fc2ブログ

第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ネギま! 317時間目 「崩壊へのカウントダウン!」 感想

 ポヨとの対決中でもネギの復活に気づく龍宮。
 そしてポヨも勿論気づく。

 だが、それとほぼ同時に世界を救うには遅かったかもしれないという事態

の発生にも。

 一方、タカミチ、大小合わせて五十万の召喚魔の相手をしているため、ネ

ギのサポートには回れない。
 クルトはタイムリミット二十九分前で魔力増大速度の一時減衰を確認。し

かしながら、本国より緊急入念が。
 それは連合各地で強力な魔力嵐が発生し、その嵐に触れたものはチリのよ

うに姿を消したというもの。
 それは魔法世界崩壊の開始。
 動揺を隠し切れないクルト。

 一方、メガロメセンブリア、メガロ湾沿岸。
 そこでも嵐が視認できる。

 メガロ市民はアナウンスにも関わらず、メガロ軍がいるから大丈夫と避難

する様子を見せず。
 しかしながら、そのメガロ軍の船が、そしてゲートポートが使えないとい

うことで市民は一気にパニックを起こす。
 そのな市民も目に入らない様子で、ドネットは魔力枯渇による神造異界の

崩壊だと確信。
 竜巻の向こうに荒れ果てた荒野が、魔法世界という皮が剥がれて依代の火

星がむき出しになっているのだと。

 そしてその嵐は次々と全てを飲み込んでいく。
 イリジウム大陸、ケルベラス大森林。
 自由交易都市アグニクス。
 魔法学術都市アリアドネー。
 メガロセンブリア信託統治領、新オスティアナ。

 そしてそんな中。
 月詠との激戦中だった刹那。
「く・・お嬢様・・」
 と血を流しながら呟く。

 そんな中、デュナミス達のところから脱出し、上に向かっている千雨達。
 亜子のアーティファクトで身体強化して走る。

 そんな彼女等の前に立ちはだかったのは――アーニャ。
 普通の静止では止まらない千雨達を殴らんかという勢いで。

 彼女がそこにいたのは、子供だから安全な場所にいろと置いていかれた結

果、彼女は無事だった。
 そして作戦を見ていて、アーウェルンクスシリーズに皆がやられたこと、

それにフェイトが仲間割れをしたこと、とにかく皆を助けにいかないといけ

ないことを報告。

 そしてそのフェイトがいる祭壇。
 そこで調がフェイトに起こされる。
 彼女が目を覚ますと、明日菜を奪還していて、のどかと夏美は捕らわれの

身。
「『孤独な黒子』に『いどのえにっき』か。全く・・これほどの、レア・アー

ティファクトが揃うとは、君たちには驚かされるよ。――でもこれで終わり

だ」
 2人のアーティファクトカードを手にフェイトはそう言う。
 しかしのどかはフェイト相手にも全く退かずに反論。
「アーティファクトなんかなくたって、あなたが考えていることくらい分か

ります――」
 そう言って、フェイトがネギの言葉の意味が気になっていること、だからこその仲間割れという行動に出たのではという。
 その上で、ネギが言った『僕は、フェイトと友達になりたい』発言を伝え、さらにフェイト達が悪い人たちとは思えないとも。
「コ・・コーヒーがお好きなんですよね? ぜ・・ぜひ魔帆良学園に来てください。おいしいコーヒーのお店知ってますからー・・、だから・・」
 とそこでフェイトのビンタがのどかに。
 しかしのどか、そんなフェイトの行動にも笑みを浮かべ――。

 そんなのどかの様子に何か言いたそうなフェイト。
 しかし、そこでパル様号に乗って、ネギが到着。

「やあ、待ちくたびれたお。ネギ・スプリングフィールド」

 というところで次回休載。



 スゲー、魔力嵐怖ェー。
 という展開に始まり、のどかの強さ、そしていよいよ満を持してネギ登場という今回。

 魔力嵐に対する楽天的考えの野次馬達がパニックを起こす様は数ページの中に上手く表現されているなぁと。

 こんかいは何と言ってものどか回でいいんじゃないでしょうか。
 クゥィントゥムとの戦闘でより一層人間っぽさが増したとは言え、あんな感じにフェイトを激昂させようとは。

 何と言うか、相性が良いのか悪いのか。
 本当にフェイトにとってはのどかは厄介な存在となっているのでしょう。
 
 そして満を持して登場のネギですが……何と言うか、またいい所でと言わざるを得ない。

 しかし、今回さり気に気になるのは刹那の様子。
 ダメージは深刻、でも何となく、戦闘中って雰囲気ではないのですが……。

 その上、「く・・お嬢さま・・」発言。
 刹那は月詠にやられたってこと?

 で、目的は不明ながら、月詠は木乃香に標的を変え移動中とか?
 まぁ、目的としてありえそうなのは、木乃香を狙って刹那をブチキレさせて、もっと戦闘を面白くしたいとかそんな感じでしょうが……。

 とりあえず、龍宮vsポヨは決着つかずで終わりそうですが、刹那vs月詠はネギvsフェイトとの間に挟みつつ決着を描きそうな雰囲気かな?

 CD付き初回限定版 魔法先生ネギま! 33巻 (講談社キャラクターズA)
 CD付き初回限定版 魔法先生ネギま! 33巻 (講談社キャラクターズA)

  
 以前の感想。

 コミック的には30巻途中
 272時間目 「FINAL ANSWER」
 273時間目 「父と仲間を信じてる!!」
 274時間目 「ネギ・パーティ、大脱出!!」
 275時間目 「復活の「完全なる世界(コズモエンテレケイア)」」
 276時間目 「仲間こそ最大の戦力!」

 31巻(277時間目~285時間目まで収録)
 32巻(286時間目~294時間目まで収録)

 33巻相当
 295時間目 「最後の選択!!」
 296時間目 「懐かしき日々」
 297時間目 「完全なる世界(コズモ・エンテレケイア)」
 298時間目 「未来は一つにあらず!」
 299時間目 「ネギの答えVS.フェイトの答え」
 300時間目 「明日菜のもとへ!!」
 301時間目 「世界を救う戦いへ!!」
 302時間目 「全面対決! 完全なる世界vs.白き翼!!」
 303時間目 「墓守り人の宮殿(ラストダンジョン)、最前線」

 34巻相当
 304時間目 「全面対決、ラウンド2!」
 305時間目 「フェイトへ!」
 306時間目 「倒すか? 飲まれるか!?」
 307時間目 「それでもネギを信じてる!」
 308時間目 「難攻不落への最善策!!」
 309時間目 「ラストダンジョン、大胆不敵の大潜入!!」
 310時間目 「突撃、白き翼!!」
 311時間目 「逆襲のフェイト」
 312時間目 「絶対窮地の捨て身忍法」

 35巻相当
 313時間目 「あきらめない、最後まで!」
 314時間目 「REBIRTH」
 315時間目 「宿命の戦いに向けて!」
 316時間目 「「真実」は何処に!?」
 317時間目 「崩壊へのカウントダウン!」
スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2011/02/11 23:56 ] 魔法先生ネギま! | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ネギま!関連サイト巡回(02/12)
■「第三の書庫」さん「ネギま! 317時間目 「崩壊へのカウントダウン!」 感想」 ネギま! 317時間目 「崩壊へのカウントダウン!」 感想 第三の書庫 >魔力嵐に対する楽天的考えの野次馬達がパニックを ...
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード