上で、『オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン』と『オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン』をPゾーンにセッティング。

 そして手札から『ペンデュラム・フュージョン』を発動。

「毒をもって毒を征す! このモンスター混ぜたら危険!! 現れろ!! 融合召喚!!」

 arc5s30-07_R.jpg

 ――スターヴ・ヴェネミー・ドラゴン!!!

「これがペンデュラム融合か…。データじゃ確認はしてたけど、面白いじゃないかよ」

 ユーリはスターヴ・ヴェネミーの効果を発動。
 一ターンに一度、モンスターの効果を無効にして、その効果得る。
 さらにそのモンスターの攻撃力を500下げ、500バーン。

 そして、先ほどユーリが手に入れたAカード『バブル・ダウン』も発動。
 効果ダメージが発生した時、その数値分だけモンスター一体の攻撃力を下げる。

 これで、『デアデビル』の攻撃力は2000までダウン。
 そこで、バトル。

 これで、500の戦闘ダメージに加え、吸収した『デアデビル』の効果を使って、1000のバーン。

 これで素良のLPは2000に。

「く・・・。やるな…」

 というわけで、素良のターン。
 早速、次のAカードを狙おうとするが、それは既に、ユーリの手に。

 ユーリはこのAカードのことまで考慮して、ポジション取りをしていた。

 Aカードを諦めざるを得なかった素良はイラっとしながらも、『パッチワーク・ファーニマル』を通常召喚。

 そして『マイスター』の効果を使い、もう一体の『パッチワーク・ファーニマル』を特殊召喚。

 そして『クロウパイレーツ』のP効果。
 一ターンに一度、このカード以外のPゾーンのカード一枚を対象として発動できる。
 そのスケール以下の『デストーイ』一体を墓地から効果を無効にして、守備表示で特殊召喚する。
 その後、対象のPカードを破壊する。

 これで『ボーンダイバー』を対象にし、破壊。
 そして『デアデビル』を守備表示で特殊召喚。

 さらに『マイスター』の効果。
 二体の『パッチワーク・ファーニマル』と『デアデビル』をリリースして、レベル10『デンジャラス・デストーイ・ナイトメアリー』を修理融合で特殊召喚。

 arc5s30-08_R.jpg

 しかしATK2000で『スターヴ・ヴェネミー』には届かない。

 が、そのまま攻撃。

「攻撃力の低いモンスターでスバーヴ・ヴェネミーに攻撃ですか。…何かあるというわけですね」

「その通りさ! デストーイ・ナイトメアリーの攻撃! このカードが戦闘するとき、墓地のデストーイ・ユニットモンスター一体につきこのカードの攻撃力を300アップする!!」

 素良の墓地のモンスターは五体。
 よって攻撃力は1500アップして、『ナイトメアリー』の攻撃力は3500に。

 これで、『スターヴ・ヴェネミー』の攻撃力を上回り、1000のダメージ。
 これでユーリのライフは400に。

 戦闘破壊された『スターヴ・ヴェネミー』の効果で、Pゾーンに。

 一方『ナイトメアリー』の効果。
 このカードが相手モンスターを破壊したとき、デッキから破壊したモンスターのレベルの数まで、デストーイ・ユニットを墓地に送ることができる。

 ターンが終わることで、ナイトメアリーの効果は切れ、攻撃力は元に戻る。
 が、素良が墓地に送るカードは8枚。

arc5s30-09_R.jpg


「これでオレの墓地のデストーイ・ユニットは13枚。
 次のバトルじゃ攻撃力は5900!! それ以上のモンスターを用意できなきゃ、お前に勝ち目はないぜ!!」

 未だ怒り収まらぬゲ素良の煽りにユーリは――というところで次回に続く。


 というわけで、遊矢vs素良。
 改めユーリvs素良となったこのデュエル。

 
 えっと、捕食植物強化……ある?
 いや、ないだろうなぁと。

 

 まぁ、それはさて置いた、色々と思ったこと。


 物語的なことは特にはないかなぁ。
 G・O・Dのパラレルワールド創造に関しても、特に驚くような情報でもない気がしますし……。


 というわけで、今回は素良の言動について気になった点が3つあります。

 ひとつめ。
 
「遊矢! オレは失った兄妹とずっと一緒にいたいだけだ! その何が悪い!!」

 なんで、『妹』じゃなくて『兄妹』なんですかね。
 言葉尻を捉えるわけではありませんが、これだと失ったは『兄妹』にかかってしまう気がするのですが……。

 紫雲院三兄弟って可能性もあるのでは? と思えてしまうのですが……。


 ふたつめ。

 
「これがペンデュラム融合か…。データじゃ確認してたけど、面白いじゃないかよ!」

 うん、ペンデュラム・フュージョンは普通に素良戦でユーリが使っているんですよね。
 それをして、データじゃ確認って言うのは……。

 まぁ、融合Pモンスターのことかなぁと思いますが……。


 そしてみっつめ。

 スターヴ・ヴェネミーさん、レベル7じゃないです?
 素良、デッキから8枚墓地に落としていましたけど……。

 あと、『デストーイ・マイスター』もレベル8っぽいですし。
 スケール8はP召喚できないという。

 
 最後に。

 arc5s30-03_R.jpg

 素良の「そのブスを攻撃しろ!」に、「え? 私の事?」的な反応をする『マー☆メイド』に思わず笑いました。

 
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2018/02/28 15:32 ] 遊戯王 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。