fc2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ベイビーステップ#151「タイミング」感想

 第3セット、ゲームカウントは5-5。
 重圧の要因は試合が進むに連れて増えていく。
 だからこそ、今までよりも入念に重圧を消すイメージをするエーちゃん。
 すると抱えていた重圧全てを消す事に成功する。

 その上で放たれたサーブ。
 それを井出がリターンエースで0-15に。

 思わずやられたと悔しがるエーちゃん。
 しかし今のサーブはベストのものではなかった。
 今までで一番うまく重圧を消せたはずなのに何故かと考える。
 するとイメージが全部消えた直後に力が抜けた感じがしたという考えに思い至る。
 そして重圧を全部消したらいけないということにも。

 そんなエーちゃんの様子を青井コーチが、サーブは唯一自分の力のみで打つショット。だからこそ精神状態が露骨に出やすいと解説。

 重圧を明確にしてから消すことはいい結果に繋がっている、でも全部消すのもよくないと考えていると段々と時間が過ぎていく。
 すると重圧がより重くのしかかってくる。

 重圧を明確化する作業自体がキツく感じえるエーちゃん。
 これをさらに消していくイメージというところで、15秒経過のコール。
 もう全部消す時間はないと、出来る限りのものを消すイメージでのサーブ。

 これは井出に触らせず、エース――かと思いきや、惜しくもフォルト。
 しかしそのスピード、更にこの状況であれだけのサーブを打ったエーちゃんにギャラリーもザワめく。

 エーちゃんもフォルトだったが、重圧を完全に消しきった時よりも身体のキレがよかったと、重圧は全部消しきらない方がいいという結論に至る。
 でもだったらどのくらい重圧を残せばいいのかという新たな疑問が。

 先ほどのサーブは30%くらいの重圧が残っていたとして、今度は40%くらい残すイメージで。
 そこで放たれたサーブに井出はあっさり反応、どころか厳しいリターンを返してきて、結果井出がポイントを奪い0-30。
 これはセカンドサーブだったというだけではなく、身体のキレが良くなかったため。
 次取られたら0-40と後がなくなってしまう。
 重圧を全部消したらダメ、40%残っていてもダメなら、約20%〜30%という感覚がベストだと。
 しかし重圧の大きさもその都度変わるものだから、それ以前に経験したことのないほど大きな重圧故に正確な判断はできない。
 でもあくまでもそれはイメージの中の話、重圧の大きさなんて正確に認識できるわけがないと頭を振り、まだまだ悩む。

 そんなエーちゃんの考えている様子を見た井出、こういう時は要注意だと警戒感を強める。

 そしてエーちゃん、重圧を明確化、そしてその重圧を消しつつも少し残すそのイメージを保ったまま、サーブ。
 これが速く、それでいていいコースに決まる。
 井出はなんとか返すものの、それを1/64コントロール、更に前に出る。
 するとそのエーちゃんのプレーに押されたのか、井出のショットはネットを超えず15-30に。
 エーちゃん思わず「よしっ!!」と、つられる様になっちゃんも「よしっ!!」。

 エーちゃんは今のプレーに手ごたえ。
 重圧20%〜30%残しがベストだと。

 一方で緊張が高まっているのは応援する姫子達。
 それはエーちゃんが将来を懸けているのを知っているから、ここまで来たら勝たせてやりたいと漏らす景山。

 そしてその一方で井出応援団内でもこの試合がいつもの井出の試合と違うことを感じ始めた人物が。
 井出が競った試合をする場合は、終盤ともなるとだんだんビビッてくるはずなのに、エーちゃんは……。
 でもそう思うならもっと応援して、その応援の力で井出を勝たせるんだと井出への応援は更に力を増す。

(超重圧がかかるこの状況で・・・・どうすれば力を出せるかはだいたいわかった。あとは、それをどこまで実行できるか・・・・。自分を信じてやりぬくだけ
。自分に勝って・・・・井出君に勝つ!!)

 というところで次回<#152 好機>に続く。


 さて、なっちゃんも応援に駆けつけたわけですが……出番少ないです。
 それでも、思わずエーちゃんの「よしっ!!」なっちゃんの「よしっ!!」にはニヤけてしまいました。


 そして重圧の全消去による身体のキレが悪くなる。
 これは分かる気がします。

 感じている重圧を全部消してしまうと、それは頭が戦闘モードから、リラックスモードに入ってしまうのでしょうね。
 恋愛モードほどではないにしても、それは戦闘モードには程遠いのでしょうし。


 あれ?
 前回書いた井出が重圧を感じることになるんじゃないかというのが、あながち間違いではないのでは?

 そうじゃないにしても、今回の話は前回の感想で書く積りだった内容とニアミスだったり。

 井出の競った試合の終盤では、だんだんビビって自滅云々は、書こうと思っていた内容の一つでした。

 それを「第3セットまでもつれ込みながらも精神的に折れず、それどころか今尚成長を続けるエーちゃん」と書こうと思っていたことを言い回しを変えて残してはいましたが……。

 まぁ、この辺はもう少し付け加えたい部分もありましたので、折角なので書こうかと思います。

 とりあえず後日加筆という予定で、ですが。


 ベイビーステップ(15) (少年マガジンコミックス)
 ベイビーステップ(15) (少年マガジンコミックス)


 以前の感想。

 01巻(#1〜5まで収録)
 
 02巻〜10巻までは書いてません。

 10巻相当
 #91 「前進」
 #92 「ステップ」
 #93 「潜在能力」

 11巻(#94〜#103収録)
 12巻(#104〜#112+番外編収録)
 13巻(#113〜122収録)
 14巻(#123〜#131+番外編収録)
 15巻(#132〜#141収録)

 16巻相当
 #142 「大雑把」
 #143 「不敗神話」
 #144 「展開図」
 #145 「投影」
 #146 「応援」
 #147「見えない敵」
 #148「現状把握」
 #149「直視」
 #150「イメージ」
 #151「タイミング」
スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2011/02/02 23:46 ] ベイビーステップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード