第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

2016年7月24日雑記


 一日遅れとなりましたが、黒田投手日米通算200勝おめでとうございますと。

 うん、散々言われていることではありますが、200勝はやっぱり難しいですよね。
 ヒットやHRは試合に勝とうが負けようが、自分が打てばいいわけですが、勝利投手ってのはそういうわけにはいかないですからね。

 僕自身はわりと巨人ファンな人間なのですが、今年は普通に広島を応援しちゃっている僕がいたりするのです。
 特に黒田選手はずっと応援していましたので、余計とも。






 あとポケモンGOの配信が開始されましたね。
 設定メンドイです。

 僕自身はやっていないのですが、他人のヤツを。
 うん、ニックネームは面倒です。



 


 遊戯王OCG 20th ライバルコレクションの配達が始まっているっぽいですね。
 気のせいか、僕のパック、埼玉から動いていないような気がするのですが。

 関東圏だけ早いだけで、普通はこんなもんなんですかね。

 まぁ、急ぐものでもないので。
 とりあえず8月6日までに届けばいいなぁと。


 

 

[タグ未指定]
[ 2016/07/24 22:40 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

第三の書庫は遊戯王ブログになります

 今日から新制限ですしね。
 群雄割拠、面白そうですので。

 名前も第三の決闘とかにして。

 

 160401-01.jpg

 というわけでも、まずはデッキでも。
 青眼です。

 160401-02.jpg

 モンスター。

 白龍×3
 亜白龍×3
 霊龍
 賢士×3
 太古×3
 伝説
 ヴェーラー×2
 増G×2
 バルブ

 

160401-03.jpg

 魔法・罠。

 羽根箒
 ツイツイ
 渓谷
 霊廟×3
 福音×3
 轟咆×2
 蘇生
 ソルチャ
 トレイン×3
 旋律×3
 ワン・フォー・ワン

 神宣
 神通

 メイン41枚。

 160401-04.jpg

 エクストラ。

 月華竜
 ミカエル
 閃珖竜
 クリスタルウイング
 銀龍
 精霊龍×3
 フェルグラ
 エアネード
 神影龍
 FA
 タイタニック
 光子竜皇
 ダークマター

 うん、面白くも何ともない純青眼ですね。

 ムービーパックが来たら、真青眼の究極龍は使いたいですが。
 ロマン枠は好きですので。

 
 
 次は9日。
 ダーク・イリュージョンでブラマジデッキを。

 
 デュエルで僕に笑顔を。


 遊戯王アーク・ファイブ OCG ザ・ダーク・イリュージョン BOX
 遊戯王アーク・ファイブ OCG ザ・ダーク・イリュージョン BOX


 

[タグ未指定]
[ 2016/04/01 00:00 ] 日記 四月バカ | TB(0) | CM(0)

新年の挨拶 2016


 去年後半から長らく体調を崩していました。

 入院するほどではないのですが、毎日毎日がいっぱいいっぱいでブログを更新するだけの元気――というか、集中力がまったく出ませんでした。

 まだ治ったというわけではないのですが、少しだけ調子も上向いてきた……気がします。

 完全復活とまではいきませんが、ちょっとずつ更新をしていければなぁと思っている今日この頃だったりします。


 それでは今年もよろしくお願いいたします。

 

[タグ未指定]
[ 2016/01/01 00:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ブログ開設6周年


 ちょっと、リアルの方が立って込んでいるココノイです。

 更新不定期がまだまだ続きそうな雰囲気。
 とりあえず、ベビステ感想くらいはしっかり書きたいなぁと思っているんですけどね。


 他にも書きたいことは山ほどあるのに、時間がないという。
 体力も。


 誰か僕に精神と時の部屋(ネット環境完備)をプリーズ。


 

[タグ未指定]
[ 2015/09/18 00:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

映画 『バケモノの子』 感想


 bakemono.jpg

 映画、観に行ってきました。

 細田監督作品、映画館で観るのは、サマウォ以来だったり。
 おおかみこどもは、普通にまだ観ていなかったり。


 まぁ、閑話休題。


 うん。
 まぁ、感想は一言。


 バトル漫画ですか!!

 いや、まぁ、作品自体は、小説を読んでいましたので、内容は知っていたんですけどね。
 内容は小説のものとほぼ――というか、完全に一致ですね。


 余所様の感想で、九太としてのの物語と蓮との物語に分かれる的なものを見たのですが、それが非常にしっくりきました。
 いい得て妙だなぁと。


 そして修行しつつ、シルエットで九太の身長が伸びて、そして成年となり声が変わったのは結構、おっと思いましたね。


 しかし、この物語中一番成長したのは熊徹だったという話。

 九太との掛け合い。
 大抵は怒鳴り合いだったわけですが、非常にいい感じだったのですよ。

 というか、熊徹のCV役所広司さんだったんですね。
 その辺の情報をまったく仕入れていなかったので、EDのテロップで初めて知りました。


 あとは楓嬢。
 役どころとしては非常に重要なものをもつメインヒロインなわけですが…・・・。

 どうしても、ぽっと出ヒロインの印象がぬぐえない。
 まぁ、物語後半登場ですから、仕方がないのでしょうが。


 ですけど、もう、ホント、理想的なヒロインって感じですよね。
 メガネ装着もストライクゾーンど真ん中ですし、僕の。


 もうちょっと、感想もまとめたかったのですが、とりあえず纏まりそうもないので、この辺で。


 何だかんだ言って、やっぱり非常に面白かったのですよ。





 バケモノの子 (角川文庫)
 バケモノの子 (角川文庫)


[タグ未指定]
[ 2015/07/17 15:09 ] 日記 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
久しぶりに調子が悪くなかったので、ベビステ感想のブランク部分埋めが完了。
次はコミックの感想にいけたらいいなぁ。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード