fc2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ONE PIECE -ワンピース- 第598話 「2年後」 感想

 舞台は2年後――、
 仲間との約束を果たすため、海賊王になるため、
 ルフィの航海、再開!!


 頂上戦争より2年が経ち、ルフィを迎えに来たハンコック達。
 彼女らを威嚇する「ルスカイナ」の獣達、それを
「おい!! よく見ろおれの友達だ」
 という一声で大人しくさせ、すっかり島のボスという風格が出てきたルフィ。
 置きっぱなしにした麦わらを被り、麦わらのルフィ復活。


 そのころ“偉大なる航路”シャボンディ諸島では丁度麦わら一味の話題が。
 2年前のルーキー達がいま“新世界”を掻き回している、そして今もあの時ほどではないにしても島に“億越え”がちらほら。
 そんなタイミングでの麦わら一味の出現と“仲間募集”のチラシ。
 一味を拡大して「新世界」で大暴れかという憶測が飛び交う。

 ブルックは大スター“ソウルキング”ブルックとなり 33番GRシャボンディパーク内ライブ会場「シャボンドーム」で「ワールドツアー」ファイナルライブ中。
 その人気は凄まじく、ライブ中に失神者が続出しタンカで運ばれる人が多々。

 そしてサンジは44番GR海岸に到着。
 本物の“レディ”を見て思わず涙、そして突撃して全力で逃げられる図。

 とある酒場ではナミがマスターから情報収集中。
 「海軍本部」がすぐそばの「マリンフォード」からレッドラインを挟んで対になってた支部「G1」と場所入れ替え。
それはセンゴクに替わる新“元帥”の「四皇」のいる海に「本部」を構えるという覚悟の表れ。
 その影響で、シャボンディ諸島には無法地帯が増えた。

 そんなナミに声をかけたのは、偽麦わら一味。
 自称“泥棒猫”ナミがナミに銃口を向け、それを救ったのは、“必殺緑星”「デビル」ということで、ウソップのポップグリーン」。
「悪ィがおれはおめーチョッパーとの弱小トリオは卒業だ!! 何が起きてももう動じねェ!! そんな“戦士”におれはなったのさ!!」
 と言った直後に、そげキングを見て激しく動揺。
 そんなウソップをナミは連れ出して、お代の代わりとばかりに雷を偽麦わら一味に。

 “13番GR”シャッキーズぼったくりBAR。
 サンジがたどり着く。
 ついた順番は最初からゾロ、フランキー、ナミ、ウソップ、チョッパー、でサンジ。
 ブルックもライブで既に島に来ているから既に7人が島のどこかにいる。

 それにサニー号もデュバルが必死に守り、無事、コーティングも既に済んでいる状態。

 シャボンディ諸島にたどり着いたロビン。
 でも彼女は追われる身。
 そんな中で手に入れたブルックのライブと“麦わら一味”仲間募集のチラシに疑問符。

 その頃チョッパーは偽ゾロ、サンジ、ロビンの後を偽者と気づかずに付いていっていた。
 偽一味がチョッパーを迎え入れようとしたときに、偽ロビン攫われ、焦るチョッパー。

 “麦わら一味”が仲間を募集と聞いて黙っていられないのは海軍。
 旧本部マリンフォード、現海軍支部「G1」ではその一報を聞きすぐさま本部に報告。
 シャボンディ諸島に海軍戦力が集結することに。

 そのシャボンディ諸島では、ナミとウソップにしてやられた偽ルフィが髪と鼻の長い男女を探し、やりたい放題。
 手下たちにも探させ、
「あの2人組を殺して見せしめろ」
 と叫んでいる中、巨大な荷物を背負った人物にぶつかる。
 それこそが、本物のルフィ――というところで次回につづく。


 “サバイバルの海 超新星編”も597話で終わり、598話から“最後の海 新世界編”として再始動!!


 2年ぶりに集まる麦わら一味。
 その一方で現れた偽麦わら一味。

 どういうタイミングで本物バレするのか、こういう王道的展開はやっぱり燃える。
 しかもルフィと接触というこの引きが……。

 来週の展開が超楽しみです。


 本編ではゾロとフランキーが未登場ですが、カラーページで登場しているので、変化はわかります。


 それぞれの変化としては
 ・ルフィ――胸に大きな×傷痕。レイリーによる基礎修行は1年半で終了、残り半年は我流修行。
 ・ゾロ――右目に傷痕、隻眼に?
 ・ナミ――髪が伸び、胸も成長。
 ・ウソップ――しっかりダイエットに成功し、逞しく。新兵器「ポップグリーン」も実用化成功済み。
 ・サンジ――ヒゲが。あとイワさんを「イワ」呼ぶ仲に。あとどっ引かれるくらい女に飢えてる状況。
 ・デョッパー――帽子が変更。
 ・ロビン――髪型がオールバックっぽい感じに変更。そして追われる身。
 ・フランキー――傷の治り(直り?)、坊主頭に。
 ・ブルック――檻から抜けたどころか、あの手長族の3人をマネージャーとして大スター“ソウルキング”に。
 といったところ。


 偽麦わら一味の仲間条件は最低7000万の賞金首であること。
 7000万以上が3人。
 そのうち“濡れ髪のカリーブ”と“返り血のコリーブ”は2億1000万と1億9000万、合わせて4億の兄弟船長。

 こういっちゃ何ですが……どのくらいの力をつけたのか測るのにはちょうどいい相手といったところでしょうか。

 偽麦わら一味自体の実力は微妙だと思いますし。
 本当に実力があるのなら、そんな虎の威を借りることをする必要はないと思うので……。

 あえて最低賞金額を7000万以上としていることから、あの偽ルフィの賞金額が7000万ジャストだと予想。
 これで2年前のルフィ同様3億の賞金首とかだったらビックリですが。


 
 久しぶりのワンピース。
 やっぱり面白いです。



 ONE PIECE 59 (ジャンプコミックス)
 ONE PIECE 59 (ジャンプコミックス)
スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2010/10/04 08:42 ] 週刊少年ジャンプ | TB(0) | CM(2)
ニセルフィは本物ルフィの懸賞金を自分の懸賞金だと言い張ってるぐらいショボイ便乗野郎だと思うので本当の彼の懸賞金はかなり低いのではないでしょうか、ひょっとすると賞金首ですらないかもしれない。
最低7000万と言っているのは、現在の麦わら一味(本物)の懸賞金がみんな膨れあがって、(泥棒猫ナミあたりで)最低額が7000万だからなんじゃないかと思います。
あいかわらずチョッパーは100ベリーくらいじゃないかと思いますけど。
[ 2010/10/07 22:07 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 最低7000万と言っているのは、現在の麦わら一味(本物)の懸賞金がみんな膨れあがって、(泥棒猫ナミあたりで)最低額が7000万だからなんじゃないかと思います。

そっか。麦わら一味全体の懸賞金が上がっているって可能性もあるんですね。
ルフィなんかはドラゴンの息子である事実、それにインペルダウン件といい、マリンフォード頂上戦争の件といい懸賞金の額が跳ね上がってそうですし。
ただ他のメンバーは大きな活動はしてませんでしたが。
……フランキーは伝説になっていた気がしますが……。

うん。麦わら一味というだけで懸賞金が跳ね上がるって流れになってるのかも。
確かにチョッパーは相変わらずでしょうが。


偽ルフィは微妙な小物って感じがするんですよね。
素で“新世界”に入りづらいから、箔を付けたい的な。
何というか、茶ひげみたいな。
彼も懸賞金は8000万でしたし、偽ルフィが7000万の懸賞金でも不思議はないかなぁと思っている次第です。

偽ルフィがその位だとすると、偽麦わら一味は、ウソップやナミ、チョッパー、どちらかというと非戦闘組みだったメンバーの相手となるんじゃないかと。
一方のルフィ達戦闘組みは“濡れ髪のカリーブ”と“返り血のコリーブ”がいますので。

どちらも修行の成果を見せるには、ちょうどいい相手なんじゃないかなぁと思ってます。
[ 2010/10/07 22:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード