fc2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ONE PIECE -ワンピース- 第609話 「魚人島の冒険」 感想


 人魚と戯れ、ここに住むと根性で元に戻ったサンジ。
 チョッパーも珍しい血液型であるサンジの血液ストックがもう無いから、一安心。

 一方ルフィは会いたい奴がいると。
 それはエースが死んだ時、ヘシ折れずに済んだ恩人でもある、ジンベエ。
 この島で会う約束をしているものの、ジンベエは戦争で“七武海”をやめたため、「魚人海賊団」だった人物は島に居られなくなってジンベエと一緒に出て行ってしまったのだと。
 そのことを残念がるルフィ。

 と、そこにメダカ達が王国の船が来ると情報を持ってくる。
 それは“不法入国”のルフィ達を捕らえに来たのかもと、ケイミーはルフィ達を匿うことに。
 やってきたのは王族のゴンドラ。
 しかもやって来たのはネプチューン三兄弟と王子様達。 
 リュウグウ王国ネプチューン家三兄弟、長男のフカボシ、次男のリュウボシ、三男のマンボシ。
 彼等は不法入国者を探しているのだと、人魚達に聞くが、そこで答えることはしない。

 そしてその様子を発見したハモンド。

 人魚に抱きしめられる形で隠れているサンジにいよいよ限界が。
 人魚型の鼻血を吹いて、倒れる。
 フカボシは“麦わらのルフィ”を確認し、アンモナイツを。
 チョッパーは不法入国で捕まえるのは後にして、その前に献血をしてくれと。
 血液は「S型RH−」だと。

 誰か血を分けてくれというものの、反応は芳しくない。
 エイミーは人魚も魚人も人間と同じ血液で輸血も可能、でも。

 “下等種族”である人間に、血をくれてやろうなんて物好きはこの魚人島にはいないと、そんなことすれば人間を嫌う者達から“闇夜の裁き”を受けると笑うハモンド。
 ダラダラと大量に血を流して、何もできず死に絶えればいいと。
 それは国の古い法律「人間に血液を分かつ事を禁ず」というもの。
 でもそれは人間が決めたルール、魚人を化け物と恐れ、血の混血を拒んだ。
 それは魚人島の英雄“フィッシャー・タイガー”も同じ。
 種族構わず奴隷解放に命をはった男、でも流血戦の末、血液さえあれば確実に生きられた命をいとも簡単に落とした。
 その理由は心なき人間達に供血を拒まれたから。

 ハモンドはサンジの命は諦めて自分達と来いと。
 「新魚人海賊団」船長“ホーディ・ジョーンズ様”が呼んでいると。

 その話を聞いても諦められるはずもなく、サンジを救ってくれと叫ぶウソップ。

 ハモンドはそこで力づく行動、“打瀬網”でルフィ達を捕らえようとするが、ルフィはそれを回避。
「お前らの言う事は…聞かねェって!! 言っただろ!!!」

 と“JET銃”3連発でハモンド達を一蹴。
 さらに迫る海獣を一睨みで、負けを認めさせる。

 その様子を見て、流石だとフカボシ。

 とそこでケイミーが王子達のリュウグウ号を強奪。
 サンジ達を助けたら必ず返しますと、ルフィ達を乗せ、町へ。

 2年前のシャボンディでのケイミーやハチの件といい、今回といい。
 差別の根っこは深そうだとウソップ。

 ケイミーは町についても献血者がすぐに見つかるかどうか。
 ここ一か月、人間がこの島にやってこなくなって、ルフィ達は久しぶりのお客なのだと。
 名スポットにも関わらず。
 それは誰かが航海者の邪魔をしているのではないか、大きな影が動いているのではと国中の噂。

 人魚達に海賊を匿っていたことを咎めるフカボシ。
 それはケイミーの友達で悪そうではなかったから、不法入国で捕まるのはかわいそうだと思っての行動だという人魚達。
 でもフカボシはそれは早とちりだと。
 ルフィ達は有名な海賊、入国審査は受けなくても構わないほど素性はわかっている。

 にもかかわらず、王子達でルフィを探していたのは、ジンベエの伝言を伝えるためだった。
「ジンベエの伝言も、伝え損ねたな………」
 ――というところで次回に続く。

 サンジ、復活かと思いきや、抱きしめられ、瀕死の鼻血。
 いままでずっとネタだったのに、こんなシリアスな展開に繋がるとは……。

 人間と魚人の深い溝。
 そして明かされるフィッシャー・タイガーの死の原因。

 それにしても「新魚人海賊団船長ホーディ・ジョーンズ」といい、「闇夜の裁き」といい、色々と情報が小出しという感じだなぁ。
 まだまだ色々とありそうです。

 それに王子達とジンベエの関係、そして伝言の内容も気になるところ。



 61巻の予約が開始されています。

 ONE PIECE 61 (ジャンプコミックス)
 ONE PIECE 61 (ジャンプコミックス)


 以前の感想。
 1巻〜57巻は書いてません。
 58巻 “この時代の名を“白ひげ”と呼ぶ”(563話〜573話収録)
 59巻 “ポートガス・D・エース死す”(574話〜584話収録)
 60巻 “弟よ”(585話〜594話)

 61巻相当感想
 第595話 「宣誓」
 第596話 「SPECTRUM」
 第597話 「3D×2Y」
 第598話 「2年後」
 第599話 「九人の海賊」
 第600話 「再出発の島」
 第601話 「ROMANCE DAWN for the new world―新しい世界の冒険の夜明け―」
 第602話 「下舵いっぱい!!」
 第603話 「心に留めておけ」
 第604話 「深層へ」

 62巻相当
 第605話 「クラーケンと海賊」
 第606話 「深海の冒険」
 第607話 「海底1万m」
 第608話 「海底の楽園」
 第609話 「魚人島の冒険」
スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2011/01/04 22:49 ] 週刊少年ジャンプ | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ジャンプ5・6号感想!
遅れてしまいましたすいませんでは早速、今回のPICK UPは・・・・ワンピースです(初のワンピースだ)魚人島に入国したルフィ達は、いきなりある人たちに追われてしまいます(結果的 ...
[2011/01/09 06:55] PSYRENをアニメ化しよう
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード