fc2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ#143「不敗神話」感想

 リードしているエーちゃん。
 でも早々にチェンジ オブ ペースに対応されたことに、警戒感を強める。

 スピンの後の直球と深いスライスから一気に攻められたことから、念のためこれ以上対応されたいよう長いラリーを避けるべきかと思い始める。
 リードを活かして強気に短いラリーで決めていこう、あくまで攻撃に逃げ切ると。

 そのためにはサーブ。
 エースで決まればベスト、井出の反応がよくなっていることを考慮して、さらにリスクを負っての強いサーブ。

 それがコースに決まり、井出はラケットに触れさせるのが精一杯で40-15。
 井出も、まだ速くなんのかよと思わせるほどのサーブに、ギャラリーのざわめきも増す。

 エーちゃんも納得の手ごたえ。
 でも今のサーブはほとんど最速、それでコースをついたにも関わらず触られた、というのはまずいかもしれないと危機感を更に募らす。

 でも40-15、ここを取ればキープで一度リセットできると次のサーブへ。
 直球の次はスライスをワイドへ。

 このサーブの変化にもきっちり対応してきている井出。
 できるだけ速く決めるのは、対応された直球よりも格段に強い直球――。

 と見せかけて、ドロップ。

 でもそのドロップに井出は素早く反応。
 そのボールに追いつこうと走る。

 とここで、井出の不敗神話についての回想。
 友人に脚も速い、パワーもある、でもそれは一般的な話し。全国レベルで身体に恵まれているわけではない井出が何で全国でもトップレベルなのかという友人の疑問。
 その発言を挑戦と受け取った井出は、その証明として手押し相撲の勝負を申し込む。

 まず一人目、友人の初っ端からの力押しを受け流し勝利。
 二人目、得意だという別の友人をあっさり押して勝利。
 そのリベンジをしようと試みるものの、一度も勝てない友人達。
 そこで井出、「だって俺、これ一度も負けたことなーし」と自信満々。
 でもこれテニスが全国レベルなのって関係なくないかというもっとな疑問。
 でも井出は関係あると。
「だってどっちも1対1でどう攻めて守るかだし、一瞬の反応と判断であっという間に勝負が決まっちゃうんだぜ。俺から言わせりゃすげー似てるっつーかほとんど同じだね」
 と断言。

 でもどちらも強いだけに説得力はあるものの、信じられない友人達は対戦相手を次々とレベルアップさせていくことに。
 クラス一の怪力、学校一デカイ杉山、更には柔道部の近藤、終いには相撲部まで。
 井出がその相撲部の相手をしている間に、直前に負けた近藤が井出の強さを解説。

 それは勘のよさ。
 それも当てずっぽの第六感ではなく、瞬間的な状況判断能力。
 相手がなにをしてくるのかを性格とか表情とか動きとか、あらゆる情報から察知して、瞬時にベストの対抗策を選んで実行する力。
 今からでも柔道をやれば1年で全国も夢じゃない――というのは言い過ぎでも、その実力は本物。
 と、そこで、ドーンという音と周りの大歓声。
 それは井出が相撲部にも勝った際のもの。

 でも相撲部に上に乗られた井出、
「な・・・・? スゲーだろ・・・・俺」
 と震える手でVサイン。
「うん・・・・お前スゴい」


 そんな井出。
 エーちゃんのタイミングもショットも完璧だったドロップに追いつき、返す。
 ものの、ネット際まで全力で走っていた井出、その勢いを止められず、ネットに突っ込んで、さらにエーちゃん側のコートにまで転がり込んでくる。

 と、井出の派手なタッチネットでエーちゃんがキープ、4-0に。

 でも湧き上がる井出への大歓声とそれ以上の笑い声。

 そんな中の青井コーチ。
「しかし魅せるねー・・・・確かに面白れえや」

 倒れた井出に手を差し出すエーちゃん。
「ああ、サンキュ。いやー・・・・お前マジで強いわ! まいった! でも、言っとくけど、こっからだぜ!」

(・・・・・・・・。・・・・今の反応の早さは普通じゃない。読まれた? リードはしてるけど、まだまだここからだ)

 というところで次回<#144 蓄積>につづく。



 井出の強さの秘訣。
 瞬間的な状況判断能力。

 これは、それっぽい描写が前回からありましたし、納得。
 前回青井コーチが言った“恐ろしい勘のよさ”の別表現。

 しかしこうやって見ると、井出の一回に得る情報量はかなり大きそう。
 同じ得た情報を武器にするエーちゃんとは、やっぱり似て非なるものなんだろうなぁと。


 井出の得る情報は、広く浅く素早く。
 エーちゃんは狭く深く正確に。

 って感じですかね。

 そこで問題となりそうなのが、次回タイトルの“蓄積”。
 これは得た情報のことなのか、あるいは経験とかそういうことなのか……。


 まだ言いたいことが色々あったのですが、思いのほかぐだぐだになったので、バッサリカットしました。




  ベイビーステップ(14) (少年マガジンコミックス)
 ベイビーステップ(14) (少年マガジンコミックス)


 バッサリカットついでの余談。
 髪、切りました。

 ココノイさんの頭に半年振りくらいにトサカが復活しました。



 以前の感想。

 10巻相当
 #91 「前進」
 #92 「ステップ」
 #93 「潜在能力」

 11巻(#94~#103収録)
 12巻(#104~#112+番外編収録)
 13巻(#113~122収録)
 14巻(#123~#131+番外編収録)

 15巻相当
 #132 「夏にむけて」
 #133 「再戦」
 #134 「遠征」
 #135 「永遠に続く時間」
 #136 「緒戦の想定」
 #137 「チェンジオブペース」
 #138 「嵐を呼ぶ男」
 #139 「井出義明」
 #140 「真意」
 #141 「集中」

 16巻相当
 #142 「大雑把」
 #143 「不敗神話」

スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2010/11/24 18:45 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード