fc2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ONE PIECE 59巻 “ポートガス・D・エース死す” 感想

 頂上戦争、終結!!
 ――幕を開ける新時代!!!

 そして初版発行部数が320に伸びる。

 表紙はルフィとエース。
 その後ろにシャンクス、黒ひげ、白ひげ、ジンベエという図。

 第574話~584話を収録。

 第574話 “ポートガス・D・エース死す”
 ルフィを庇い、赤犬のマグマを纏った一撃で貫かれたエース。
 それで内臓を焼かれ、既に致命傷。
「………!! オヤジ………!!! みんな……!!! そしてルフィ……。
 今日までこんなどうしようもねェおれを、鬼の血を引くこのおれを……!
 愛してくれて………ありがとう!!!」
 その言葉を最後に、エース逝く。

 第575話 “言葉なき怒り”
 エースの死にショックを受けたルフィは、精神が崩れ始め、今まで無理が一気に押し寄せる。
 生けるエースの“意思”ルフィを救おうと、マルコが、ジンベエがルフィを救おうと奮闘。
 そして白ひげ怒りの鉄拳が赤犬に、その余波で「海軍本部」が崩壊寸前となり、さらに大地も割り、海軍と白ひげ、それと離脱しようとする海賊達を切り離す。
 本部要塞の影に人影、そこにいたのは黒ひげ海賊団。


 第576話 “大海賊エドワード・ニューゲート”
 黒ひげと一緒にいるのはインペルダウンの「LEVEL6」死刑囚。
 「巨大戦艦サンファン・ウルフ」「悪政王アバロ・ピサロ」「大酒のバスコ・ショット」「若月狩りカタリーナ・デボン」。
 さらに「雨のシリュウ」看守長。
 黒ひげはヤミヤミの実で白ひげに挑むものの、過信軽率な黒ひげに能力ではなく、通常攻撃で追い詰める。
 そこで黒ひげは一味一斉での総攻撃、白ひげはそれを一身に受けることに。
「“ひとつなぎの大秘宝”は――実在する!!!」
 最後に爆弾発言をして、白ひげ立往生。

 第577話 “畳み掛ける大事件”
 エース救出の失敗に白ひげの死、その大事件のニュースが世界を駆け巡る。
 それでも戦争は続く。
 黒ひげは白ひげの死体に対して、暗幕のなかで何かを始める。
 一方の赤犬は執拗にルフィを襲い続ける。
 暗幕の中か出た黒ひげ、ぱっと見異変はないものの、白ひげの“グラグラの実”の能力を身につけたいた。
 本来、不可能なはずの二つの能力を得ること、それを異形故にやってのけた黒ひげ。
「おれの時代だァ!!!!」
 と叫びを上げる。

 第578話 “新時代へ贈るもの”
 気分が高揚している黒ひげ。
「…どれ手始めに………、このマリンフォードを沈めて行こうか…!!!」
 そんな黒ひげにセンゴクの衝撃波が襲う。
 一方、ルフィを追い詰める赤犬。
 ジンベエが身体を張って守り、クロコダイルが“砂嵐”で上空にいるバギーに、2人を渡す。
 それでもまだ追う赤犬。
 その前に立ちふさがるのは、白ひげ海賊団。
 そんな中で、海中から潜水艦が。
 その船の主は、トラファルガー・ロー。

 第579話 “勇気ある数秒”
 黒ひげはグラグラの実の能力をコントロールしきれず、地震の規模が拡大していくばかり。
 さらに戦闘でもより一層被害が拡大していき、コビーはそんな状況で消えていく“声”を感じ始める。
 赤犬が白ひげ海賊団に足止めされ、ルフィを追うのは黄猿に。
 バギーはルフィをローに渡し、そこに黄猿の一撃が――というタイミングで、
「そこまでだァア~~~!!!!」
 とコビーの叫びが。
「もうやめましょうよ!!! これ以上戦うの!!! やめましょうよ!!!
 命がも゛っただいっ!!!!
 目的は、もうはたしているのに…!!! 戦意のない海賊を追いかけ…!! やめられる戦いに欲をかいて………!!!
 今、手当てすれば助かる兵士を見捨てて…!!! そのうえ犠牲者を増やすなんて。
 今から倒れていく兵士達は………!!! まるで!!!
 バカじゃないですか!!?」
 コビーの叫びが生み出した“勇気ある数秒”、その数秒戦闘が止まったことで、戦場に駆けつけたのは赤髪のシャックス。
「この戦争を、終わらせに来た!!!」
 と。

 第580話 “終戦”
 ルフィに預けた麦わらを拾ったシャンクス。その麦わらをバギーにパス、さらにバギーがローにパス。
 シャンクスの登場でまた戦闘が止まった間にロー達は脱出。
 それをさせまいと青キジの“氷河時代”と黄猿の“八尺瓊勾玉”で、これで生きていたら諦めるしかないというほどの最後の一撃を。
「まだ暴れ足りねェ奴がいるのなら、
 来い…!!! おれ達が、相手をしてやる」
 というシャンクスの言葉で、要約戦闘は終結へ向かい……。
 白ひげとエースの弔いはシャンクスが引き受けることに。
 そして“マリンフォード頂上戦争”は幕を閉じる。

 第581話 “忍びよる未来”
 マリンフォード頂上戦争の経緯を見ていた億越えルーキー達は、それぞれの思いを胸に、“新世界”へ。
 情報が削ぎ落とされていき、巡る海軍「勝利」の二文字。
 その情報は人を浮き足立たせ、また“白ひげの脅威”による抑止力を失った海は大きく荒れだす。
 一方、ルフィ達を発見したハンコック。
 ルフィの手術は終わったものの、蓄積したダメージは計り知れず、ハンコックはそんなルフィを“女ヶ島”で匿うことに。
 一方海軍ではインペルダウン「LEVEL6」からの脱獄者が、まだまだいると判明。
 そんな中でモリアがドフラミンゴに“七武海”を背負うには力不足と始末されようとしていた。


 第582話 “ルフィとエース”
 「頂上戦争」から2週間、その影響が各地に出始めている。
 女ヶ島湾岸へ停泊中ロー一団。
 ルフィは朦朧とした意識でエースを求め、暴れだす。
 暴れるだけ暴れ、頬もちぎれるほどにつねり、夢でないと実感しているルフィ。
「エースは………!!! 死んだんだろ゛!!!?」
 と。
 ルフィの叫びが島を包む中、ルフィの回想が始まる。
 10年前、ルフィがガープに連れてこられたのは、コルボ山、そこに住む山賊ダダンの所。
 そこにはエースが。
 いきなり唾をかけられるという最悪の出会いを果たす2人。


 第583話 “不確かな物の終着駅(グレイ・ターミナル)” 
 山賊嫌いのルフィはダダンに対しても喧嘩腰。ダダンも用意するのは、1日1回の茶碗一杯のごはんとコップ一杯の水ということで後は自分で調達しろとのこと。
 ルフィはそれをあっさり了解し、外に出て行ったエースを追いかけようとする。唾をかけられたことも、以前のシャンクスが酒をかけられても笑っていたことを思い出し、気にしないと。だから友達になろうとエースを追いかける。
 まぁ、険しい道のため初日から1週間迷子になったりしながらも、ルフィはエースを追い続ける。
 そして3ヵ月後、ゴミの山、「グレイ・ターミナル」にまでたどり着く。
 そこでエースは、グレイ・ターミナルに住む少年、サボと海賊船を買うために財宝を集めていた。
 その秘密をルフィに知られ、殺そうと考える2人も、殺す方法がわからず右往左往。
 そんな中、ブルージャム海賊団のポルシェーミが、エースに金を取られた手下を引き連れ、エースを探しにやって来た。 
 ルフィはポルシェーミに捕まってしまい……。

 第584話 “ポルシェーミの一件”
 ポルシェーミに捕まったルフィは拷問を受ける。
 そしてエースとサボは財宝をルフィが知る場所から別の場所に移動。
 でもルフィは悲鳴を叫ぶ気力がなくなってもなお、エースたちのことを喋らず。
 いよいよポルシェーミも怒り心頭でルフィを殺そうかというタイミングで、救出に来たエースとサボ。ルフィを救い出し、逃げようとするサボに対して、エースは逃げずに立ち向かう。
 ボロボロになりながらも、勝利を得、ルフィとエースも和解。
 海賊に追われる可能性も出てきたということで、サボもダダンの所で住むことに。
 そして3人の悪名が市街地にも轟くようになった頃、「ゴア王国」に“天竜人”が来るというニュースが……。

 という所で、次巻に続く。


 エー――――ス――――ッ!!


 過去編意外では主要人物が死なないというワンピースのジンクスを破る怒涛の展開。

 何度見てもエースの死はクるものがあります。
 白ひげもですが。


 白ひげの“ひとつなぎの大秘宝”発言に、黒ひげの2つの能力取得。
 色々と物語の核心に近い情報が提示されたような、謎が深まったような、そんな感じかなぁと。

 あとはコビーがニュータイプ覚醒とか。


 何気にローがルフィを救った理由とか、麦わらを気にする理由とかが気になって仕方がありません。


 SBSは前巻よりは情報量少なめ?
 ロー、黒ひげ、マルコ、クロコダイル、イワさん、3大将の誕生日が勝手に決定されたとか。

 個人的に興味深かったのは白ひげ海賊団に関してかな。
 16人の隊長は立場上同等で、番号の若さ=強さではないという話。
 同じくエースのスペード海賊団解散で仲間全員で白ひげ海賊団入りしたので隊長という構成で入ったという話。


 エースの腕のタトゥーのこととか語られるかもと思いましたが、なかったか。
 この辺はむしろ次巻で出るのかな?
 その辺に期待です。

 
 この巻の583話から、僕が結構本気で感想を書き始めたので、色々と思うところがあったりなかったり。

 連載時の感想。
 第583話 「不確かな物の終着駅」
 第584話 「ポルシェーミの一件」

 コミックの感想は58巻から書き始めです。
 58巻感想


 ONE PIECE 59 (ジャンプコミックス)
 ONE PIECE 59 (ジャンプコミックス)
スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2010/08/04 12:08 ] 週刊少年ジャンプ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード