FC2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ぬらりひょんの孫 第14話 「劫火と驟雨」 感想

 正式に四国妖怪に宣戦布告された奴良組。

 リクオは清十次怪奇探偵団のメンバーの安全を考慮して自分の屋敷での合宿を発案。
 そこで安全を確保しようとする。

 そんな中、牛頭と馬頭は岸涯小僧に印をつけておいて、その後の襲撃。
 圧倒的実力差を見せるものの、それも雨が降り出すまで。

 水を得た岸涯小僧の前に逃げ出すことに。


 で、そんな岸涯小僧は浄水場に出現。
 それを予測し、対峙したのは、河童。
 
 水妖怪対決を制したのは河童。
 上空へ飛び水の力を得れなくなった岸涯小僧に狙いを定めるものの、そこに犬鳳凰が現れ岸涯小僧を連れ逃げていく。



 ほぼオリジナル展開。
 出番はそれなりにあったけど残念扱いだった岸涯小僧に活躍の場を。

 でもそれに以上に河童強い的な話。


 あれだけ派手にやられて、奴良組の屋敷が安全な場所とはとても思えない件。
 まぁ、警備体制を強化するから安全という話かもしれませんが……。


 しかしつららの絶対零度の視線とか、若菜のカナの関係を嫁姑関係みたいと言われてケーキが氷漬けとか思わず笑った。
 っていうか何かガリガリ食べてるなぁと思ったら氷ケーキだったし。


 そして次回は毛倡妓vs針女っぽい。
 これはあまり出番のなかった四国妖怪に出番を与えるオリジナル話が続くかな。


 その一方で袖モギ様は土地神を襲っている感じが強くなりましたが。



 今回以前の感想。
 第1話 「魑魅魍魎の主となれ」
 第2話 「毒羽根は竹林に舞う」
 第3話 「花開院ゆらと清十字怪奇探偵団」
 第4話 「闇の鼠は猫を喰らう」
 第5話 「鬼棲む山に紅き梅は咲く」
 第6話 「魔の山に仕組まれし罠」
 第7話 「新月の夜に闇が動いた」
 第8話 「梅若丸、無残!」
 第9話 「牛鬼の愛した奴良組」
 第10話 「魔鏡来りて果実を喰らう」
 第11話 「先陣の風、西の方より」
 第12話 「玉章と七つの影」
 総集編 「牛鬼様謀反、顛末」
 第13話 「隠神刑部狸玉章の手招き」



 ぬらりひょんの孫 4 (ジャンプコミックス)
 ぬらりひょんの孫 4 (ジャンプコミックス)


 ぬらりひょんの孫 第3巻【初回限定生産版】 [DVD]
 ぬらりひょんの孫 第3巻【初回限定生産版】 [DVD]


 
スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2010/10/12 21:01 ] アニメ感想 | TB(10) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ぬらりひょんの孫 第14話「劫火と驟雨」
「君を僕の百鬼夜行の後ろに並ばせてあげるよ-----------!!」これは四国八十八鬼夜行の隠神刑部玉章による正式な宣戦布告。だが挨拶もままならないその時、狒々の息子の猩影が「親父...
ぬらりひょんの孫 第14話「劫火と驟雨」
第14話「劫火と驟雨」
[2010/10/12 21:46] Happy☆Lucky
ぬらりひょんの孫 第14話「劫火と驟雨」
『四国八十八鬼夜行(しこくはちじゅうはっきやこう)を束ねし隠神刑部狸玉章(いぬがみぎょうぶだぬきたまずき)が再びリクオの前に現れた...
[2010/10/12 21:48] Spare Time
ぬらりひょんの孫 第14話「劫火と驟雨」
「それって、結構難しい注文ですよ、三代目」 今回も原作には無いオリジナルの描写(河童の活躍など)が数多く含まれてました。 やはり四...
[2010/10/12 22:03] 日記・・・かも
ぬらりひょんの孫第14話『劫火と驟雨』の感想レビュー
水を得た岸涯小僧(ガンギこぞう)超TUEEE!でも、それ以上に河童さんマジクール!なお話でした。 牛頭&馬頭大活躍回かと思ったら、真の実力者っぽく美味しいところを持って行くなんて、さすが河童さんやでぇw 玉章達との本格抗争に突入したわけですが、ち...
ぬらりひょんの孫 第14話「劫火と驟雨」
リクオの前に再び現れた玉章は、改めて奴良組の乗っ取りを宣言。 父の仇を叫ぶ猩影も一蹴し。 犬鳳凰の炎で門を燃やされてしまう…とこれが...
[2010/10/12 22:49] SERA@らくblog
ぬらりひょんの孫 #15
【劫火と驟雨】 ぬらりひょんの孫 第2巻【初回限定生産版】 [DVD]出演:福山潤 平野綾 堀江由衣 櫻井孝宏 杉田智和 大塚周夫販売元:東宝発売日:2010-10-22おすすめ度:クチコミを見る つららちゃんまだやってたんですね('◇'*) 
[2010/10/13 02:13] 桜詩〜SAKURAUTA〜
ぬらりひょんの孫 #14「劫火と驟雨」
ついつい原作コミックス既巻分読んじゃいましたw アニメでどこまでやるのかな〜と俄然気になってしまいますね。 (超今更ですが…汗) ぬらりひょんの孫 12 (ジャンプコミックス)作者: 椎橋 寛出版社/メーカー: 集英社発売日: 2010/09/03メディア: コミック
[2010/10/13 11:31] 風庫〜カゼクラ〜
『ぬらりひょんの孫』第14話 感想
総集編以降アニメブロガーさん達の感想が減りました? なんか少ない気がします。 と思ったら、成程。 多くの方が総集編を話数にカウントし...
[2010/10/13 12:57] シュミとニチジョウ
ぬらりひょんの孫 #15 劫火と驟雨 レビュー キャプ
突然、奴良組本家を襲撃してきた犬神。リクオ達が犬神を追って 外に出ると、そこには隠神刑部玉章と七人同行が正式に挨拶に 来たと言って待っていた。いきなりやってきた玉章達に驚く リクオ達だったが、猩影は父・狒々の仇を目の前にして、自ら 名乗りを上げる。玉章はそ...
[2010/10/13 21:59] ゴマーズ GOMARZ
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード