第三の書庫

 マンガ、ラノベ、アニメ、ゲームの簡易感想を書いていこうと思っています。

ここのいにっき(遊戯王ARC-V スケール26 簡易感想)



 ………………………………。

 ただいま。

 
 ………………………………。

 いや、何か、こっちの方で「スケール26の感想を」みたいな無言の要望? のようなものを感じました。


 まぁ、新ブログは立ち上げましたが、まだ普通にサブPC生きていますので、普通に更新しようと思えばできるのです。



 まずは悲報。

 Vジャンプが発売日に届くようになってしまいました。

 定期購読を始めたのが先月号から。
 先月号は発売日前日? 前々日? に届いたのですが、今回は普通に発売日に。

 お届け指定日が今日付けになっていました。

 定期購読を始めた理由は特典カード目当てが3割、フラゲできるという理由が7割りでしたので、わずか一ヶ月でその目論見が崩れ去りました。
 しかも先月は僕が超忙しかったので、結局まともに読めたのは、発売日くらいだったという。

 その上、スケール25の感想を書き上げたのは先週というね。

 まぁ、来月号がいつ届くかわかりませんが、思わぬ痛手です。

 閑話休題。

 でも、ないのですが、今回は? 話の概略をスルー。
 いや、まぁ、いつも通りの概略も書き出してはいますが、まだ、『カタディオブトリッカー7』の攻撃力が7000に上がったところまでしか書けていませんし。

 割りと冗談抜きで書くのに時間がかかるのです。

 まぁ、どっちにしろ、簡易感想で言いたいことだけは先に言っておきたいなぁって思いも前からありましたので。






 まずは『ゼロ・マクスウェル』の効果についての話。

 arc5s26-04_R.jpg

 やめて、「ルールは一見複雑そうだけど、複雑だぜ!!」的な話は。
 いや、何か、そう言えば、そんな話あったなぁ程度のルール把握しかできていないココノイさんですので。


 そして新たなるP召喚。

 arc5s26-02_R.jpg

 超越ペンデュラム召喚。

 ごめんなさい、これも地味に分かりづらかったのです。

 『DDDD超次元統皇ゼロ・パラドックス』のレベルが12。
 でPスケールが4と9で合計13と、12を越えているからOKってことでいいんですかね。



 後は、アイザックの『つい横恋慕でやった、今は反省している』云々って今月号が出る前に言及しておいてよかったです。
 ギリギリでしたが。

 arc5s26-01_R.jpg

 気にはなっていましたが、正解を出されてからだとネタにし辛いと感じてしまう僕ですので。

 案の定、アイザックはアダムを見殺し? にしたってことでいいんですかね。
 まぁ、アイザックが行動を起こせば、本当に助けられたかどうかは不明なんでしょうが。

 


 うん、この辺は前にも少し触れた気もしますが、アイザックの言う愛は少し重い――というよりも、歪な気がするんですよね。
 何か色々拗らせている感が割りと早い内から見受けられましたので、やっぱり闇落ちしそうな気はするんですよね。

 そしてラスボスか、その手前として登場しそうというか、そんな雰囲気を纏っているとしか思えないのですよ。

 
 Vジャンプ 2017年 11 月号 [雑誌]
 Vジャンプ 2017年 11 月号 [雑誌]

[タグ未指定]
[ 2017/09/21 23:13 ] 遊戯王 | TB(0) | CM(0)

とだけ、書くわけにもいきませんので。

 とりあえず最終回っぽい雰囲気を漂わせつつ。

 新ブログ開始しました。


 だいさんのしょこ

 です。


 いや、突然で申し訳ないのですが……。


 もう少し準備して、しっかりやろうと思ったのですが、サブPCの調子がまた悪かったりしていますので、いつこっちのブログ更新ができなくなるかわかりませんので、突貫作業で。

 まぁ、すぐにPCが逝くこともないとは思うのですが、念のためです。
 ただ、ちょこちょこフリーズして動かなくなるので。

 調子がいいと、普通に動くのですが。
 

 というわけで、今後は新ブログの方で色々とやっていきたいと思います。

 今までこのブログを見て下さった方には感謝しかありません。
 本当にありがとうございました。


 それでは、皆様。
 おさらばで御座います。






 まぁ、PCが生きているうちは、何かどうか行動を起こしそうな気はしますが。
 僕のことですし。

[タグ未指定]
[ 2017/09/18 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

次回予告

嗚呼、もはや何も言うまい。
語るべき言葉ここにあらず
話すべき相手ここにおらず
男、ただ前を向き、ただ上を目指す...
ただ、前を向き、ただ上を目指す...

[タグ未指定]
[ 2017/09/17 23:59 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

遊戯王ARC-V スケール25 「アダムとEVE!」 感想


 お互いにガン伏せから始まった零児とアイザックのデュエル。

 このデュエルをモニター越しで観戦する遊矢と柚子。

「この人見たことないわ。新しい敵なの?」

「だろうな。宇宙にいた零児も零児だけど、追っかけてくこの人もこの人だ…」

「ダメ、時給百円も払ってるのについて行けない。完全に私の想像を超えてるわ」

「確かに。この二人なら想像も出来ないデュエルをしそうだ…」

 噛み合っているようで、噛み合ってない二人。


 お互いに一ターン目を終えて、準備はできた。
 だが、戦いを始める前に、アダムとEVEの正体を確認しようとする零児。
 アイザックが負けた後では、聞く時間がないからと。

「ふむ、なるほど。確か君の時代じゃ悪党が『冥土の土産に教えてやろう』とか言うのだったね。私は悪党ではないが」

「言わない」

 とアイザックの言葉を一刀で切り捨てる零児と、こちらも噛み合ってない。


 しかし、アイザックはアダムとEVEについて語り始める。

「分かり易く言うなら、彼らは私の同級生。研究仲間だ」

 arc5s25-01_R.jpg


 アイザックの時代でもなお、世界の紛争問題は解決していない。
 アダムとEVEは紛争地帯から脱出し、アイザックの祖国へやってきた難民だった。

 そして二人は弛まぬ努力の末、最高峰の大学へ上がり、アイザックはそこで二人と出会った。

 二人は素晴らしい科学者であり、科学に対して誠実で献身的で、何より科学で人々の役に立つという強い信念があった。

 一方、何不自由のない環境で、漫然と科学をやっていたアイザックにとって、それは衝撃的なことであった。
 そしていつしか、彼らがアイザックの目標となった。


 そこで彼が研究していたのは、ソリッド・ヴィジョンについて。

「君の父、赤馬零王と榊遊勝は実に素晴らしい発明をした」

 とアイザックも素直な賞賛を。

 ソリッド・ヴィジョンは次元の狭間に仮想空間を作り、そこから必要な質量を出し入れする。
 その中でも、アイザック達が研究を行っていたのは、仮想空間の拡張について。

「一枚のカードに無限の質量を入れることができれば、それは世界。いや、宇宙に無限の可能性を広げる。その研究は必ず人々を平和に導くと信じていた」


 そしてアイザック達は、実験中に異世界への扉を発見したのだと。
 その異世界には信じられないような膨大なエネルギーが存在した。
 それこそ時空を飛び越えられるほどの。

 そしてその膨大なエネルギーを引き出し、カードに閉じ込めようとした。
 しかし、その制御は困難を極めた。

 そんな中、アダムがその制御の方法を見つけた。

 それは、人間を媒体とする制御。
 そしてアダムは自身の肉体を実験に使った。

 が、それは禁断のリンゴに手をつけたということ。

 arc5s25-02_R.jpg

 そしてその実験の最中に、アダムは時空を超えるという経験をすることに。

 arc5s25-03_R.jpg


「このエネルギーには意思がある。それが時空を旅させた…」

「…。
 ダメ! この実験は中止すべきだわ!」


 この実験の危険性を感じ取ったEVEは実験の中止を申し出たが、アダムはそれに応えず実験を強行。


 そして暴走が起きた。

 その暴走が起きた時、アダムは自分でしかそれを止める事はできないと悟っていた。
 その膨大なエネルギーと融合し、次元の狭間に消えた。

 そして残ったのは、覚醒前のG・O・Dのカードだけ。
 覚醒していないとはいえ、G・O・Dの力は凄まじいもの。
 だからこそ、その力があればEVEはアダムを探せると信じた。


 アダムを失ったことへのEVEの慟哭が響く中、彼女らはG・O・Dに導かれる時空の旅人となった。



「今の話では、お前たちがG・O・Dに最初に出会ったという証拠にはならないな」

 アイザックの話をそうバッサリ切り捨てる零児。

「まぁ、その通りかもしれない。G・O・Dの正体は私達にもわかっていない」

 あっさり零児の言葉を肯定するアイザック。

 そんな彼らの目的は、G・O・Dの覚醒ではない。
 アダムを探すこと。

 arc5s25-05_R.jpg


 ――我々は…、愛で動いている。

 と。


 冥土の土産は充分だと、ここでデュエル再開。

 零児のターン。
 ここで伏せてあった罠発動。
 『DDグリーディー・ゴーレム』。
 このカードは発動後、モンスターとなり特殊召喚する。
 そのご、相手の最も攻撃力の高いモンスターと同じ攻撃力となり、ターンの終わりにこのカードの攻撃力と同じモンスターとこのカードは破壊される。

 しかし、アイザックの場にモンスターはいない。
 そうなると攻撃力は0。
 この場面で使う意味は――。

 零児はさらに、罠モンスター『DDコールド・ゴーレム』を特殊召喚。
 このカードが発動した時、デッキから『DD』Pモンスターを手札に加える。

 そしてこのターン、P召喚はできず、Pゾーンにカードを置けない。

 その上で、零児がサーチしたのは、『DDD超視王ゼロ・マクスウェル』。

 罠モンスター2体をリリースして、サーチしてきた『ゼロ・マクスウェル』をアドバンス召喚。

 そして、ダイレクトアタック。

 アイザックもただ、これを受けるわけにはいかない。

 ということで、『ミラーイマジン・セカンダリー9』のP効果。
 モンスターが攻撃してきた時、デッキからPスケールの間のレベルのミラーイマジン・モンスターを特殊召喚し、そのモンスターと戦闘させることができる。

 この効果で『ミラーイマジン・リフレクター1』を特殊召喚。
 しかし、『リフレクター1』の攻撃力は0。

 『リフレクター1』の効果。
 このカードが攻撃を受けた時、このカードをリリースし、バトルが終わるまで攻撃モンスターの効果を無効にし、攻撃力を1000下げる。

 これで『マクスウェル』の攻撃力は1800に。

 arc5s25-06_R.jpg


 さらにその後、デッキから『ミラーイマジン・リフレクター2』を攻撃表示で特殊召喚。
 そのモンスターへ攻撃を続行させる。

 『リフレクター2』の攻撃力も0。
 しかし、ここで効果発動。

 攻撃を受けた時、このカードをリリースし、攻撃モンスターの攻撃力を半分にする。
 その後、デッキから『ミラーイマジン・リフレクター3』を特殊召喚し、そのモンスターへの攻撃を続行させる。

 さらに『リフレクター3』の効果。
 この攻撃を受けた時、このカードをリリースし、攻撃力1000以下のモンスターの攻撃を無効にする。

 先ほどの『リフレクター2』の効果で攻撃力900まで落ちていた『マクスウェル』の攻撃は無効に。


 アイザックのミラーイマジンデッキの動きに、このデュエルをモニター越しに観戦していた遊矢と柚子も思わず驚愕。

 零児は動揺した様子は見せずに、ターンエンド。


 そしてアイザックのターン。

 arc5s25-07_R.jpg


「揺れるがいい、運命の振り子!! 私はPスケール七の『ミラーイマジン・カタディオトリッカー7』をペンデュラム召喚!!」

 そして『ミラーイマジン・プライマリー6』のP効果。
 手札から1体のみP召喚に成功した時、デッキからミラーイマジン・モンスターを特殊召喚できる。

 ということで、『ミラーイマジン・イレ5』を特殊召喚。

 これでアイザックの場には『カタディオプトリッカー7』と『レイ5』が。

 arc5s25-08_R.jpg

「私のデッキは難解にして複雑怪奇なデッキでね。しばし、おつきあいいただこうか』

 次号もずっとアイザックのターン!? というところで次回につづく。






 arc5s25-01_R.jpg

 
 ………………………………。

 ………………………………。

 ………………………………。

 
 いや、誰ですの!?


 つい取り乱しました。

 アダムって、てっきり綺麗なザァークさんみたいな感じだと、何となく思っていましたので。

 まぁ、考えてみれば、因子の片割れが零児ですし、ザァークとは関係なかったんですけど、何だか、そっち方向に引っ張られていました。



 しかし、アイザックの冥土の土産話は結構面白かったのですが。

 何だか、アイザックの主観が入り過ぎているきらいがありますからね。
 正直、これを鵜呑みにしていいものか。

 arc5s25-04_R.jpg

 この辺とか。

「暴走が起きたとき、アダムはすでに悟っていた…。自分でしかそれを止める事はできないと」

 と言いつつ、アイザックは緊急停止ボタン? を押そうとしていないとか。

 確かに、言葉通り、もう暴走は止まらなかったのかもしれません。
 でも、アイザックは暴走を止めようとしたのか。

 ちょっと気になるところです。

『つい横恋慕でやった、今は反省している』的な感じなのか。

『マジ横恋慕でやった、今も反省していない』的な感じなのか。

 僕の読み違いで、アイザックの言葉通り受け止めていていいのか。

 正直、何とも言えないかなぁと。



 あとこの回想を見た限りでは……。

 蓮さん、実はアダムと面識ないんじゃ……。

 となると、前回の。

「そうだ、アダムは君より凄い魔術師だったよ」

 が。

「そうだ、アダムは君より凄い魔術師だった(らしい)よ」

 何だか、急に説得力がなくなりました。

 まぁ、蓮も同級生仲間だったという可能性もありますか。
 回想でまったくいませんでしたので。



 あとはデュエルの話。

 いよいよDDまで罠モンスターが進出。
 効果的には…わりと微妙?

 この効果なら墓地場外の効果も欲しいところかな?

 うん、やっぱりDDには地獄門が必要ですね。


 まぁ、それはさて置いた、『ミラーイマジン』の動きの話。
 面倒な動きしますね。

 相手ターンに3度のSS。
 その都度、リリースして、デッキ圧縮と表側エクストラデッキの補充と。


 うん、まぁ、マスタールール4の話は置いておくにしても、Pスケールとレベルが若干合っていない感は有りますが、嫌な動き方ですよね、多分。


 というか、『ミラーイマジン』って『ブンボーグ』みたくPモンスターと非Pモンスターに分かれているんですかね。


 Vジャンプ 2017年 10 月号 [雑誌]
 Vジャンプ 2017年 10 月号 [雑誌]


[タグ未指定]
[ 2017/09/16 00:01 ] 遊戯王 | TB(0) | CM(0)

ここのいにっき(170915)


 ダブルヘリックス出ない。
 SPYRAL死ね。

 ………………………………。

 ………………………………。

 いえ、なんでもないデス。


 そういえば、遊戯王は10月からの制限改定が発表されましたね。


 真竜が死体蹴りまでされて。
 グリモがとばっちりを受けて。
 増Gに待ったがかかったと。

 いや、僕は基本プレイヤーではありませんので、そこまで影響はないのですが……。

 強いて言えば、BOXで一枚も出ずに、シングル買いしたアレイスターが制限にいったことには動揺を隠し切れません。

 評判を見た限りでは、悪くない改定っぽいですね。


 まぁ、あくまでもSPYRALがいなければの話ですが……的な?


 あと、彼岸は返してほしいのは、スカラマリオンじゃない。
 いや、アレも強い効果ですけど。

 彼岸リンクも来るようですので、ダンテ返してもらえると、超期待していたんですけどね。

 あと、最近混ぜ物彼岸でしたが、純に近い構築だと貪壺の緩和もありがたいかな?


 まぁ、そんな印象です。






 そして重大? 発表。

 うん。


 ココノイさん、だんしゃり始めました。

 そう、アレです。

 寿司屋で、シャリだけ残すあの断シャリです。


 ………………………………。

 ………………………………。

 いや、まぁ、なんとなくボケたかっただけですので、特に何もないのですが。

 まぁ、アレです。

 断捨離です。

 とりあえず本から。


 170915-185557_R.jpg

 とりあえず雑誌からですね。

 うん、週刊・月刊でこのブログ始めたころから取ってありましたので、ざっくり…ざっくり…。

 …………ん?

 ……あれ?

 何だか概算でも1000冊近い雑誌がある気がしてきたのですが。


 コミックやラノベが1000とか2000とかあるのは重々承知しているのですが、雑誌は流石に……。


 100冊程度はまとめましたが、まだ1/10ですか。


 うわー。


 これが終わったら、今度はガンプラ。


 170915-192013_R.jpg

 こちらもこの一覧で恐らく1/3程度。



 そして遊戯王のカード類。


 そしてこのブログ。


 そして僕自身を捨ててて、完成と。


 いや、何か違う気がしないでもないですが。



 はい、というわけで、さらっと流しましたが……。

 恐らく近日中にこのブログを辞める予定でいます。
 まぁ、理由は以前書いた、ログインできないというのが半分。
 こちらの方は何とかしようと思えば、何とかなるのかもしれませんが……。

 まぁ、昨日今日の話ではありませんが、色々ありましたので、気分転換をしたいというのがもう半分。


 って言っても、このブログを辞めると同時に、新しいブログを始めるつもりなんですけどね。


 気分を一新したいので、引っ越しという形も取らず、新規立ち上げのつもりで。
 まぁ、というわけで、またfc2ブログでやると思いますが。


 一応、そういう予定でいますとだけ、報告をば。


 あぁ、あと余談ですが、新規ブログを立ち上げたら、Q&Aとかやってもいいかなぁと思いますので。
 何か質問、要望があったら受け付けます。

 多分、ないと思いますが……。



 

[タグ未指定]
[ 2017/09/15 21:46 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ココノイ

Author:ココノイ
サブPCが逝くまでサブブログとして継続中。
たまに一気に更新することがあったり、なかったり。

気まぐれでコピペと見せかけて……。

最近購入しているコミック誌とか
まぁ、買っているからといって、その雑誌の感想を書いているとも限らないわけですが……。
一応その雑誌に載っている漫画の感想はある程度書きたいなぁと思っていたりするのです。
週刊少年ジャンプ
週刊少年マガジン
週刊少年サンデー
月刊コミック電撃大王
月刊ヤングエース
月刊タイムきらら
月刊ヒーローズ

この辺に連載されているものは時々何かの話のネタにしたり、しなかったり。
適当な一言
FC2カウンター
QRコード
QRコード