FC2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ONE PIECE 第593話 「NEWS」 感想

 “東の海”巨大な話の上――。
  ロビンはそこを渡っていた。

 “革命の灯”世界と戦った国オハラのたった一人の生き残りとして、革命軍はロビンを政府から守ろうとしていた。
 それはドラゴンの命令。

 その運命に思わず笑うロビン。
 一度ドラゴンに会ってくれという誘いを断り、集合場所へと向かおうとする。
「――それに守って貰わなくても結構よ、私には仲間がいるから」
 と。

 ルフィの記事が載った新聞は革命軍の所にも。
 その新聞はロビンに届けられる。


 “偉大なる航路”モモイロ島カマバッカ王国。
 サンジは手配書と顔が違いすぎるために、イワさんに麦わら一味と確認されずに苦しんでいた。
 政府や軍の可能性がある限り、ルフィの情報も与えられないと。
 情報も船ももらえないサンジはイワさんと一騎打ちの申し出――をするものの瞬殺。
 でもサンジにルフィの情報がという新聞を渡す。

 そんなタイミングでイワさんへ「バルディゴ」のドラゴンから連絡が。
 ドラゴンはガーブとの血縁が暴露されたものの、逆に得たいの知れないボスから血が通う人間という認識がされ、革命

軍の士気には影響がない模様。
 革命軍は“幹部”を集め、白ひげの死で変わる世界への対応を練る模様。
 それに「くま」の身に起きたことの説明も。

 シャボンティ諸島に置いたままとなっているサニー号。
 それを奪い海軍に売り渡そうとする人攫い団体と、サニー号を守るトビウオライダーズ。
 それを適当に見守るケイミー達。
 そこにくまが。
 いや、バーソロミュー・くまが現れる。

 シャッキーは以前にレイリーの元を訪れたことから
「………!? “味方”
 よね?」

 と。

 でもくまは『ピピ…』という機械音がするのみ。


 サンディ島砂の国――『アラバスタ王国』首都“アルバーナ”
 対海賊警備に気を抜けない状態。
 そしてビビが難しそうな表情でルフィの記事を読んでいた。

 “偉大なる航路”ある国のある街。
 そこではクロコタイルとMr.1(ダズ・ボーネス)がやはりルフィの記事を。
 そして2人は「新世界」に入る模様。

 “偉大なる航路”とある孤島。
 そこでバギーはアビルダと本来の自分の海賊団と合流。
 そこにはインペルダウンの囚人達とMr.3の姿も。

 そんな中、政府からの“伝書バット”が。
 そこにはとんでもない内容が書かれていた(Mr.3談)――っぽい。


 またしてもルフィに関する内容は明言されませんでした。
 でもかなりの情報は出揃ったって感じですかね。

 ロビンにとっては、
「フフッ、……ええ…」
 と面白い内容。

 サンジにとっては、
「え!!? ルフィ!!?」
 と驚愕の内容。

 さらに親ゆずりの破天荒さがあり。

 サニー号を守らないといけない時間は少々長め?

 ビビにとってはおしゃれに感じるけど、ルフィにとっては違う感じ。

 戦争から3週間後。
 クロコダイルにとって「コイツら」と言われる複数人で。

 
 だいぶ情報は出揃った感はあるのですが、正直難しいなぁと。

 ビビの台詞からルフィがイメチェンしてそうな雰囲気はありますが。


 でも今回の流れだと、ルフィの七武海入りとかはなさそうだなぁ。
 どっちかって言うとバギーの方が可能性が高そうになってきたし。
 まさかクロコダイルの「コイツら」がルフィとバギーを指しているってこともないでしょう。


 それにどちらかというと消極的ではなく積極的に動いている感があるんですよね。
 折角拾った命を賭けてのイカれた行動ですからね。

 どっかに喧嘩を売った的な話なんですかね。



 ONE PIECE 59 (ジャンプコミックス)
 ONE PIECE 59 (ジャンプコミックス)


 
スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2010/07/26 16:54 ] 週刊少年ジャンプ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード