fc2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ#136「緒戦の想定」感想

 連載ほぼ3周年記念Cカラー。

 草むらに寝転ぶエーちゃんとなっちゃんの図。
 同じ目線で、同じ気持ちで、同じ場所に向かって。

 昨日のことがウソような朝、関東ジュニアテニス大会初日。
 エーちゃんはAM5:30起床、6:00朝食――その食堂でなっちゃんとばったり。
「おはよー、エーちゃん」
「あ・・・・おはよー」
 とエーちゃんはなっちゃんと会っただけで若干赤面。
 それにつられたのか、なっちゃんも赤面しつつもくもくと食事を取る2人。
 その様子を、なんか変だと諭吉アイが光る。

 会場には既に沢山の人が。
「そりゃ一都六県の年齢別の代表選手が全員集まってるんだから。でも、これが今日半分になるんだ。STC(ウチ)は全員生き残るぞ!!」
 という檄を飛ばす青井コーチ
「はい」
 と声を揃えるSTCメンバー。

 7:30にはウォーミングアップを済ませ、8:30に受付を済ませたエーちゃん。
 試合開始10分前にはノート、ドリンク、タオル等、準備万端にしてコードサイドへ。
 そこで緒戦の相手、矢河辺忠則の情報を改めて確認。
 サーブとフォアの直球が武器のベースライナー、まずは多用してくるバックのスライスが一番読み易いからそこから攻撃の糸口をと試合の展開練る。
(ここまではすべて予定通り、予定外といえば・・・・)
 と思い出すのはなっちゃんの「じゃあさ・・・・私とつき合ってよ」発言。
 それを思い出し、エーちゃん超赤面。
(いやっ・・・・いずれ告白するつもりだったわけだし、ちょっと予定が早まっただけで予想外ではない! ひとつ悩みがスッキリしたと思えば、これはプラス要素! ただマイクも恋愛モードと戦闘モードは対極にあるって言ってたしここは切りかえて!」
 と首を大きく左右に振って気持ちを切りかえようとするエーちゃん、そこに矢河辺が。
 でもその姿はエーちゃんが見たビデオのイメージより背が高い。
 それは諭吉との試合後1年で急激に伸びたということ。

 試合前の練習ラリー。
 矢河辺はバックハンドでスピンも結構打ってきて、サーブも直球系以外にも結構種類がある。
 そして何よりも身体のサイズが予定と違ったために、球の軌道が予想と全然違うと戸惑うことに。

 そして試合は3セットマッチ、矢河辺のサービスプレイで始まる。

(いろいろ予定外だからって最初から焦る必要はない。使える情報だけ活かしてあとは自分のテニスをすればいい)
 と気持ちを切りかえたエーちゃん。
 矢河辺のサーブスピードもパワーもあるサーブがセンターに、それを返すものの、矢河辺は前に。
 まさかのサーブ&ボレー。
(背が伸びてパワーアップしただけじゃなくベースライナーでもなくなったってこと? それとも今のは奇襲? ちょっと待て・・・・。ここにきて、急に予定外なことばっかりになってきたぞ。情報は全部一度白紙に戻したほうがいいのか?)

 今度のサーブもエーちゃんの知らないスピンサーブ。
 そしてやはり前に出る矢河辺。

 どうしても違う予想を立てている分反応が遅れるエーちゃん。
 矢河辺は急激に伸びた身長を生かしたサーブ&ボレースタイルに変更したのだと確信。
 そこで深く息を吐き、
(落ち着け・・・・ここは相手サーブ、まだ焦る段階じゃない。まずはできる限り頭の中からビデオの情報を排除して・・・・、相手をよく見ることに集中・・・・!)
 と情報の切りかえに努める。

(サーブはスピン系が加わった分、直球系に伸びを感じる・・・・。・・・・でもこっちが追い込んだ時のバックハンドはスライスだけ・・・・、スピンはまだ試合で使った経験が少ないから、自信がないのかもしれない)

 と分析を続ける一方で、自分のサーブは確率を上げることを重視して、ブレイクさせないよう注意。
 第6ゲームまでお互いにキープ合戦、その間エーちゃんの分析が続く。

 そして第7ゲームの矢河辺のサーブビスゲーム。
(前に出てくる時は得意のフォアの直球に頼ることが多い。でも、この直球はビデオで見たのと変わらない。ボレーは下手じゃないけど構えが窮屈で余裕がない・・・・、たぶん、これも慣れてない証拠。同じサーブ&ボレーヤーでもタクマさんの比じゃない・・・・。これなら、抜ける!!)

 とエーちゃんのフォアが決まり、0-15へ。
(バックのスライスとフォアハンドとボレー・・・・・・狙い所は定まってきた・・・・、あとはそこをどうやって崩していくか。よし・・・・ここら辺で、一気に仕掛ける!!)

 というところで次回<#137 チェンジオブペース>につづく。


 前回の告白回で大反響だったこのタイミングでセンターカラー。
 エーちゃんとなっちゃん、お互い頬を染めながら、視線は合っているというが素晴らしい。
 大人気御礼が本当に相応しいです。

 あとコミック14巻、10月15日発売のアナウンスがありました。
 既に予約始まってましたが。


 さすがに前回の告白を引きずるエーちゃんとなっちゃん。
 その様子を捉えた諭吉アイ、これは試合後に、「つき合い始めました」宣言をさせられるとか、ニヤニヤイベントが起こるのではと思ってしまう。

 そしてエーちゃんの緒戦の相手、矢河辺。
 身長が伸びたことでの、プレースタイル変更。

 そっちの方がいいとしてプレースタイルを変更したのでしょうが、どうしても(長くても)1年じゃしっかり慣れるというのは難しいのでしょう。
 結果、エーちゃんの目には劣化版タクマさんという風に映ってしまう。

 何というか、

『まあ相手が悪いよ。エーちゃんじゃなきゃここまでの完成度は要求されない』

 といった所か。


 神奈川大会のときから言っているのですが、エーちゃんの戦い方難波江に似てきてるよなぁ。
 だからその言葉が出てきたのですが。

 しかし人生、予定外というのが、今回の試合にもかかってくるとは。
 これもまた想定外でした。


 最後になりましたが連載ほぼ3周年おめでとうございます。
 って「ほぼ」!?

 ……確認したら46号から連載開始してるんですね。
 今回は44号。

 連載100回直前記念の巻頭カラーといい、何か地味に動きが早いなぁ。
 今回のCカラーは素晴らしい判断だと思いましたが。


 ベイビーステップ(14)(週刊少年マガジンKC)
 ベイビーステップ(14)(週刊少年マガジンKC)


スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2010/09/29 11:34 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード