第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第41話 「人として当たり前の」 感想

 歳星にて葬儀がつつましく執り行われる。ただジャスレイはさらなる手を打とうとしていた。


 tekketu41-01.jpg

 Aパートではこんなに幸せそうなラフタだったのに。

 だったのに……。


 tekketu41-02.jpg

 どうして、こうなったかだし。

 いや、確かに何かAパートのセリフがいちいち死亡フラグっぽいなぁとは思っていたさ。

 思っていたけど、この展開は予期していなかったですよ、ホント。



 そう言えば、正月の特番で触れていたのが、この話だったんですよね、確か。

 うん、まぁ、要約意味が分かりました。
 そりゃ、なぁと。


 色々とつらい。




 
 

[タグ未指定]
[ 2017/01/29 23:17 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

遊戯王ARC-V 第140話 「魂のペンデュラム」 感想


 ………………………………。

 ………………………………。


 あれ?
 思ったよりも悪くなかった気がする今回。


 arc5140-01.jpg

 えぇ、ここぞとばかりに新規を出してくる零児。
 大王シリーズは何だかんだ言って有能だと思いますし。

 まぁ、テムジン大王はVジャンで収録ですが、他はどうするんだろうなぁと思ったりしますが。
 コレクターズパックがありますが、覇王眷竜シリーズもいますし。

 ウル枠争いが無駄に苛烈になっている気がしないでもないです。
 

 arc5140-02.jpg

 まぁ、それでもザァークさんには及びませんでしたが……。


 そしてラストにアンカーとしてやって来たのは。

 arc5140-03.jpg

 零羅もといレイ。

 うん、ところで零羅って女の子なんですか?
 ザァークさんが零羅のことを小娘云々言っていましたが、アレは零羅を指しているのか、レイのことを指していたのか。

 ここにきて、まさかのヒロイン属性全開。
 むしろ主人公属性か。


 まぁ、うっかり零王パパンが墓地送りにしてしまったエン・シリーズを無事回収セットしたりと大活躍。


 arc5140-04.jpg

 あとは謎発光する柚子とか。

 arc5140-05.jpg

 その柚子の言葉で自我を取り戻した遊矢とザァークでの顔芸――もとい主導権争いが生じたり。


 まぁ、この辺、遊矢が場を整えて、零羅がバーンで決着ってのは、まぁ、想定の範囲内かなぁと。
 むしろ、遊矢がサレンダーしてまであり得るかと思いました。

 まぁ、そしたら、まんまマリク戦の焼き直しになってしまいますからね。
 そうじゃないにしても、かなり意識したような結末でしたし。


 そして次回からエピローグ。
 遊矢達、柚子達、そして格次元がどうなったかを語って、平和なスタンダードへ戻る。

 そんな風に思っていたんですけどね。

 arc5140-06.jpg

 どうしてこうなった。

 いや、まぁ、ジャンプフラゲ情報が出回ったことで、次回の内容は知っていたのですが、それにしても、実際に予告を見ても、まだ納得できないというか、何と言うか。


 まぁ、残り話数は少ないですが、ここを巻きでやるのなら、もうひと波乱ふた波瀾に期待したいのですが。
 ラストに向けての盛り上がりに本当に期待したいです。

 本当に。



 

[タグ未指定]
[ 2017/01/29 20:20 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

ガヴリールドロップアウト 第01話 「もう戻れないと知ったあの日」 感想

 ガヴリールは品行方正でとっても優秀な天使。

 天使学校を首席で卒業した彼女は、人間の事を学び、さらに立派な天使になるために人間界にやってきました。 毎日、公園の掃除を行ったり子供たちの遊び相手になったり、善い行いをしながら人間の学校に通っています。

 ある日、宿題を終えてひと息ついていると、パソコンの中から助けを呼ぶ声が聞こえてきました。
 それは人間界の遊戯、ネットゲーム。

 運命の出会いを果たしてしまったガヴリールは・・・。



 原作は未読。
 うん、ノリは干妹のそれに近い印象。


 基本キャラが可愛いですね。

 
 dropout01-05.jpg


 ガヴリール。
 天使学校を首席で卒業するも、人間界で多くの娯楽に魅了され、展開始まって以来の駄目天使になった。
 いつもぐーたらしている。

 dropout01-02.jpg


 ヴィーネ。
 悪魔だが真面目で、困っている人がいたらほっとけないタイプ。
 いつもガヴリールの所に現れては、世話をしていくしっかり者。

 dropout01-03.jpg

 サターニャ。
 大悪魔を目指して気取ってはいるものの、行動は憎めないアホ悪魔。
 ガヴリールを勝手にライバル視しているが、相手にされない様子。

 dropout01-04.jpg


 ラフィエル。
 一見善良な天使に見えるが、実はドS。
 ガヴリールとは旧知の仲。
 周囲の人をからかって退屈しのぎをしている。
 巨乳の持ち主。


 ってな具合。
 まぁ、公式キャラ紹介まんまなんですけど。


 dropout01-01.jpg

 パンツが高校デビューには思わず笑いました。

 しかし、この辺の反応が可愛いかったです。


 あとはアホ悪魔ちゃんこと、サターニャがいいですね。
 完全にオチ担当ですが。


 思いのか面白かったです。
 ただ、30分枠だと長く感じるんですよね。

 あくまでも個人的な印象ですが、コミック版で読んだ方が面白く感じるかなぁと。
 いや、読んでないんで、わからないですけど。



 ガヴリールドロップアウト Vol.1( イベントチケット優先販売申込券 ) [Blu-ray]
 ガヴリールドロップアウト Vol.1( イベントチケット優先販売申込券 ) [Blu-ray]


[タグ未指定]
[ 2017/01/10 14:42 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

政宗くんのリベンジ 第01話 「豚足と呼ばれた男」 感想


 masamune01-01.jpg

 元デブだった政宗くん、8年の修行を経て、祖父の苗字に名前も変えて、復讐のためいざ帰還。

 その復讐相手はかつて自分のことを豚足と名付けた相手。

 masamune01-02.jpg

 現在は残虐姫と名高い安達垣愛姫。

 その復讐方法は彼女を恋に落としてから、最高の形で捨てるという、『デッド・オア・ラブ作戦』。
 
 ってな具合でわりとよくある? 王道的な話。

 まぁ、とりあえず、カレカノで見たっていっとけばOKみたいな?
 いや、カレカノは随分昔にアニメで見ただけの僕なので、詳しくは知りませんが。

 政宗くんのリベンジは原作既読。
 一時は連載も追っていましたが、現在はコミックだけです。


 閑話休題。


 とりあえず第1話は、むっちん王子の逆襲。

 masamune01-03.jpg

 以上。

 というのもアレなので、少しだけ。

  masamune01-07.jpg
 

 ラストであっさりバレる豚足。

 masamune01-06.jpg

 それ以上に師匠、声バレ。


 masamune01-04.jpg
 意外というか、何と言うか。

 ニセムネこと雅宗兼次嬢も登場ですね。

 で、

 masamune01-05.jpg

 劇までってことで恐らく6巻までですね。
 オチは駆け足にするか、それともオリジナルエンドになるのかは分かりませんが……。


 まぁ、元々は絵買いした作品ですが、わりと好きな作品ですので、今後の展開に期待です。


 【Amazon.co.jp限定】政宗くんのリベンジ 第1巻(Blu-ray)(全巻購入特典:全巻収納BOX付き)
 【Amazon.co.jp限定】政宗くんのリベンジ 第1巻(Blu-ray)(全巻購入特典:全巻収納BOX付き)




 

[タグ未指定]
[ 2017/01/06 23:40 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

遊戯王ARC-V 第125話 「烈火の竜」 感想

 arc5125-02.jpg

 ユート、Aデュエルで大活躍。

 幻影騎士団新規も追加。
 ……いや、今回の新規もあまり入る気がしないのですが。


 arc5125-03.jpg

 そして前回の予告から反響の大きかったドクトルのシーン。

 遊矢の逆鱗に触れたわけですが。


 arc5125-04.jpg

 その結果、覇王化。

「二色の眼の竜よ。深き闇より蘇り、怒りの炎で地上の全てを焼き払え!エクシーズ召喚!いでよ、ランク7!災い呼ぶ烈火の竜」

 arc5125-05.jpg

「《覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン》!」

 エクシーズ素材全部¥てを取り除いて、魔法罠を無効に相手フィールド上のカード全破壊。
 破壊枚数×200のパンプ。
 そして2回攻撃。

 うん、これはセレナでなくとも、「ひどい」とか言っちゃうレベルですよ。


 純粋な殺意だけなら覇王黒竜の方が上ですが、使い勝手はこっちの方が断然上ですね。
 特にアニメ版は。


 うん、覇王烈竜がつよかったです。


 慧眼とPコールが制限になってから放置してあった魔術師デッキを久しぶりに組み直したくなりました。


 しかし、これだけ派手に暴れたにもかかわらず。


 arc5125-06.jpg

 デュエル後、セレナは遊矢にケリを入れ、瑠璃と逃亡。

 arc5125-07.jpg

 それを追った遊矢はまんまと捕まるという。


 結局なんのためのデュエルだったのかが本当にわからない結末に。


 覇王遊矢に虫がおびえる展開があったくらいですから、洗脳が解けかかるような描写があってもよかったのにと思わなくもないです。
 洗脳を解く必要はないと思いますが、そのくらいの描写はあってもかったかなぁと。

 そうでないと、本当にデュエルの意味がなかったっぽくなってしまいますので。


 まぁ、物語が大きく進んで、遊矢シリーズや柚子シリーズの謎が判明するのは次回っぽいですので、その時に期待です。



 そしてOE・EDが変更。
 これでラストかな?

 OPはオシャレ系。
 けっこう懐かしの面子なんかも出てきて、なんかちょっと嬉しくなりました。

 arc5125-01.jpg

 遊矢と柚子オリジナル? のシルエットも。
 そして後ろで目を輝かせるのは、オリジナルドラゴン?


 EDは色調が独特でしたので、何だか新鮮です。

 arc5125-08.jpg

 柚子シリーズと。

 arc5125-09.jpg

 遊矢シリーズ。

 それぞれの次元の日常といった体でいい感じですよね。

 特に遊矢シリーズは仲が良さそうでコミック次元っぽいですよね。


 arc5125-11.jpg

 そしてEDの最後にオチを持っていくユーゴ。
 まぁ、非常にらしいなぁとは思いました。



 遊戯王アーク・ファイブ OCG レイジング・テンペスト BOX
 遊戯王アーク・ファイブ OCG レイジング・テンペスト BOX


[タグ未指定]
[ 2016/10/02 23:15 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
久しぶりに調子が悪くなかったので、ベビステ感想のブランク部分埋めが完了。
次はコミックの感想にいけたらいいなぁ。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード