FC2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ネギま! 296時間目 「懐かしき日々」 感想

 ザジのアーティファクト『幻灯のサーカス』の光がネギ達を飲み込む。
 そしてその光が消えた後――。

 ネギは麻帆良学園での普段の生活として、明日菜のベッドの目を覚ます。
 で、
「まーた潜り込んで、このエロガキ―――ッ」
 と怒る明日菜。
 その様子を「よー飽きんなぁ」と見る木乃香。
 そして本日は9月1日で2学期が始まると。

 昨日謎の実確認物体が出現したとニュースでやっている。
 そしてネギもそのグレートパル様号を見ても疑問符を浮かべるだけ。

 遅刻ギリギリとなり走って登校するネギ達。
 そんなネギにのどかが声をかけようとしたり、裕奈とまき絵が派手に挨拶したり。

 そんな中、刹那は修学旅行前の冷めた態度。
 明日菜は木乃香のために、仲直り大作戦を決行しようとしていたり。

 そんな現状にやはりネギは疑問符を。

 チャイムの音を聞き走るネギにタカミチが声をかけ、英国からの便が遅れていると。
 ネギは姉が来るんだだっけかと疑問を持ちながらも、普段通りに。

 2学期、教室には3-Aが“全員”揃っていて。
 相変わらずの騒がしさ。
 宿題を忘れたらネギ直々のおしおきということで、あやかが鼻血を出していそいそぬぎぬぎしだし、明日菜がそれを殴って止めたり。

 そして放課後、裕奈達にお茶に誘われ、笑顔で対応しているネギ。
 そこに、
「どけ・・ヘラヘラと緊張感のない間抜け顔を晒すなガキが・・不愉快だ」
 とエヴァと超が。
 思わず
「師匠・・。
 ち・・超さん・・?」
 と幽霊でも見たような表情となるネギ。
「マスター・・だと?
 貴様にそのような呼び名で、親しげに話しかけられるいわれはないぞ」
 とキツイ言葉のエヴァ。

(大丈夫・・きっとこの世界(ココ)でも仲良くなれるヨ・・)
 とどこからか声が。

 で、約束通り、駅前のスタブでまき絵、裕奈、亜子、アキラとお茶。
 皆の楽しそうな様子に、
「なんか・・とっても平和で幸せだなーと思って・・」
 と。


 そうだ・・
 一学期からかわらない
 これが今の僕の毎日
 大きな事件もおこらないけど
 決して退屈でもない・・

 ・・・・・・
 それだけ・・だっけ?

 うううん・・
 何かが不満なわけでも
 嫌なわけでもない
 でも・・なんだろう・・

 何かとても大切なことを忘れてしまっているような

 僕には・・探しているものが・・

 目指している何かがあったような・・

 何か・・

 やはり違和感を拭えないでいるネギ。
 そこに、
「お――ッ、ハッハ、こんなところにいたか、ネギ」
 と声がかかる。
 逆行に照らされながら現れたのは――ナギとアリカ。
 アリカはネギに照れて、ナギの後ろに隠れつつ、
「その・・何だ我が息子よ、いやっ、ネギよ。
 そ、息災であったか? 風邪や夏バテなど・・」
 と言われたところで、ネギは堪えきれず涙が。

 ネギの嬉し泣きに慌てふためく、アリカととぼけた事を言い出すナギ。
 それを指摘する裕奈。
 とまた慌しく。

 それを見下ろすザジ。
「・・・・・・、・・一度。
 一度・・堕ちれば二度とは戻れない・・。
 ここは全てをたちきる場所・・永遠の園、無垢なる楽園。
 完全なる世界(コズモ・エンテレケイア)」
 と呟く。


 個人的感想は続きから。


 ザジのアーティファクト『幻灯のサーカス』は幻術系?
 ――というよりも、異世界に相手を飲み込むといった感じですかね。

 この世界のシナリオは誰のものなんだろう。
 ザジが書いたシナリオか、あるいはネギの深層心理を酌んで、願望がかなえられていく世界となっているのか。


 何か、物凄く懐かしいものを見た感じ。
 ネギが明日菜のベッドに潜り込んだり、クシャミみスカートが捲れたりってノリは。

 魔法世界を救う云々などまったく関係のない幸せな世界。
 その上、何だかんだで違和感を感じているネギの前に現れる、ナギとアリカというのは、もう堕ちるだろネギ。

 ネギ相手に照れたり、ネギの嬉し泣きを見て
「どっ、どどど、どうしたのじゃ、ネギ。どこか痛いのか!? お腹か? 頭が痛いのか?」
 と取り乱す様子が、妙に可愛らしい。

 ネギとナギとアリカの親子3人。
 これが幻想でなければどれだけ幸せなんだろうと思わずにいられません。

 これはネギは堕ちても責められない気がします。
 何だかんだ言ってもまだ10歳なわけですし。

 とはいえ、前回フェイト以上の血を流す道と言われながらも、それでも進むつもりと答えたネギ。
 ここで堕ちてしまったら、その覚悟が、ただの口先だけの言葉になってしまいますからね。

 どんな幸せな幻想でもそれに溺れることが許されない選択肢を選んだのだと思いますので。

 この幻想はそのネギの覚悟が本物であるのかを確認する、試金石みたいなものではないのか、とも思えるのですが。


 しかし、今回はネギだけに焦点が当たっていましたが、他のメンバーはどうなってるんだろ?
 グレートパル様号がニュースになっていたので、前回飛ばされた麻帆良学園ですよね、この世界。
 
 ネギにも記憶障害が見受けられますので、他のメンバーも同じような感じなのか。
 だとしたらその影響が最も顕著なのは、刹那っぽいですが。

 
スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2010/07/21 12:17 ] 魔法先生ネギま! | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ネギま!関連サイト巡回(07/21)
■「第三の書庫」さん「ネギま! 296時間目 「懐かしき日々」 感想」 >しかし、今回はネギだけに焦点が当たっていましたが、 >他のメンバーは...
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード